Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 05日

仕事の日にはリールをみがいて

五木寛之の「雨の日には車をみがいて」というのがあった。

今日は月に一度の土曜出勤、っといっても留守番みたいなもの。
携帯が鳴る。
着メロが、釣りに行っている友人からであることを知らせている。
「きっと何かドラマがあったのだろう」彼からの電話は、いつも楽しみだ。
最近は、毎回良い虹鱒を掛けながらもキャッチには至らない彼。
今日も最後の最後で逃げられてしまったようだ。
だけれど、携帯の向うでは相変わらず悔しそうではあるけれど楽しそうに声が弾んでいる。
「良い釣りをしているなぁ」と思いながら彼の笑顔を思い浮かべる。
d0075843_201282.jpg

帰宅後、日頃あまり手入をしない自分なのに、簡単なオーバーホールの後,リールをみがいてみる。
よーく見ると、随分傷が付いていることに気が付く。
もう15年も使っている。
このリールを使い続けたいが為に、頑固にルアーを続けているようなものだ。
他にも同じタイプのサイズ違いを2個、全く同じタイプを1個持っている。
何れも僕の寿命より長持ちしそうな、シンプルで頑丈な作りが心強い。
一つ一つに刻んだ思い出を振り返りながら、仕事の日にはリールをみがいてみるのも良いものだ。
[PR]

by abu-z4 | 2006-08-05 20:33 | 釣り


<< BABY BEN      風と匂いを感じながら >>