Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 12日

ルアーでスウィング

いつもフライアングラーに紛れ込んだ唯一人のルアーアングラーである僕だけれど、土曜日の僕は違った。
同行のアングラーは、職場の同僚で渓流を得意とするルアーマン。
僕は彼の初本流レインボー狙いに、道東の本流を選んだ。
目標の40UPレインボーに出会えるといいのだけれど・・・・・・・・
d0075843_20591477.jpg

準備をする彼のワレットを覗き込むと、そこには軽量のスプーンがきれいに並んでいる。
そしてロッドやリールも真新しいものではないけれど、よく手入れされていることがうかがえる。
仕事での彼との接触は極めて少ないけれど、彼の丁寧な仕事や使い込まれてよく手入れされている工具類、使用後のケア等が強く印象に残っている。
どんな釣りになるのだろうか、ちょっとワクワクする。
d0075843_22153088.jpg

本流での釣りに不安を抱える彼に、僕の我流で特異ではあるけれど、とても大事にしている「ルアーでスウィング」メソッドを話してみた。
年上の僕を立ててくれているのだろうか、彼は何ら疑いも持たず聞いたことも見たこともない僕のメソッドを素直に聞き入れてくれる。
1投目の彼のキャストを確認する。
どうやら僕が伝えることは、もうそれほど多くはないようだ。
d0075843_22252827.jpg

彼のロッドが曲がるまでに、時間は掛からなかった。
望んでいた40UPではないけれど、コンディションの良い30UPの本流レインボー。
思わずお互い笑みがこぼれる。
そして「ルアーでスウィング」メソッドで本当に釣れたことに、彼は少々驚いているようだ。
d0075843_2249113.jpg

その後も数匹のレインボーが彼のスウィングするルアーにバイトしてきた。
でもそれは残念ながら僕たちが望んでいた40UPには至らなかった。
まだ水位が高て流れは早く、アプローチできるポイントが限られている。
どうやら僕が選んだこの川で釣りをするには、早すぎたのかもしれない。
d0075843_22495984.jpg

午後3時を過ぎた頃、空模様は怪しくなりスコールのような雨が降り出した。
次第に悪くなる川の状況が、僕たちに今日の釣りを諦める時を知らせる。
目標のサイズのレインボーに出会えず、予定よりも早く帰宅することになってしまったけれど、僕たちは割とサバサバとしていたように思う。
近いうちにまた、一緒に本流でロッドを振る約束ができたのだから。
勿論「ルアーでスウィング」で。
[PR]

by abu-z4 | 2011-06-12 23:08 | 釣り


<< こんな筈じゃなかった      今日はスタン・ゲッツの命日だそ... >>