Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 06日

NAKAさんと十勝川

NAKAさんと釣りをするのは、去年の7月以来1年ぶりとなる。
日曜日早朝、十勝川に向った。
d0075843_12474987.jpg

NAKAさんは、ニジマスを暫く釣っていないと言う。
今日は、是非十勝川の元気なニジマスに出会ってほしいものだ。
前日十勝川で釣りを楽しんだいつもの仲間から情報をいただき、最初のポイントに到着した。
早速、ルアーの選択に迷いながらも2人の釣が始まった。
d0075843_12481129.jpg

岸に残った水面の跡から、かなり減水したことがうかがえる。
NAKAさんのロッドが綺麗に弧を描いている。
どうやらニジマスをヒットしたようだ。
駆けつけると、中型のニジマスがネットに収まっていた。
d0075843_12483027.jpg

思わず笑みがこぼれるNAKAに、僕も嬉しくなる。
すっかりパターンを読んだNAKAさんは、その後も次々とニジマスとのやりとりを楽しんでいる。
僕はといえば、アメマス、ホウライ鱒、ニジマスとバラエティには富んでいても、全て20cmほどの小型のものばかり。
ようやく良いサイズのものがヒットしたと思ったら、ジャンプされてブレイクという有様。
それでも飽きない程度に次々と魚の反応が続く。
周りに釣り人が徐々に増え始めた頃、ポイントを移動することにした。
10キロほど下流に移動し、川を覗いてみる。
流れは強く、反応は少ない。
d0075843_12485347.jpg

次のポイントを相談しながら、河原でランチタイムをとることに。
毎回そうなのだが、NAKAさんと一緒の釣行では、NAKAさんの奥様がランチを用意してくださる。
とても嬉しい気遣いに感謝しつついただいた。
d0075843_125001.jpg

最後のポイントは、橋から見下ろすと河原に綺麗な花が咲いている。
これまであまり満足のいく魚に出会えていなかった僕は、魚が付きそうな場所を探りながらキャストを繰り返す。
橋から200mほど釣り下ると、そこにはやや流れが緩やかで水深のあるいかにも、という場所が現れた。
キャストの度にニジマスの反応が続くけれど、キャッチ率は50%以下。
とにかく元気が良くてジャンプを好む十勝川のニジマスには、なかなか難しい釣りを強いられる。
サイズこそ30cm未満の小型のものばかりだったが、ここで十勝川らしい釣りを十分に楽しむことができた。
d0075843_12501447.jpg

朝のうちは肌寒い気温だったけれど、昼前には休んでいてもジワッと汗が滲み出てくるほど暑くなった。
すっかり疲れてしまった僕たちは、またいつか一緒に釣りを楽しむことを約束し帰路についた。
[PR]

by abu-z4 | 2009-07-06 12:25 | 釣り


<< いつもの支笏湖      ニジマスは何処 >>