Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 30日

2キャストで終了

土曜の北の本流。
2キャストで1日が終了したわけではない。
1stキャストでバイトを感じ、2ndキャストでフッキング。
30upの小さなレインボーだったけれど、ジャンプも見せてくれたし悪くないスタートだった。
d0075843_1921583.jpg

でも、それだけだった。
いや、その後1度だけバイトを感じた時があった。
それにウグイだって釣れた。
d0075843_19205420.jpg

望みを捨てずにキャストを繰り返した。
突然やってくるグッドラックを期待して。
d0075843_19133990.jpg
d0075843_19134823.jpg

減水した岩盤スリットは厄介なもので、深追いすると根掛かりが頻繁に起こる。
ルアーも随分ロストしてしまった。
ラインも消耗が激しく、川原の石に腰掛けて交換した。
d0075843_19195698.jpg

そして何も起こらず1日が終わった。
それでも帰りの車中でこう思うのだ。
ああ、また北の本流に行きたい。
[PR]

# by abu-z4 | 2013-07-30 19:26 | 釣り | Comments(6)
2013年 07月 16日

タイミング

「昨日までは良かった」何度も耳にしたことがある言葉。
土曜の十勝でも先行のフライの方から聞いた。
なんてタイミングが悪いのだろう。
d0075843_19531023.jpg

期待して1年ぶりに訪れた十勝川は、前日に比べ水位が低いらしい。
僕が確認した限りでは、フライ・ルアーともに反応が悪いようだった。
時々顔を見せる小型のレインボーも、ただの偶然なのかヒットパターンがバラバラだ。
d0075843_200037.jpg

北の本流に行こうか、十勝にしようか迷った挙句の選択だった。
これから十勝の状況が再び上向くことはあるのだろうか。
できることなら、今年の夏も十勝特有の派手なジャンを繰り返す、元気なレインボーと戯れることが出来ればいいのだけれど。
d0075843_2065490.jpg

今週末、用事があって川に行けない僕は、早くも7月最後の土曜日をどこで過ごそうかと迷っている。
どこで過ごすにせよ、グッドタイミングであることを願うばかりである。
d0075843_20131757.jpg

[PR]

# by abu-z4 | 2013-07-16 20:14 | 釣り | Comments(4)
2013年 07月 08日

根掛りのようなバイト

岩盤が複雑に入り組み、瀬を成している所もあればプールを形成している所もある。
スリットを流すには、まだまだ僕のテクニックでは足りないようで、根掛りの連発になってしまう。
僕は岩盤の段差の瀬から広がる、割と流れのあるプール状の深みに興味をそそられた。
d0075843_19124739.jpg

5gスプーンでプールの深さを確かめ、7gでもいけそうな感触を得た。
ややアップ気味の段差の落ち込みにキャストし、少しだけスラックを利用してラインを送り込んだ。
ときどきスプーンが川底を叩く感触がロッドに伝わってくる。
20~30mほどの長さを持つそのプールの終わりには岩盤が横たわり、その下流にはまた瀬が造られている。
水面に突き刺さるラインは何事も無くプールの終わりに向かって行った。
ラインがもうじき岩盤にたどり着く2mほど手前で、急にラインの動きが止る。
d0075843_19323220.jpg

おそらく岩盤の裾野にルアーが引っ掛かったのだと思った。
岩盤をフッキングしてもしょうがないので、ゆっくりとロッドを持ち上げた。
ジジジジジィーーー、リールから岩盤とは違う方向の流れにラインが引き出されていく。
「そうかぁ、Yunさんの言っていた通りだ。」確かに根掛りのようなバイトだ。
d0075843_19262226.jpg

ちゃんとフッキングしていなかったからなのだろう、暫しのやり取りの後ジャンプ一発で遭えなくフックアウト。
追い合わせを入れておくべきだった、と思っても後の祭り。
いつになったら北の本流らしいレインボーをネットに収めることが出来るのだろう。
d0075843_19494387.jpg

[PR]

# by abu-z4 | 2013-07-08 19:51 | 釣り | Comments(4)
2013年 07月 01日

こんなものかな?

土曜日は、SHUさんと3週連続の北の本流釣行へ。
水位は落ち着き濁りも少ない。
良い釣りが出来そうな予感はあるけれど、どうなることやら。
d0075843_19465274.jpg

レインボーからの反応は、忘れた頃に断続的にやってくる。
サイズには満足できなくても、本流のトルクフルな流れがやり取りを楽しいものにしてくれる。
d0075843_19505720.jpg

二人のどちらかのロッドに、グッドサイズが反応してくれることを期待しながらキャストを続けた。
きっと何とかなるはずだ。
d0075843_19534969.jpg

だけど期待に反して、反応はあるもののサイズは40UP止り。
最後に長いランをじっくりと流してみよう。
d0075843_19592195.jpg

二人とも数匹のレインボーに出会うことは出来た。
でも、残念ながらサイズアップとはいかなかった。
d0075843_2024714.jpg

結局、最後の最後に本日最大の外道と最小のレインボーをそれぞれ釣って、タイムアップになってしまった。
来るたびに徐々に良くなってるとは思うけれど、まあ、こんなものかな。
d0075843_2081097.jpg

[PR]

# by abu-z4 | 2013-07-01 20:12 | 釣り | Comments(0)
2013年 06月 26日

本流の釣りが始まったけれど・・・・・・

先々週末、先週末と続けて北の本流に行った。
いずれもSHUさんと一緒。
先々週は、午前中だけだったけれどdollyvarden731さんも一緒だった。
d0075843_1994246.jpg

期待に反して魚からの反応は薄い。
徐々に上がってくる気温は、寝不足の身体には堪えユルユルの雰囲気になっていく。
d0075843_1917760.jpg

キャストは集中して続けていたと思う、たぶん。
それにどんな日でも本流の釣りは楽しい。
でも、ここのところ頭の中に曇った膜がかかったように、記憶はあっという間にぼやけてしまう。
d0075843_19233069.jpg

適度に力が抜けて良いのかもしれない。
いや、まだまだ集中力が足りないのかもしれない。
特にアイデアも浮かばないまま、キャストを続けてる。
d0075843_1928209.jpg

不意におとずれる魚からの反応は、一瞬の覚醒。
興奮や緊張を強いるような魚には出会えない。
d0075843_19352648.jpg

やがて陽は西に傾き、逆光の中視界もぼやけていく。
対岸でキャストするのはYunさんなのか。
d0075843_19453239.jpg

楽しい1日だったはずだ。
次回の釣行を楽しみにしている自分がいるということは・・・・・・
[PR]

# by abu-z4 | 2013-06-26 19:49 | 釣り | Comments(0)
2013年 06月 10日

今日も山上湖

そろそろ無理を承知で本流に足を運んでみたくなるけれど、こんな時こそフィールドへの往復のドライブを楽しむのも悪くないと思う。
そんなわけでYunさんのエリーゼと僕のZ4で向かった先は、今年既に数度訪れている山上湖。
でも、納得のいくレインボーには出会えていない。
d0075843_191675.jpg

追走する僕は、高速道での路面にベッタリと張り付くような低い姿勢と、山上湖へ登る短いワインディングロードをヒラリヒラリと舞うように駆け抜けるエリーゼの後姿を追いかける。
姿勢の変化の少なさは、きっと軽量で重量バランスの良さからくるものなのだろう。
d0075843_1934315.jpg

ラッキーなことに、キャスト開始早々何とか満足のいくレインボーに出会うことが出来た。
嬉しかった。
d0075843_1939565.jpg

高速道路を避けて峠を選んだ帰り道では、久しぶりに純粋にドライビングを楽しんだ。
決して限界を試すようなドライビングではないし、十分なセーフティマージンを保ってドライブしたつもりだ。
ロッドを握りキャストするときのように、ステアリングを握る手と両足に神経を集中していたと思う。
でも、あまりにも楽しくてレインボーの記憶は薄れてしまった。
こんな日があっても良いんじゃないかなぁ。
[PR]

# by abu-z4 | 2013-06-10 19:55 | 釣り | Comments(4)
2013年 06月 03日

小さなレインボー

土曜日のメンバーは、珍しく3人ともにルアーアングラー。
しかも皆ABUアンバサダーの愛用者。
それぞれがお気に入りのタイプを使い分けるほどの愛好家だ。
d0075843_19233486.jpg

できることなら本流でキャストしたい。
でも数日の急激な気温の上昇は、増水と濁りを招き諦めざるを得ない。
そうなると止水ということになるのだけれど、出来ればレインボーが良い。
結局、通いなれたオホーツク海へ続く山上湖へ。
d0075843_1938286.jpg

ある程度の覚悟はしていたとはいえ、濁りは想像以上だった。
透明度は30cmほどだろうか。
他に当てのない僕たちは覚悟を決め、キャストを開始した。
d0075843_1932377.jpg

振れども振れどもロッドには全く生命感が伝わってこない。
周りを見渡しても、1度だけフライの方がバイトにもち込んだのを除き、何も起こらないまま時間が過ぎてゆく。
唯一、エサ釣りの方が立て掛けた3本のロッドに、次々とレインボーが釣られていく光景が目に入るだけ。
d0075843_1950899.jpg

こんな日は、次第に気持ちは萎えていくのが当然だ。
でも、何故かほんの少しだけれど悔しさがくすぶり続けていた。
何としても1匹に出会いたい。
d0075843_1958115.jpg

ようやく僕のロッドにこの日最初で最後となる生命感が伝わってきたのは、キャスト開始から7時間程経過した頃だった。
バイトの瞬間から小型の魚であることが分かる。
リトリーブに強く抵抗することもなく簡単に近くまで引き寄せたそれは、小さなレインボーだった。
水面に引き上げられる頃になって、ようやくレインボーらしい元気で少しやんちゃな動きを見せる。
d0075843_20114245.jpg

あどけなさの残る小さな顔に、何を食べているのか大きく膨らんだお腹。
小さなくせにやけにグラマーだ。
たった1匹の最小といえるサイズのレインボーだけれど、僕は達成感と満足感に満たされ、しばらくその余韻に浸っていた。
そして気が付くと、フィールドでロッドを振っているのは僕たちだけになっていた。
[PR]

# by abu-z4 | 2013-06-03 20:28 | 釣り | Comments(4)
2013年 05月 21日

阿寒湖へ行ってみようか

目的の山上湖は、雨のせいなのか雪代のせいなのか、多分その両方の影響が重なっているのだろう、
とてもロッドを繋ぐ気になれないほど濁っている。
同行のYunさんもSHUさんも、ただぼんやりと水面を眺めている。
迷っている時間がもったいない。
そう思っているときに誰からともなく出た言葉「阿寒湖へ行ってみようか」
d0075843_195112.jpg

札幌を出発してからの走行距離が400kmに達した頃、阿寒湖畔に到着。
時計は既に9時を回っている。
残された時間を考えて、渡船は諦めることにした。
d0075843_19545731.jpg

渡船をしなかった過去の結果を思い出してみると、良い釣りが出来た記憶は無い。
だから大きな期待はしないでおこう。
2~3匹のアメマスに出会えたならそれでいいじゃないか。
今日のような条件の日に釣りが出来るだけでも良いんじゃないか。
d0075843_2005745.jpg

Yunさんは、早速グッドサイズをキャッチ。
これは何時もの事。
バイトを感じながらも、なかなかフッキングに至らなかったSHUさんもそこそこのサイズをキャッチ。
そして僕は・・・・・・・・
d0075843_2093098.jpg

ここ最近の僕にとってはアベレージサイズになりつつある30サイズ。
どうして僕だけこんなに小さいのだろう。
とても写真を撮る気持ちにはなれなかった。
釣りが出来るだけでも良いんじゃないか、なんて思っていた自分はいったい何処に行ってしまったのだろう。
[PR]

# by abu-z4 | 2013-05-21 20:19 | 釣り | Comments(0)
2013年 05月 12日

季節の狭間を山上湖で過ごす

山上湖に向かう山間の高速道路には、まだ多くの雪が残りとても5月中旬とは思えない。
この分だと本流の雪代が治まるのは、例年より数週間遅れることになるのだろう。
d0075843_2125135.jpg

早朝は5℃ほどまでに下がった気温も日中には12前後までに上がり、雲の合間から陽が差すと確かに春を感じさせてくれる。
でも厚い雲に陽が隠れると、キャストする背後からザワザワと乾いた木々の揺れ動く音が聞こえてくる。
やがて山の冷気をいっぱい含んだ風が湖面を走り抜け、一面小さな波に覆われる。
d0075843_21383760.jpg

友人は5匹のレインボーに出会えたのだから、まずまずの状況だったと思う。
僕は3匹のアメマス。
この違いはいったい何なんだろう。
考えているうちに、帰りの時間がやってきてしまった。
d0075843_21472637.jpg

本格的な本流の季節が来るまでに、きっとまた訪れることがあるはずだ。
タックルやメソッドを考え直してみる必要があるのかもしれない。
[PR]

# by abu-z4 | 2013-05-12 21:52 | 釣り | Comments(4)
2013年 04月 30日

Go east 2nd leg

d0075843_20372131.jpg

まったく今回の2日間は、酷い天候だった。
冬に逆戻りしたような寒さと猛烈な突風には、ほとほと困り果ててしまった。
d0075843_20381620.jpg

10g以下のルアーを多用する僕のメソッドは、ラインコントロールが重要だ。
こんなに風が強くては、思うようにラインを操れずルアーの動きを感じ取るのは難しい。
強風の治まる間隙を突いてキャストを繰り返す。
d0075843_218885.jpg

ルアーが着水した後も風が治まっていてくれると、バイトの確立は格段に高まる。
特に水深のある遠目では、それが顕著だ。
しかもアメマスのサイズも大きいような気がする。
d0075843_21181492.jpg

とは言っても、最大のサイズでも目標の70には程遠い55。
サイズは時の運、と仲間は慰めてくれるけれど僕はそうは思わない。
やはり的確に思い描いた場所にキャストしてルアーをコントロールできなければ、サイズUPの可能性は上がらないと思う。
それに、強風に負けないような重いルアーを上手に操ることができれば、さらにその確立は上がるのだろう。
d0075843_2126780.jpg

去年は、条件が良いこともあってアメマス釣りが分かったような気になっていたけれど、そう簡単なものではないようだ。
d0075843_21351867.jpg

d0075843_21362659.jpg

ほぼ大潮の時期だったのだろう、満潮時の水位は本当に厄介だ。
何がって、泥炭地の川底は踏み込んだときに体が安定しないし、踏み込んだ足を抜くにも膝にかなりの負担が掛かる。
おまけに川の流れと風で、常に不安定な状態でキャストを続けることになる。
d0075843_21484100.jpg

心配の種が一つできてしまった。
どうやら膝を痛めてしまったらしい。
2日目、一瞬風が治まり思い描いたキャストができた。
着水して直ぐにオリーブカラーの7gスプーンが川底を転がるのが伝わってくる。
バイト!
思ったほどのサイズではなかったけれど、イメージ通りの釣りができた。
今日は、もうこれ以上痛い膝を我慢してキャストを続ける意味はないと思った。
d0075843_2159118.jpg

[PR]

# by abu-z4 | 2013-04-30 22:04 | 釣り | Comments(10)