Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 30日

Go east 2nd leg

d0075843_20372131.jpg

まったく今回の2日間は、酷い天候だった。
冬に逆戻りしたような寒さと猛烈な突風には、ほとほと困り果ててしまった。
d0075843_20381620.jpg

10g以下のルアーを多用する僕のメソッドは、ラインコントロールが重要だ。
こんなに風が強くては、思うようにラインを操れずルアーの動きを感じ取るのは難しい。
強風の治まる間隙を突いてキャストを繰り返す。
d0075843_218885.jpg

ルアーが着水した後も風が治まっていてくれると、バイトの確立は格段に高まる。
特に水深のある遠目では、それが顕著だ。
しかもアメマスのサイズも大きいような気がする。
d0075843_21181492.jpg

とは言っても、最大のサイズでも目標の70には程遠い55。
サイズは時の運、と仲間は慰めてくれるけれど僕はそうは思わない。
やはり的確に思い描いた場所にキャストしてルアーをコントロールできなければ、サイズUPの可能性は上がらないと思う。
それに、強風に負けないような重いルアーを上手に操ることができれば、さらにその確立は上がるのだろう。
d0075843_2126780.jpg

去年は、条件が良いこともあってアメマス釣りが分かったような気になっていたけれど、そう簡単なものではないようだ。
d0075843_21351867.jpg

d0075843_21362659.jpg

ほぼ大潮の時期だったのだろう、満潮時の水位は本当に厄介だ。
何がって、泥炭地の川底は踏み込んだときに体が安定しないし、踏み込んだ足を抜くにも膝にかなりの負担が掛かる。
おまけに川の流れと風で、常に不安定な状態でキャストを続けることになる。
d0075843_21484100.jpg

心配の種が一つできてしまった。
どうやら膝を痛めてしまったらしい。
2日目、一瞬風が治まり思い描いたキャストができた。
着水して直ぐにオリーブカラーの7gスプーンが川底を転がるのが伝わってくる。
バイト!
思ったほどのサイズではなかったけれど、イメージ通りの釣りができた。
今日は、もうこれ以上痛い膝を我慢してキャストを続ける意味はないと思った。
d0075843_2159118.jpg

[PR]

# by abu-z4 | 2013-04-30 22:04 | 釣り | Comments(10)
2013年 04月 23日

Go east

まもなく日付は変わろうとしている。
輪厚PAに集合した仲間8人は、1年ぶりに訪れる土・日1泊アメマス釣行に向けクルマを東へとスタートさせた。
d0075843_19491073.jpg

変わらぬ景色で迎えてくれた極東の地には、もうすでに数十台の車が止まっている。
アングラーの数は年々増えていくようだけれど、果たして今年はどんな釣りになるのだろうか。
春の訪れを告げるフキノトウを横目で見ながら、一歩ずつ枕木の上を歩み進むうちに不安は期待へと変わってゆく。
d0075843_19533694.jpg

ショートバイトが続き、フッキングには至らない。
ふと見回すと、仲間たちは既に数匹のアメマスに出会っているようだ。
d0075843_19565385.jpg

リールの調子が悪いのか、イメージしたレーンにキャストしたルアーが届かない。
普段はあまり使うことのない重めのジグミノーを結んでみた。
少しは飛距離が伸びたのだろうか、フォールの最中にバイトを感じる。
遅めのフッキングは上手くいった。
ロッドに伝わる感触で、おおよそのサイズは想像できる。
決して満足のいくサイズではないけれど、最初の1匹にほっと胸をなでおろす。
d0075843_195954.jpg

でも、しっくりこない、何かが違っている。
仲間たちが数もサイズもどんどん良くなっていっても、僕のスローペースはその後も変わることがなく、数度のアメマスとのやり取りを楽しんだものの、何かスッキリとしないまま1日目は終了してしまった。
d0075843_2043716.jpg

2日目に使ったスペアのリールは調子が良かった。
相変わらずスピニングに比べれば短い飛距離ではあるけれど、イメージ通りにルアーは飛んで行きキャストが楽しい。
1日目よりも渋い状況の中、むしろ良い釣りが出来たと思う。
d0075843_20123276.jpg

しかし結局、写真に収めたくなるようなアメマスに出会うことは出来なかった。
リールをしっかり手入れして、今週末の2度目の極東釣行に備えたいと思うのだ。
[PR]

# by abu-z4 | 2013-04-23 20:22 | 釣り | Comments(4)
2013年 04月 07日

ストレート6の咆哮と4500Cの囁き

小さなトランクスペースには、僕とhoriさんの釣り道具がびっしりと詰まっている。
コンビニで買ったペットボトルをドリンクホルダーに収めてしまえば、残ったスペースはほとんどゼロに等しい。
でも、日本海でアメマス釣りを楽しむのに十分なスペースとも言える。
d0075843_19241863.jpg

2人を乗せたMZ4クーペは、毛無峠を唸り声を響かせながら駆け上がる。
頂上付近を過ぎると高速コーナーの連続。
スタッドレスタイヤであることを考慮して控えめにしていた右足にもついつい力が入ってしまい、気がつくとコーナーの立ち上がりでは3速7000rpmまでフル加速を何度か演じてしまった。
こんなステージで、ストレート6の咆哮と胸のすくパワーの魅力に抗うことなんて僕にはできない。
もっともその後には、強烈なタイヤの焦げる臭いに閉口させられることになるのだけれど・・・・・・
d0075843_19243337.jpg

土曜の日本海は、波は穏やかであるけれどややフォロー気味の左から強い横風が吹いている。
風によるさざ波が時折水面を覆っても透明度は高く、幾つかの流れ込みからの濁りの影響も無い。
じっと目を凝らしてみても期待したサケ稚魚の姿は見当たらず、それを追い掛け回すアメマスの姿も確認できない。
この状況が良いのか悪いのか、そこそこ経験はあるものの実績に乏しい僕には判断できない。
d0075843_1925795.jpg

ただ、horiさんや先にいらっしゃていたフライマンの方々は、次々と釣り上げている。
その姿は、プリッとしたいかにも海アメといったプロポーションで、僕の期待も高まるばかり。
でも、彼らのラインの先に結ばれているフライが、スカッドを模したものと分かった時、僕にとって厳しい釣りになることを覚悟しなければならなかった。
何故なら過去の経験でアメマスがスカッドに反応している時は、いつも決まってルアーへの反応がすこぶるよろしくなかったからだ。
d0075843_19251181.jpg

ゆっくりとランチタイムをとった後、残りの時間に望みを託しキャストを繰り返す。
全くの無反応が続き、ルアーローテーションは頻繁になっていく。
そんな中フッと目に止った、BANDOUさんオリジナルのオリーブバックの小さなジグミノー。
去年いただいたものだ。
小さなボディと空気抵抗の少ないシルエットは、軽量な割りに良く飛ぶ。
d0075843_19253054.jpg

時折ストップを入れながらの基本的にタダ巻きで、水面直下をトレースさせた。
ルアーがロッドティップから残り5m程になったとき、水面で明らかなバイトによるモジリ。
でも、ロッドを握る僕の手とリトリーブする指先には何も伝わってこない。
「きっと食い損ねたんだ」、「即座に合わせるんだったなぁ」、「やっぱりダメかぁ」きっと1秒にも満たない一瞬の間に様々な思いが駆け巡る。
本当に一瞬だった。
d0075843_19253263.jpg

再度アタックしてきた魚は今度こそガッチリとルアーを咥えたらしく、グイグイと僕のロッドを撓らせる。
4500Cからは控えめではあるけれど、心地よいジッジッジーという囁くようなサウンドが何度も聞こえてくる。
サクラ鱒であることは分かっていた。
お目当てのアメマスではなくても、それはむしろ嬉しい誤算。
たった1度の魚からのコンタクトだったけれど、久しぶりに魚とのやり取りを十分に楽しんだ。
horiさん、ランディングを見守ってくれたKさんYさんありがとうございました。
そして素敵なジグミノーをプレゼントしてくださったBANDOUさんに感謝します。
[PR]

# by abu-z4 | 2013-04-07 19:49 | 釣り | Comments(6)
2013年 01月 10日

Things

まずは、昨年お世話になった多くの人達にお礼を言いたい。
ありがとうございました。
d0075843_1914594.jpg

最後の投稿から随分月日が過ぎ去ってしまった。
その間、全くロッドを握らなかったわけではないけれど、キャストに集中できる状態ではなかった。
d0075843_19155413.jpg

出会い・別れ、喜び・悲しみ、笑い・涙、明・暗、善・悪、信頼・疑心、・・・・・・・・・
様々な相反する物事(Things)は、今まで経験したことがないドラスティックなものだった。
d0075843_191638100.jpg

コントロールを失った心(脳)は混乱をきたし、まるで深い森の迷路に迷い込んだようだった。
d0075843_19174282.jpg

全く予想もしなかった出来事が突然起こると、どうしたら良いのか分からなくなってしまった。
それが悲しい事であっても嬉しい事であっても。
d0075843_1919760.jpg

年も押し迫った頃、荒波が静まるように僕の心も平静を取り戻してきたと思う。
多分。
All Things Must Pass
d0075843_19195156.jpg

なんとなく避けてきた友人たちとも、今は一緒に過ごしたいと思うようになった。
気持ちを入れ替えるために思い切って手に入れたクルマも、購入してから3ヶ月たった今、ようやく喜びを感じるようになった。
d0075843_19203992.jpg

心に残った深い傷あとは決して消えることがないけれど、胸に詰まったしこりが、やがて春が来て雪が解けて無くなるように、僕の心から消え去って欲しい。
d0075843_19205948.jpg

新年早々からシリアスな内容になってしまったけれど、皆さん今年も宜しくお願いいたします。
皆さん、そして僕にとってもMy Favorite Thingsにあふれる年になることを願っています。
[PR]

# by abu-z4 | 2013-01-10 20:36 | Comments(10)
2012年 09月 23日

至福の30秒間

結果的には、朝1番に入ったポイントで出会ったグッドサイズレインボーとのやり取り、3度目のジャンプでラインからテンションが失われるまでの約30秒間のワクワクする楽しさを再度求めて、660kmもクルマをはしらせることになってしまった。
d0075843_17473321.jpg

いつもの仲間は、それぞれ車中泊でこの週末を過ごすことになっている。
僕はZ4に荷物を詰め込み、北の本流を目指す。
AM5:30朝もやに包まれたポイントに到着し、クルマのドアを開けた瞬間様々な虫の音が耳に飛び込み、本格的な秋の到来を感じさせる。
d0075843_1751155.jpg

乾いた空気は、日中気温が上がっても爽やかで時折吹く風が心地よい。
でも、朝の1度きりで魚からの反応はゼロに等しい。
こうなると、一人のロングドライブに少々不安はあっても、いつものコースを辿ることに・・・・・・・
d0075843_18173766.jpg

ダメなときには、何をやってもダメらしい。
3度の魚からのコンタクトも、フッキングにはいたらない。
冷えきった身体と空腹に耐えかね、帰り仕度。
d0075843_18272281.jpg

ボディは随分くたびれてしまったけれど、エンジンは快調。
途中、無給油で700km近く走ってくれるのは嬉しい。
Z4での久々のロングドライブを楽しみ、30秒間のレインボーとのやり取りも楽しんだ。
僕にとって今年最後の土曜休日は、こうして幕を閉じたけれど、そう悪くもないなぁと思っている。
[PR]

# by abu-z4 | 2012-09-23 18:38 | 釣り | Comments(4)
2012年 09月 17日

晩夏の本流、初秋の山上湖

d0075843_1430589.jpg

不安定な天候が続く道内、道北の本流もその例外ではなく、高い水位と濁りで釣り人の来訪を拒む。
きっと本格的に秋が訪れる頃、川は落ち着きを取り戻し僕たちを受け入れてくれるのかもしれない。
それまでは、川に立つことが許された僅かなポイントを探し回ることになる。
d0075843_14423372.jpg

本流でキャストを繰り返すことは、確かに楽しいことだ。
でも、望むようなレインボーに出会える可能性を感じないまま、1日中それを繰り返す忍耐力は持ち合わせていない。
d0075843_144716.jpg

そんな時は、今やお決まりのコースとなった山上湖へ足をのばす。
回を重なるごとに感覚的な距離感は縮まり、今やこの移動が特別なこととは思わなくなった。
d0075843_145573.jpg

気温は相変わらず高く汗ばむ陽気でも、山の緑は高いところから徐々に黄色味を帯びてきた。
1週間もすると黄色味はさらに広がり、所々に紅いアクセントを見つけることができるかもしれない。
d0075843_155367.jpg

例年になくゆっくりとした足取りではあるけれど、やはり秋は確実に近づいている。
あれこれと不安な要素を耳にすることが多い今シーズン、果たしてどうなる事やら。
それを自分自身で確かめてみたい。
d0075843_15105413.jpg

[PR]

# by abu-z4 | 2012-09-17 15:15 | 釣り | Comments(6)
2012年 09月 09日

朝焼け

雨が降りしきる今日の未明、北の本流に向けてクルマを走らせた。
旭川を過ぎたあたりから雨は止み路面は完全にドライ。
目的地に近づく頃には、東の空が紅く染まり始めた。
d0075843_18362985.jpg

子供の頃「夕焼けは天気になるけれど、朝焼けは天気が悪くなるんだよ」と聞かされた。
理由は分からないけれど、よく当たるような気がする。
「やっぱり雨はこっちにもやってくるのかなぁ」ちょっと気になる。
d0075843_1839584.jpg

前日から多くの仲間が入っているはずなのに、目的のポイントの駐車場には本州からやってきたTさんだけ。
どうやら他の仲間たちは昨晩のお酒が大いにすすんだようだ。
d0075843_18493248.jpg

9月に入ってから水位が下がったせいなのか、遠くからでもクリアな流れが確認できる。
これで水温がもう少し下がってくれれば、などとついつい欲張ってしまう。
d0075843_18595719.jpg

キャストを始めてみると、根掛かりの連発。
僕のメソッドでは7g以上のルアーはちょっと無理。
スウィングの合間にストップ&ゴーを入れても、5gのルアーを幾つかロストしてしまった。
d0075843_1972269.jpg

グッドサイズのレインボーは、川底の水温の低い場所でジットしているのかもしれない。
数匹のレインボーが反応してくれたけれど、リールからラインがどんどん出ていくようなことは無かった。
d0075843_19132247.jpg

なんだか空気が湿ってきたなぁと思っていたら案の定、やはり朝焼けは天気が崩れるらしい。
まだお昼にはちょっと早いけれど、雨足が強くなる前に帰り支度をすることにした。
[PR]

# by abu-z4 | 2012-09-09 19:49 | 釣り | Comments(12)
2012年 09月 02日

季節のはざま

晩夏とも初秋とも言えない昨今、フィールドの選択に迷うのは僕たちだけではないだろう。
迷った挙句訪れたのは、厳しい釣りになることを承知の上で北の本流。
予想通り釣り人の姿はほとんど見当たらない。
d0075843_1733841.jpg

お目当てのレインボーからの反応は乏しく、反応があったとしても僕たちがここで望むサイズにはほど遠い。
救いは、ここが僕たちの大好きな本流であること。
いつ来てもここのダイナミックな流れに夢中になる。
d0075843_17115378.jpg

ルアーの僕は、重さ・形状・カラー等様々なタイプのルアーをメソッドを変えながら試みる。
フライの仲間は、フライ・ロッド・ラインシステム時にはリールまでも替えながらキャストを続ける。
d0075843_17163743.jpg

幾つかのポイントを巡り、体力の続く限りキャストは続く。
たとえレインボーからの反応が全くない時間が続いても、本流での釣りを心ゆくまで楽しんだ。
d0075843_17243412.jpg

厳しい状況の季節のはざま、来るべきハイシーズンを夢みロッドをたたんだ。
[PR]

# by abu-z4 | 2012-09-02 17:30 | 釣り | Comments(4)
2012年 08月 27日

北の本流

ジッジッジッジッジィー、やっとアンバサダー4500Cのドラグ音が鳴りやみ、下流へ疾走したレインボーの走りはとりあえず止まったようだ。
d0075843_19542081.jpg

30分程前、ここにしてはやや小ぶりながらも、体高豊かなレインボーに出会えホッと胸をなでおろしたばかり。
そして次のキャストで見事なバックラッシュ。
絡んだラインを解いてみても、ラインは縮れたラーメンのようで使い物にならない。
岸に戻りベストの胸ポケットから常時携行している予備のラインを取り出しリールに巻き込む。
スナップスイベルとの結び目も慎重に点検した。
そして・・・・・・・
d0075843_2023684.jpg

放物線を描いて13gのスプーンが着水した先は、思い通りのややフラットな水面だった。
ラインスラックを多めに取ると、ルアーは時折コツコツと川底をたたきだした。
クククゥンと小さなバイトを感じ、軽くロッドを煽ってみた。
するとまたも小さなバイトを感じ、今度は思い切りロッドを振り上げフッキングを試みた。
d0075843_2033459.jpg

次の瞬間、僕が見つめる先よりもかなり上流でレインボーが全身を露わにしての大ジャンプ。
慌ててラインを巻き込むと、確かな手応えを感じると同時にロッドはグンニャリと曲がった。
そして今まで経験したことのないパワフルなレインボーとのやり取りが始まった。
d0075843_20411026.jpg

ステップダウンとステップバックを繰り返し、ロッドを曲げたまま微動だにしないレインボーとの距離を徐々に縮める。
水面に突き刺さるラインの先に、なにやら黒い岩のような倒木のような物が偏光レンズ越しに見えた。
「あっ、やっちゃった。倒木にラインを絡めてしまった!」と思った瞬間、その黒い物体は一気に下流へと疾走し始めた。
d0075843_20472031.jpg

あれがレインボーだとすると、僕の背中にぶら下がるShuCraftの中型ネットに収めるのは無理だ。
「horiさ~ん」ShuCraftのサーモンネットを新調したhoriさんに助けを求める。
果たしてどれだけの時間が経ったのか、興奮と緊張で最早冷静さを失っていたと思う。
気がつくとhoriさんが差し出した大きなネットに見合う、ビッグレインボーがそこに収まっていた。
d0075843_22245680.jpg

d0075843_2104284.jpg

水面から持ち上げて全身の記念撮影をしようと思っても、自らの体重のせいで支えた手のひらが腹部を圧迫してしまう。
何だか体型が変形してしまうようで具合が悪い。
いつまでも眺めていたいような、早く元気に流れに戻って欲しいような複雑な気持ちを察してくれたのか、落ち着きを取り戻したビッグレインボーは足元の浅瀬でしばらくと留まってくれた。
流れの具合を確認するように動き回っていたけれど、体力の回復を確信したのか上流に向かい泳ぎ始めた。
d0075843_21125929.jpg

d0075843_18533069.jpg

去年から始めたhoriさんとの北の本流1泊釣行。
残念ながら去年は1匹のレインボーにも出会うことはできなかったけれど、帰りの心配も無く思う存分ロッドを振り、疲れた体を温泉で癒し、美味しい夕食にありつく。
アルコール類はからきしダメな僕でも、ビールは格別旨かった。
今年もそれだけで十分だと思っていた。
d0075843_2112239.jpg

今年は娘がプレゼントしてくれたワインを部屋に持ち込み、horiさんが用意してくれた白カビチーズをいただきながら会話を楽しんだ。
残念ながら2日目の日曜日は、集中豪雨に見舞われ思ったほどに釣りを楽しめなかったけれど、もしあのビッグレインボーに出会えなかったとしても、この2日間は間違いなく楽しいものであったし、今の僕にとって必要な時間だったとも思う。
d0075843_2151769.jpg

お盆明けの夏の終わり、条件は良くないのかもしれない。
でも、来年もまたこの時期この地で思う存分キャストを繰り返し、心地よい疲れとゆったりとした時間を楽しみたいと思っている。
[PR]

# by abu-z4 | 2012-08-27 22:03 | 釣り | Comments(10)
2012年 08月 14日

大袈裟なタックル

日曜日、Yunさんと一緒に向かった先は北の本流。
少し下がったとはいえ、依然水温は高めでおまけに水位も高め。
グッドサイズのレインボーとの出会いを期待してキャストを繰り返す。
d0075843_142247.jpg

あまりの反応の悪さと釣り人の少なさに、期待感は下降線を辿るばかり。
やっと訪れた魚からの反応は、フッキング直後からまるでゴミでも引っ掛っているような生命感の薄い引き。
d0075843_1481134.jpg

それもそのはず、20cmにも満たないレインボーは、僕が握っている8.6ftのロッドとリールに巻き込んだ12lbラインとはいかにも不釣合い。
きっとフッキングのショックが、この小さなレインボーにとって強烈だったのだろう。
可哀想なことをしてしまった、とは思ったけれど思いの外元気に流れに戻っていって一安心。
d0075843_1417382.jpg

元来あきらめの早い僕は、ポイントの移動を持ちかける。
本流を諦め向かった先は、今や移動距離が普通になってしまったオホーツクの山上湖。
前回訪れたときには全てジャンプの後にフックアウトしてしまったけれど、元気の良いグッドサイズが期待できる。
d0075843_14245861.jpg

ところがバイトの感触はあるものの、全くフッキングしない。
そんなことを繰り返しているうちに、Yunさんにギラギラと輝くシルバーメタリックのレインボーが掛かる。
そして僕にも待望のバイトが訪れ、今度はフッキングは成功した。
次の瞬間ロッドに伝わる感触は、午前中に味わったのと同様のものであることが分かる。
違いと言えば、レッドバンドではなくホワイトスポットであること。
いずれにしてもこの日僕が手にしたタックルは、とても大袈裟なものになってしまった。
[PR]

# by abu-z4 | 2012-08-14 14:39 | 釣り | Comments(2)