Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 03日

Satisfaction

キャストを開始してから15分ほど経っただろうか。
Yunさんに早速アタリが、でもうまくフッキングしなかったらしい。

久しぶりの本流、ライズは少ないが魚の反応は良いようだ。
「ひょっとすると今日はイイかもしれない」そんな事を思いながら今日の釣がスタートした。
しかし、僕のロッドには1時間経っても何の変化も起きなかった。
2時間ほど経っただろうか、反応の無いスピナーに見切りをつけて、瀬尻をフローティングディープのミノーで攻めてみた。
流芯を横切り逆引き状態になった直後、ガツンと強いアタリ。
強めの合わせをいれると、表層で暴れた魚はなかなか良いサイズのアメマスのようだ。
割と簡単に寄ってくるので間違いないようだ、と思ったら近づいてきた魚を良く見るとニジマスじゃないか。
ネットに手を掛けた瞬間、ドラグをジージー鳴らしながらいきなり走り始め、ヒットした地点付近まで戻ってしまった。
呼吸を整えやり直し、ゆっくりとリトリーブする。
何度か水面近くで暴れるのを押さえ込みながら、ラインテンションが緩まないようにロッドをチョッと立て気味にしてネットを握った瞬間、最後の力を振り絞るかのようにまた暴れだしてしまった。
そう、逃げられてしまったのだ。
d0075843_2133515.jpg

遠くで見ていたYunさんが慰めに来てくれたので、ここで仕切り直しの一服。
キャッチは出来なかったけれど、まだ期待はできそう。
上下に分かれて再びキャストを繰り返す。
しかし、その後二人のロッドには何事もおこらなかった。
今日できることは、十分やり尽くしたような感じがしたので、いつもより早めに上がることにした。

クルマに戻るとYunさんが今日もチャイを淹れてくれた。
疲れた体にチャイが染み渡り、フッと空を見上げる。
来る時にあんなに高かった秋空が、いつの間にか積乱雲の夏空に変わっていた。
[PR]

by abu-z4 | 2006-09-03 21:58 | 釣り


<< 雨のち雨      本流に行きたい >>