Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 05日

アウェーゴール成らず

サッカーの試合を観ていると、シュートしたボールがゴールポストやクロスバーに当たり、跳ね返ってくるのを時折目にする。
それも「ゴ~ル!」と思った瞬間、当たったボールがゴールライン上をバウンドしたり、ゴールの中にいるディフェンダーに弾き返されたり。
僕の場合、釣りでもそんなことがよく起きる。
3日の屈斜路湖遠征では、正しくゴールネットを揺らすと思った瞬間、ゴール内で待ち構えていたディフェンダーにヘッドでクリアされたような、そんな感じだった。
d0075843_23331288.jpg

霧雨と低い雲に覆われた屈斜路湖の夜明けは、僕のこれからの1日を暗示するかのように太陽が霞んで見えて、なかなか姿を現さない。
同行の友人達が、次々と美しいアメマスやニジマスをキャッチしている。
ここの鱒たちは、いつ見ても本当に綺麗だ。
いろいろ試してみたけれど、僕には一度だけバイトがあったもののフッキングには至らず、午前中の釣りは終わってしまった。
ゆっくりとランチを済ませた後、僕は皆より少し休憩を長めにとって後半戦に臨んだ。
僕が遅れて湖畔に辿り着いた時には、友人達はもう既に鱒をキャッチしていた。
リフレッシュした僕は、また黙々とキャストを繰り返す。
何も起こらない僕の隣で、友人が次々とアメマスをヒットさせている。
d0075843_23563416.jpg

d0075843_23565418.jpg

そろそろ終りの時間が近づいてきた。
友人たちにアドバイスしてもらいながら、慎重にリトリーブをしているとヒット!
40cmほどの綺麗なアメマスだ。
でも、やってしまった。
わりと簡単に引き寄せたアメマスは、ネットインの瞬間暴れだした。
ネットのフレームに振った頭が当たったようだ。
その瞬間、ほぼネットの中に納まっていたアメマスは、湖へ帰っていった。
こうして僕のアウェーでの1点は、幻となった。
[PR]

by abu-z4 | 2007-05-05 00:11 | 釣り


<< 朱鞠内湖とキタキツネ      洗車 >>