Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 29日

オホーツクの本流でウォームアップ

本流でルアー(主にスプーン)をスイングさせてレインボーを狙う。
それは僕の釣りにおいて最高の楽しみ。
リトリーブやトゥイッチが主流のルアーフィッシングだけれど、最近はTVでも時折見かけるようになった。
d0075843_19521890.jpg

土曜日、仲間3人で本格的なレインボーシーズンに向け、ウォーミングアップのつもりでオホーツク海へ流れる2つの本流へ出掛けた。
フライ、ルアーの違いはあれど、皆本流のスイングを楽しみにしている。
d0075843_2021448.jpg

キャッチ&リリースで有名な最初に訪れた川は、ウォームアップには最適なはずだ。
ところが、いつものスイングメソッドでは全く反応が得られない。
流しきったスプーンを回収する為に高速でリトリーブすると、やっと1匹目が姿を現した。
こんなことはレインボー狙いであまり経験がないことだから、その後もスイングメソッドを続けてみたがやはり反応はない。
フライの仲間達はスイングで釣れているというのに・・・・・・・
d0075843_20101410.jpg

まさかと思いながら高速リトリーブを試してみると、そのまさかが当たってしまった。
時折スイングをさせてみても、結局ここでは高速リトリーブ以外でヒットする事はなかった。
ちょっと残念な気もするが、川での釣りがまだ厳しい状況が続くこの時期に遊んでくれたレインボー達には感謝しなければいけないと思う。
d0075843_20213233.jpg

2本目の本流へと南に移動し、スイングでのレインボーとの出会いに期待は募る。
しかしどうした事だろう、スイングさせてもリトリーブをしても、スプーンにアタックしてくるのは春を知らせる海からの使者ばかり。
姿を確認するまでのやり取りが楽しくないわけはないのだけれど、その後の落胆にキャストをする手も休みがちになる。
d0075843_20385888.jpg

友人のグッドサイズレインボーに刺激を受けてキャストを繰り返してみたけれど、僕の流すルアーにレインボーが興味を示してくれることはなかった。
d0075843_20485957.jpg

これから日に日に水位が落ち着き水温が上がり虫たちは活発に動き出すのだろう。
僕がスイングさせるスプーンにレインボーがアタックしてくる日が待ち遠しい。



[PR]

# by abu-z4 | 2016-05-29 21:02 | 釣り | Comments(10)
2016年 05月 02日

十勝川レインボーシーズン始まる?

連休の前半は、気温も低く生憎の空模様が恨めしい。
それでも1日には気温も上がり天候も回復するようだ。
どうしても本流でレインボーを狙いたい僕たち仲間3人は、無理を承知で十勝川に向かった。
d0075843_20312148.jpg

意外な事に若干水位が高いものの、水質には問題がないようだ。
早速友人にワイルドな顔つきのMサイズレインボーがヒット。
しかし、後が続かない。
水温が低すぎるのだろうか?
d0075843_20341924.jpg

徐々にポイントを下流へと移動する事にした。
僕が最も期待していた3番目のポイントで、ようやく今シーズン初となる、まだあどけない顔つきのSサイズレインボー。
d0075843_20392218.jpg

サイズに不満はないけれど、ヒットパターンが納得行かない。
掛かってきた携帯に左手を伸ばし、右脇でロッドを抱えている最中のヒット。
これでは釣ったのではなく、「釣れた」という感じ。
前回のベカンでのアメマス同様、なんとも情けない釣りをしてる。
d0075843_2041320.jpg

今回もまたヘビーな昼食(たこやのジンギスカン)をとり、重くなった身体で更に下流のポイントへと移動した。
結果的には午後から入った最初のポイントが、最もコンディションが良かったと思う。
早朝とは別の友人に小顔でムッチリボディーのMサイズレインボーがヒット。
なんとも羨ましい。
d0075843_20514493.jpg

夕暮れは間近。
最後のポイントへ向かった。
押しの強い流れは、ディープウェーディングを不可能とし、常にフルキャストを必要とする。
瀬尻の複雑な流れが治まった対岸の鏡状の水面に向かって、思い切り13gのスプーンをキャストする。
ラインを送り込み出来るだけ沈めることを意識した。
d0075843_2105641.jpg

微かなバイトを感じ、流れに負けないように思い切りフッキングをした。
姿を現したのは、20cmほどの可愛らしいレインボーだった。
だけど僕にとっては納得の1匹だった。
d0075843_2143237.jpg

3人それぞれが今シーズン初のレインボーと出会う事ができた。
これは、いよいよレインボーシーズンが始まったということなのだろうか?
そうなのだと思いたい。





[PR]

# by abu-z4 | 2016-05-02 21:07 | 釣り | Comments(14)
2016年 04月 25日

2016別寒辺牛川(釧路っ子のsoul foodを食らう)

別寒辺牛川も帰りに立ち寄った釧路川でも、数匹の小型のアメマスがお相手をしてくれた。
グッドサイズのクチ黒アメマスは残念ながら姿を見せてはくれなかったけれど、事前に得た情報もあまり良い話はなかったのでそれも仕方がないことだと思う。
元々アメマス釣りは下手くそなわけだし・・・・・・
d0075843_18485966.jpg

それにしても釧路で朝食(とは言っても午前4時前だけれど)に食べた「万年青」(おもと)の「ハモ丼」はヘビーだった。
小骨が多いものの一口目は普通に美味しいと思った。
二口目はやや脂っこいな、三口目はちょっと臭うな、四口目はクドイな、てなわけでだんだん胃もたれしてきた。
d0075843_18573460.jpg

汚い話になってしまうけれど、別寒辺牛川に着いてキャストを開始してからも、何度もゲップが出てくる。
これを「ハモゲップ」と名付けることにした。
d0075843_19134059.jpg

いよいよお腹の調子も悪くなり、キャストしたルアーを高速で巻き取り後ずさりする。
ピックアップ寸前でアメマスのバイト。
それまで周りの仲間は着々とキャッチする中、ようやく訪れた僕の初ヒットは、なんとも情けないものだった。
d0075843_1942370.jpg

その後も時々小さなアメマスが顔を見せてくれたけれど、寒さと強風に耐え切れなくなってしまった。
まったく「根性なし」なのである。
d0075843_19135579.jpg

ようやくお腹が落ち着いた頃には潮は止り、アメマスの反応も止ってしまった。
午前中で別寒辺牛川を諦め、釧路に移動する事にした。
d0075843_1914256.jpg

釧路に入ったのは丁度昼時。
やっと落ち着いたお腹に、今度は「泉屋」の「スパカツ」。
仲間の話によると、本店ではなくてイオンモール内のそれは、本来の味と違うと言う。
デミグラス風のソースは、もっと赤みを帯びた甘めの味付けらしい。
本来の味を知らない僕にとっては、このデミグラス風のソースはとても口に合った。
d0075843_19252987.jpg

食後、釧路川で2時間ほどロッドを振ってみると、ポツポツと小型のアメマスが相手をしてくれる。
サケ稚魚も数多く確認出来、生命観は別寒辺牛川よりも多く感じられた。
この調子で夕方まで遊んで夕飯を「塩ザンギ」で締めたいところだけれど、それは次回釧路を訪れる時までおあずけにしておこう。
あぁ、ベルトがキツイ!お腹が苦しい!


汚い話が多かったので、美しい歌声で気分転換。

[PR]

# by abu-z4 | 2016-04-25 19:37 | 釣り | Comments(12)
2016年 03月 21日

小さな願い

今年初の釣行。
d0075843_1855055.jpg

ここ数年、十勝川のアメマス釣りは芳しい状況とは言えない。
毎春恒例の「十勝川アメマスキャンプ」も、誰が言い出したのか今年は「平和園(焼肉)キャンプ」。
半分ジョークのつもりが、まさか現実になるとは・・・・・・・
d0075843_18584841.jpg

ここ数日続いた気温の高さは、急激な水位の上昇と水温の低下、更に濁りを招いてしまったようだ。
それにしても、10名のアングラーが全員アタリすら感じることが出来ないなんて、誰が想像しただろうか。
早くも、今秋以降の十勝川でのアメマス釣りを誰もが心配してしまう。
d0075843_194579.jpg

「小さな願い」、とにかく一匹に出会いたい。
目的の「平和園」を十分堪能した僕たちは、2日目のフィールドを日高方面へ変更する事にした。
d0075843_19105645.jpg

期待した最初の日高本流は、予想に反し水位も高く濁りがキツかった。
ポイントを移動しても状況は変わらず、諦めムードが漂う中さしたる目的地もないまま車を走らせた。
d0075843_19214946.jpg

通りかかった橋から川を覗き込む。
「なんだかイイ感じ」と思いながら一度は通り過ぎたけれど、やっぱり気になる。
仲間の賛同を得て引き返すことにした。
d0075843_19265978.jpg

時計は既にお昼を回っている。
きっとここが最後のポイントになるだろう。
開始早々、友人のルアーに反応があったようだ。
d0075843_1931465.jpg

僕は下手に見える流れに期待を寄せ、釣り下る。
「イイ流れだなぁ」がしかし、期待とは裏腹に僕が選択したルアーの全てが何事もなく戻ってくる。
肩を落とし重い足取りで遡行し、上流の友人たちの元へ戻るしかなかった。
d0075843_1944436.jpg

下流に向かう友人たちと入れ替わり、最初に友人に反応があったポイントを流してみることにした。
時間的にもここが今回のラストチャンスになるかもしれない。
d0075843_1949444.jpg

ラッキーとしか言いようがない。
Mサイズのブラウンは、尾びれが欠けて産卵後のように見えるけれど、サクラ鱒のようにパラパラと鱗が剥がれやすく海からの帰りのようにも見えた。


邦題しか関係ないけれど・・・・・

[PR]

# by abu-z4 | 2016-03-21 19:57 | 釣り | Comments(14)
2015年 11月 23日

十勝アメマスキャンプ2015

本流レインボー熱が冷めやらぬまま迎えた十勝アメマスキャンプ。
僕にとっては、少々厳しいものだった。
d0075843_20335323.jpg

2日間で2匹という結果にはそれほど落胆はないけれど、あまりにも反応が少なすぎた。
アメマスの数が少ないのか、気温・水温それともポイントの問題なのか僕には分からない。
とにかく気配と言うものが感じられない2日間だった。
d0075843_20383397.jpg

d0075843_2046035.jpg

最初にロッドを曲げてくれたのは、早朝雲に覆われていた空が青一色の十勝晴れに変わったお昼前。
それまで微かなバイトを1度だけしか感じられなかった僕は、ホッと胸をなでおろす。
d0075843_20451631.jpg

d0075843_20453649.jpg

何も感じることのない我慢の釣りはそれからも続いた。
そして2度目は、初日の釣りがそろそろ終わりを迎える頃だった。
でも、何かしらのメソッドやタックルに関するヒントは、何一つ得られなかった。
それが「厳しい釣り」と感じる一番の原因だったのかもしれない。
d0075843_2054176.jpg

d0075843_20543729.jpg

勿論、厳しいことが楽しくないことにはならない。
そんな状況に悩まされながらも、フィールドで仲間と過ごす時間は楽しい。
共有する時間が話題を広げ、夜の部の会話を更に楽しい時間へと導いてくれる。
d0075843_20592145.jpg

状況の好転を期待したものの、2日目も大きな変化は訪れなかった。
こんな時は、何をやってもダメなのかもしれない。
気分転換に移動した中流域でのレインボーも、誰一人反応を得られないまま終了した。
d0075843_2195775.jpg

d0075843_2112964.jpg

12月、一段と寒さが増す頃、また十勝川のアメマスに会いに行こうと思う。
沢山の元気なアメマスが待ていてくれることを願っている。
[PR]

# by abu-z4 | 2015-11-23 21:18 | 釣り | Comments(8)
2015年 11月 04日

欺く

「欺く」:あざむく、読めるけど書けない漢字。
10月の天塩川で「今年のレインボーの釣りはこれが最後」、と言って舌の根も乾かないうちに「本当にこれが最後」と言って十勝川に行ったのは10日前。
そして昨日の文化の日には、湧別川に立っていた。
当然仲間からは、「あれっ、前回が最後って言ってませんでした?」ということに。
そして、いただいたタイトルは「欺く」。
「優柔不断」ぐらいにしてもらいたかったけれど、いじられ高年と化した僕は、仲間からの親愛のしるしとして受け取る事にした。
d0075843_1934569.jpg

d0075843_20313836.jpg

だけど残念と言うか幸いにもと言うか、「欺く」と言えるような結果は得られなかった。
グッドサイズも含めて5匹のレインボーを掛け、キャッチできたのは2匹。
それも最後の最後でSサイズ。
でも「今日はダメか」と嫌な予感が胸をよぎる中、顔を見せてくれた2匹には感謝したい。
d0075843_19584948.jpg

d0075843_2031563.jpg

天塩・十勝・そして湧別と、僕たちがお気に入りの本流へ一通り訪れる事ができた。
「じゃあ尻別は?」と言われそうなので、今回は断言はやめて「多分」にしておこう。
多分、これでレインボーは終わり。
同行の気の置けない友人はLサイズを早々にキャッチしたし、車中でゆっくり会話も楽しめたし、今回が今年最後のレインボーの釣りで十分満足だ。
d0075843_20145624.jpg

d0075843_20225668.jpg

アメマス用のルアーも買い足した。
気分はもう、2週間後の「十勝アメマスキャンプ」に向いている。
[PR]

# by abu-z4 | 2015-11-04 20:23 | 釣り | Comments(6)
2015年 10月 25日

納得のSサイズ

レインボーのシーズンがそろそろ終わりということなのか、たまたま活性の低い日だったのか僕にはわからない。
少なくともこの日十勝川を訪れた3組の仲間は、厳しい釣りを強いられたことは間違いないようだ。
d0075843_12303534.jpg

土曜日、masa1st1956さんと訪れた十勝川では、白鳥の群れに出迎えられた。
これから南へ向かうのだろうか、気温は-1℃を示している。
d0075843_12355436.jpg

前回訪れたときに比べると、極端に反応が悪いまま下流域から上流域へと彷徨うけれど、、反応の悪さは変わらない。
考えうるポイントを相談した結果、2人にとって比較的相性の良い支流合流付近に入ることにした。
大まかに4つのセクションに分かれるそこを、すべてじっくりと流すことは日没までの残り時間を考えると無理だろう。
せめて2つのセクションは流してみたい。
d0075843_12465844.jpg

最初のセクションではXSのホウライ鱒が顔を見せてくれたけれど、何故かしっくりこない。
バイトの感触なのか、やり取りの物足りなさなのか。
もやもやした気持ちのまま、2つ目のセクションに釣り下った。
d0075843_12543083.jpg

d0075843_12544364.jpg

最初のセクションで度重なる根掛かりを繰り返していたmasa1st1956さんの姿を僕はしっかり見ていた。
そして2つ目のセクションでも徹底的に底を流しているmasa1st1956さんのロッドが大きく撓った。
この日の状況を考えるとベストと言えるグッドサイズレインボーが、十勝川のレインボーらしく大ジャンプ。
数々の経験を重ねたmasa1st1956さんにとっても、納得のいく1匹だったに違いない。
d0075843_1342460.jpg

日が翳りそろそろ終わりという時、僕がキャストした7gスプーンに反応があった。
対岸のブッシュ下に沈んでいったルアーを更に沈み込ませるために、ロッドティップを高い位置に保ちながらラインを送り込んだ。
クククッと微かな手ごたえを感じ思い切りロッドを合わせるも、ラインのスラックが多くて確かな反応が得られない。
きっとみっともない格好だったと思うけれど、追い合わせも何度も入れると確かな手ごたえをロッドを握る手に感じた。
d0075843_13153222.jpg

綺麗なSサイズのレインボー。
一日の最後を締めくくるに相応しい、イメージ通りの納得のいく釣りができた。
いや、前回北の本流で今年最後と思っていたレインボーの釣りが、今回最後に延びたわけだから今年最後を締めくくると言ったほうが正しいと思う。
来月にはアメマスの釣りでまた訪れることになる十勝川に感謝しつつ、僕たちは帰路についた。
[PR]

# by abu-z4 | 2015-10-25 13:29 | 釣り | Comments(8)
2015年 10月 20日

Nothing happened

何も起きなかった。
ググッともピクッとも、勿論ガツンとも。
d0075843_10222510.jpg

日曜と月曜を北の本流で過ごした。
おそらく僕のレインボー釣りは、これが今年最後になるだろう。
条件としては、十勝の方が良いのは分かっている。
水位が高く若干の濁りで厳しい条件なのは十分承知の上だった。
d0075843_102867.jpg

d0075843_10311393.jpg

それでも、ここまで反応が無いとは・・・・・・
日曜の午前中は、正直なところヘコンでしまった。
土曜から北の本流入りしていた仲間とは午前中で別れ、午後からは一人。
仲間からの情報をもとに、初めてのポイントへ向かった。
d0075843_1036443.jpg

水位が高く濁りも入り足元が確認しづらく、その上岩盤が続く岸際は、何処にスリットがあるか分からないし
急激に深くなっているかもしれない。
慎重を期しながらも、考えうる全ての事を試してみた。
d0075843_10402638.jpg

翌日は、未明に北海道入りした友人と行動を供にした。
心強さを得た僕は、前回楽しませてくれたポイントへ遡行を試みることにした。
昨日より水位は下がったとは言え、前回よりも40cm程高い強い流れを300mいや500mほどを、つま先で底を確認しながら一歩ずつ進む。
ようやく辿りついた頃には、腿はパンパンになり股関節に痛みが走る。
d0075843_10485723.jpg

限られた時間と体力と持てる力の全てを使い、出来るだけの事ははやった。
これ以下が無いほど悪い結果だったけれど、不思議と「やりきった感」が僕を穏やかな気持ちにしてくれる。
「きっと来年はもっと良い釣りが出来るはず」などと、僕は何ら根拠の無い事を思い浮かべるのだった。
[PR]

# by abu-z4 | 2015-10-20 11:01 | 釣り | Comments(8)
2015年 10月 12日

秋深まる十勝川

ガサガサからバキッバキッとかパキッパキッという音に変わった。
藪漕ぎの足音。
緑に覆いつくされていた森は、いつの間にか黄色に占領されている。
d0075843_8105070.jpg

水位・濁り共に心配したような事は全く無かった。
見る限り、ベストコンディションと言っても良いぐらいだ。
d0075843_8213234.jpg

しかし、反応はすこぶる悪い。
1ヶ月前に比べるとバイトは少ないし、たまにショートバイトを感じるだけ。
きっと、岸際の弛みやストラクチャーの陰でジッとしているに違いない。
d0075843_828124.jpg

d0075843_951613.jpg

こんな時は、ルアーをじっくりと見せるのが良いと思う。
ストップ&ゴーのテンポを極端にスローにしてみた。
ストップの間は、流れの力を利用してルアーをヒラヒラとアクションさせ十分なバイトのタイミングをつくる。
ゴーもリトリーブの距離は少しだけにして、イライラしたレインボーが思わずバイトしてしまう事をイメージした。
d0075843_8375140.jpg

d0075843_838473.jpg

餌となる虫たちが少なくなった今、魚たちが日中流れの中心付近に出てくる理由もないのだろう。
むしろ気温が下がり弱った虫たちが、岸際に落ちてくるのをジッと待ったほうが安全だとも思う。
d0075843_8453012.jpg

とにかく全てがスロー。
流れのスピードもリトリーブスピードもアクションもスロー。
もしかしたら、魚の動きもスローなのだろうか?
d0075843_8515020.jpg

d0075843_852667.jpg

おそらく、今年最後になると思う十勝川のレインボー釣行。
望んだLサイズはおろか、グッドサイズのMに出会う事もできなかった。
だけどイメージ通りに反応してくれた、小さめのMサイズレインボーがとても貴重に思う週末だった。
d0075843_941225.jpg

[PR]

# by abu-z4 | 2015-10-12 09:07 | 釣り | Comments(8)
2015年 09月 28日

あと2cm

d0075843_2113967.jpg

こんなタイトルは付けたくないのだけれど・・・・・・
d0075843_20254820.jpg

土日は1年半ぶりとなる北の本流へ、、車中泊を決め込み出かけた。
最初に入ったお気に入りのポイントは、水位が低いとはいえ岩盤のスリットには砂利や砂が埋まり、明らかに浅くなっていた。
最後のセクションでやっと掛けたLサイズは、2度目のジャンプで敢え無くフックアウト。
厳しい釣りの始まりだった。
d0075843_2040847.jpg

ポイントを移動して彷徨うけれど、先行者がいたり水位が低すぎて釣りにならなかったり・・・・・・
そろそろお昼時というときに、偶然友人の車を発見し同行させてもらう事にした。
初めてのポイントを案内してもらう。
あっさりと友人はMサイズ・Lサイズとたて続けにレインボーを釣ってしまった。
僕はというとショートバイトを何度か感じた後、1匹のアメマスに出会うのがやっとだった。
でも、友人と会わなければ何も釣れなかったんだろうなぁ。
d0075843_20581191.jpg

その後も日没まで友人の後をついてポイントを移動したけれど、僕には何も起こらなかった。
こんな事もあると予想していたとはいえ、心身ともに疲れる初日だった。
d0075843_21165730.jpg

夜、北の本流に来ていた仲間4人が集まり、アルコールも入りリラックスした時間は、疲れた体を十分に癒してくれた。
「1日1匹」とつぶやいてみる。
d0075843_21274367.jpg

翌日、4:30に車の窓をノックする音で目覚める。
昨晩決めた目的のポイントへ4人揃って向かった。
それぞれが準備をしている最中、僕が何気なく吐いた言葉「60歳になったから60cmが釣れるといいなぁ」。
こんなこと言わなければよかった。
d0075843_21295087.jpg

ここを案内してくれたのは初日とは別の友人
メソッドは教えてもらったけれど、まずは彼の流し方を観察する。
かなり送り込んでる印象だ。
前日お気に入りの7gスプーンを全部ロストしてしまった僕は、10gでいきなり沈めるのではなく5gで送り込むことに決めた。
そして前日のブレイクはドラグの調整が緩かったと考え、今日はかなりキツ目にした。
d0075843_21384845.jpg

ルアーは、教わった場所に着水し教わった場所に沈みこんで行った。
グググン、思い切りロッドを合わせた。
一瞬水面を割って姿を現した魚体は、全体的にシルバーに見えた。
きつめに調整したドラグは、大きな走りを許さないけれどフッキングは確実だと思った。
後はフックとラインとロッドを信じて、時折ジジジィと短いドラグ音を聴きながら慎重に引き寄せるだけだ。
d0075843_21503860.jpg

友人がランディングしてくれたネットには、レッドバンドとレッドチークが鮮やかなレインボーが納まっていた。
滅多にサイズを測ることはないのだけれど、もしかしたらと思いスケールを当ててみる。
思わず「あと2cm」、また余計な事を言ってしまった。
仲間からは、祝福と同時に「これで今回のブログタイトルは決まったね」と言われてしまった。
d0075843_21583342.jpg

僕は「1日1匹」にしようと思っていたのだけれど、みんなに従うことにした。
初日の1匹も2日目の1匹も、彼等がいなければ釣れなかったのだから。
最近は、タイトルが「抜け駆け」だの「独り占め」だの、イメージが「嫌なやつ」になるんじゃないかとちょっと心配している。
d0075843_2223571.jpg

今回使用したABU ambassadeur 5000C は、先輩のNAKAさんから頂いた物。
仲間の助けもあり、やっと5000Cに相応しい魚を釣る事ができました。
この釣果を、NAKAさんに捧げたいと思います。
[PR]

# by abu-z4 | 2015-09-28 22:32 | 釣り | Comments(8)