Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 20日

少し前進

考えてみると、海アメというものを最後に釣ったのはいつだったのだろう。
2年、いや3年?

土曜は、いつもよりかなり遅めの6時スタート。
友人と2人で島牧方面に向かった。
峠を越して海岸線に出る。
いつもは大勢の釣り人で賑わうこの海岸線だけど、今日はどうしたことだろう、やけに車が少ない。
無風状態でベタ凪の海は、鏡のように静まり返っている。
d0075843_1319616.jpg

ポカポカ陽気の砂浜で、キャストを開始した。
静かでほのぼのとしているのは良いが、気配というものを全く感じさせない。
振り返ってみると、後ろの防波堤に友人が早くも諦めポーズで腰掛けている。
撤収。
クルマに戻る途中、友人に出会った。
更に先の河口付近は良い状況らしく、彼は3匹の大型海アメに出会ったという。
直ぐに移動することにした。
d0075843_13331220.jpg

そこでは、別の友人が既に大型の海アメを釣った後、のんびりと休憩していた。
再会の挨拶もそこそこに、僕たちはキャストを開始した。
先程のポイントとは違い、ここでは直ぐに魚の気配も感じられるし、実際にサケ稚魚を追いかけまわす大きな海アメの姿も確認できる。
ひょっとしたら、久しぶりに海アメと出会うことができるかな?
時折、大勢のフライマンが並んだ彼らのロッドのうちの何本かが、強烈なカーブを描く。
どれもこれも60を超える、サケ稚魚をお腹一杯に詰め込んだ丸々とした海アメだ。
同行の友人に3度のバイトがあったこともあり、僕たちは昼食後も今日一日、ここで過ごすことに決めた。
僕のリトリーブするヤマメカラーのサスペンドミノーに、最初の反応があったのは食後まもなくのことだった。
リトリーブが終わる数メートル手前、大きな魚体が確認できた。
一瞬、ミノーを咥えたのか軽く触れただけなのか、ロッドがブルルンと震えたが、ミノーはそのまま回収された。
うん、海アメは、僕のミノーに反応するのは確かだ。
それから間もなく、同じようにかなり手前で、今度は引ったくるような強烈なアタリ。
とうとう僕のミノーを海アメが咥え、ロッドが強烈に撓った。
水面で暴れるその姿は、大型であることが確認できる。
でも、その数十秒後、手前の岩に潜り込まれてテンションがゆるんだのだろうか。
抵抗感のないリールをリトリーブすると、ヤマメカラーのミノーだけが僕のロッドに納まった。
d0075843_1423718.jpg

バイトがあるものの、なかなかやり取りまでに持ち込めなかった友人は、午後から一匹目の海アメを引き寄せる途中にブレイクさせた後沈黙が続いたが、とうとうこの日5匹目のバイトを確実にフッキングさせた。
慎重に引き寄せる彼は、見事大型の海アメをランディングすることに成功した。
彼の嬉しそうに微笑む笑顔は、傾き始めた太陽に照らし出され輝いていた。
おめでとう!

残念ながら、僕は今回も海アメに出会うことができなかったけれど、少しだけ海アメに近づくことができた。
こんなに良い状況は、そうそうあることではないと思う。
でも、次回は少しだけ自信を持ってロッドを振ることができるのかな。
[PR]

by abu-z4 | 2008-04-20 14:29 | 釣り


<< いつもと同じ いつもと違う日      さようならブルーノ >>