Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 30日

清流を求めて

土曜日に予定していた釣行は、悪天候により日曜日に変更になった。
しかし、水位が下がったとしても濁りが心配なので、本流に向う前に支流に寄ってみることにした。
初めて訪れたポイントは、若干濁りがある。
きっと、いつもは清らかな流れなのだろう。
d0075843_21591518.jpg

久しぶりに手にした7フィートのロッドで、ポイントを探りながら釣り下る。
同行の友人の6番フライロッドがイイ感じに撓る。
ティップが川に突き刺さらんばかりに、ロッドが弧を描く。
彼も最近は滅多に手にすることがなかったロッドで、久しぶりの小さな川を楽しんでいるようだ。
d0075843_21182892.jpg

随分攻められているのだろうか。
その後の反応は鈍く、僕にはチビニジ2匹が相手にしてくれただけだった。
だけど、ピンポイントを正確にキャストしていく釣りは、本当に久しぶりだったので、少々戸惑いながらも新鮮だった。
d0075843_2128865.jpg

いつもの本流に向ってみた。
川に向う途中の畑は、蕎麦の花が白い絨毯のように一面に咲き乱れている。
毎年見る光景は、ああ、もうこんな季節になったんだなぁ、と感じさせる。
川は、予想通り濁っていた。
それでも一流ししてみたが、友人がチビニジを一匹キャッチしただけで、僕には何んの反応もなかった。
帰りがけ、清流を求め本流上流部にも寄ってみた。
30cm程のイワナが反応してくれたけれど、ニジじゃないと分かった瞬間、雑なロッドの扱いで岸際で逃げられてしまう。
何故か集中力が無く、ノンビリと言うよりはだらしない釣りで終了することになってしまった。
[PR]

by abu-z4 | 2007-07-30 21:54 | 釣り


<< カラフトマスの季節      夏の尻別川 >>