Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 24日

こんな日もあるさ

珍しく往きの車中からもう既に気だるさが漂っていた。
理由は分からない。
もしかしたら風邪気味なのか・・・・・・・
土曜の未明、十勝川へ向う友人と2人の車中には、いつものワクワク感は無い。
日勝峠の頂上付近は、5℃と季節外れの寒さで、河畔に到着しても10℃を下回っていた。
気が付くと、いつも元気な友人も心なしか元気が無いようだ。
それでも川を前にした僕たちは、ゆっくりと準備を整え少し重い足取りで川を歩きはじめた。
d0075843_16551444.jpg

思ったほど水位は下がっていなく、笹濁り状態。
かと言って悪い状況には見えない。
開始して1時間ほど経った時、僕には全くの無反応。
少し離れたところでロッドを振る友人に電話してみるも、同じ状況ということ。
僕たちは、上流へ歩き始めた。
そこでようやく瀬尻の小さなポイントから、20cmほどの元気なレインボーが姿をあらわした。
まったくここのレインボーといったら、大きさにかかわらずジャンプがお得意のようで、毎回手こずらされる。
d0075843_1791443.jpg

しかし、時々ある反応は単発で、僕たちの気持ちも一向に盛り上がらないまま、気が付くとかなり上流まで歩いていた。
ランチタイムをとりにクルマまで戻る僕たちの足取りは、更に重くなってしまった。
いつもの豚重を食べ終わった頃には、僕たちにはもうロッドを振り続ける気力が残っていなかった。
ここは、来週の知床釣行に体力を温存するためにも、思い切って帰路につくことにしよう。
こんなに早く帰宅したら家族はビックリするんじゃないかな、何て冗談にも何となく力無い笑い。
まぁ、こんな日もあるさ、ということでお互い頷くしかなかった。
[PR]

by abu-z4 | 2008-08-24 17:27 | 釣り


<< 知床<ペキンの鼻>      「イパネマの娘」とホウライ鱒 >>