Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 09日

BABY BEN

会社の季節外れの送別会が終わって帰宅すると、妻のライティングデスクの上にあるBEBY BENが6時チョッと前で止まっている。
実はこの時計、新婚旅行の際、アメリカ西海岸オークランドのフリーマーケットで26年前に手に入れたものだ。
手に入れたと言っても、Flea MarketでFreeで、すなわちタダでもらったものだ。
時計の動きを確認するために1時間おきに何度も行くものだから、出店者が呆れてタダでくれたのだ。
英国のBIG BENをパロった名前と可愛らしさが気に入っているこの時計は、僕たちの生活の時を刻んできた。
d0075843_2252412.jpg

ところが3週間ほど前に妻が毎日の日課であるゼンマイを巻いていると、突然バキッという音とともにゼンマイの蝶型のつまみが空回りしてしまった。
「きっとゼンマイが割れたのかストッパーが外れたのだろう」と思ったが、僕には時計の修理経験は無くとりあえずそのままにしていた。
先日の日曜日、失くしてしまったと思っていた小さなドライバーセットが偶然見つかったので、ダメ元で分解してみたら、案の定ゼンマイの外側のストッパーに固定される穴が割れていた。
掛けた部分をニッパーで切り落とし、キリ状のドライバーをあててハンマーで叩くと、新たにストッパーに引っ掛かるよう穴を開けることが出来た。
簡単な汚れのふき取りと、リール用のオイルを注して組み上げてみると、BEBY BENはまたカチカチと音を立てて動き出した。
二人でBEBY BENの復活を喜んだのも束の間、今日、また止まってしまった。
手に入れた時、既に古いものだったし、それから26年も働いてきたのだからもうイイかな、とも思うのだけれど、やっぱりBEBY BENのカチカチという音が聞こえないのは寂しい。
また今度、時間がゆっくり取れるときに分解してみよう。
でも、どうしてもダメだったら、静かにいつもの場所に居てくれてもいいと思っている。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-08-09 23:22 | Comments(4)
2006年 08月 05日

仕事の日にはリールをみがいて

五木寛之の「雨の日には車をみがいて」というのがあった。

今日は月に一度の土曜出勤、っといっても留守番みたいなもの。
携帯が鳴る。
着メロが、釣りに行っている友人からであることを知らせている。
「きっと何かドラマがあったのだろう」彼からの電話は、いつも楽しみだ。
最近は、毎回良い虹鱒を掛けながらもキャッチには至らない彼。
今日も最後の最後で逃げられてしまったようだ。
だけれど、携帯の向うでは相変わらず悔しそうではあるけれど楽しそうに声が弾んでいる。
「良い釣りをしているなぁ」と思いながら彼の笑顔を思い浮かべる。
d0075843_201282.jpg

帰宅後、日頃あまり手入をしない自分なのに、簡単なオーバーホールの後,リールをみがいてみる。
よーく見ると、随分傷が付いていることに気が付く。
もう15年も使っている。
このリールを使い続けたいが為に、頑固にルアーを続けているようなものだ。
他にも同じタイプのサイズ違いを2個、全く同じタイプを1個持っている。
何れも僕の寿命より長持ちしそうな、シンプルで頑丈な作りが心強い。
一つ一つに刻んだ思い出を振り返りながら、仕事の日にはリールをみがいてみるのも良いものだ。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-08-05 20:33 | 釣り | Comments(12)
2006年 07月 31日

風と匂いを感じながら

金曜日の夜、ウォルトン フィッシング クラブ会長のNAKAさんから、同じく会員のIWAさんと一緒に日曜日にツーリングのお誘いがあった。
ツーリング?もう何年ぶりだろう。
最後にツーリングらしきことをしてから、15年は経っている。
明るいうちに、道北遠征で無数の虫がこびりついたフロントマスクとスクリーンを洗い落として、簡単な洗車を終わらせた。
d0075843_224417.jpg

ニセコ方面に向かう事だけは決まっている。
本流で釣りをするYunさんがタイミングが合ったので、ニセコの道の駅まで参加してくれることになった。
初めて身近で見るエリーゼを前にして、NAKAさんIWAさんともに驚きを隠せない。
天気の良い日曜日、交通量も多くゆったりとしたペースで走り出した。
普段はフィールドへと急ぐ道を、ジリジリと照りつける太陽や木々の匂いを感じ、時にはトンネル内の突然の寒さに驚きながら、あっという間にYunさんとのお別れの場所についてしまった。
d0075843_2227015.jpg

これから向かうニセコパノラマラインは、ヒルクライムを楽しめるコース。
でも今日は、いつもの走りを封印してスムーズなブレーキングとコーナリングに徹することにした。
NAKAさんは、奥様同伴なのだ。
いい年をして、ご婦人の前で下品なドライビングは見せられない。
おかげで普段は見過ごしていた風景を、高原のチョッと冷たい風を切りながら楽しむことが出来た。
途中、グルメなIWAさんお勧めの2件のお店に寄って、美味しいお茶や食事も楽しむことが出来た。
こんなゆったりとした時間を、愛車を駆りながら仲間と伴に過ごせるのもなかなか良いものだ。
今度は、木々が色づく頃にまた走りたいと思った。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-07-31 22:49 | 自動車 | Comments(2)
2006年 07月 30日

釣り?ドライブ?

29日午前3時、SHUさん宅を出発。
目的の道北河川に、6時前には着くはずだ。
今日は久しぶりに僕のクルマで行く事にした。
Yunさんの都合が付かず、2人で行く事になったからだ。
目的の河川は4年前だろうか、SHUさんと道北を走りながら偶然見つけた場所。
二人の思い入れは強く、期待が高まりスロットルを踏む足にも自然と力が入ってしまう。
d0075843_239774.jpg

予定時間より若干早めの到着。
他の釣り人はいない。
橋を挟んでSHUさんが下へ、僕は上に別れる。
間もなく僕のロッドに小型のニジがHITし、中型のヤマメが続く。
なかなかいい調子だ!
徐々にSHUさんが居る方へと下っていくと、かなり強い流れの瀬尻でガツンと大きなアタリが。
深く潜り込んでなかなか姿をあらわさない。
ようやく浮いてきて何とかネットインできたのは、40cm弱のニジ。
もっと大きな魚を期待していたのでアレッと思ったが、本当にここのニジは力が強いので毎回感心させられる。
きっとこの強い流れの中で、逞しく育ったのだろうなぁ。
d0075843_2327614.jpg

SHUさんは、お気に入りのポイントに後一歩というところで対岸に釣り人が。
満足のいかないまま、移動する事にした。
次の河川も渇水気味で、HITするのは小型のニジやヤマメばかり。
でも、特に細かな予定を立てずに行き当たりばったりの今回の釣行。
天候にも恵まれ、楽しい釣り?ドライブ?となった。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-07-30 23:37 | 釣り | Comments(8)
2006年 07月 27日

乗り物

物心ついたときから、乗り物が大好きでした。
ただ、自分で操縦の出来ない電車や汽車、遊園地の乗り物にはあまり興味が無く、自転車・バイク、一番は自動車でした。
移動の目的の乗り物ではなく、操縦を楽しむための乗り物が好きだったのです。
自由に操る事に喜びを感じるのです。
泳ぎが得意ではない僕が、ボート類に手を染めることはなかったのですが、大空を飛び回ることにはずっと憧れていました。
20代の前半、カー雑誌にハンググライダーの記事が載っていました。
「これだったら空を飛ぶことが出来るかもしれない!」すぐにスクールを探し、入門することに。
元来不器用な僕は(好きだから上手とは限らない)、およそ半年かけてスクールを卒業。
初めて手に入れた機体が下のファルホークGKⅢ。
当時(25年以上前ですが)最も売れていた機体で、別名「空飛ぶカローラ」、「空飛ぶ棺桶」とも呼ばれていました。
d0075843_2259349.jpg

他の乗り物では、決して体験することの出来ない立体的な移動。
中でも上昇気流を捕らえて、旋回しながらリリース地点よりも数百メートル高度を獲得した時などは、まさに天にも昇る気持ちです。(この山から100m上げると、写真右側に洞爺湖、正面やや左に皆さんご存知の支笏湖を望むことが出来ます)
以後、3機に乗り換え、10年程続けました。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-07-27 23:01 | Comments(10)
2006年 07月 25日

夕日

d0075843_19465822.jpg

天気が良くて、日が沈む前に仕事を終える事が出来た日はラッキーだ。
好きな音楽を聴きながら、眩しいけれど綺麗な夕日を見ることが出来る。
d0075843_19523261.jpg

町の西側に山が連なる札幌では、この10分後、沈んだ夕日が山の稜線をくっきりと浮かび上がらせることになる。
こんな日は、チョッと得した気分になる。

それにしても、フロントガラスが汚いなぁ。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-07-25 19:58 | 自動車 | Comments(4)
2006年 07月 24日

糸ヨレ

d0075843_2131282.jpg
僕が最も愛用しているラインは、VARIVAS gameの8lb.
柔らかくてよく伸びるし、丈夫なところが気に入っている。
でもこの数ヶ月、糸ヨレに悩まされてもいる。
スピナーを用いる事が多いけれど、以前はそんなことは無かった。
きっと最近のメソッドに問題があるのだと思う。
底を取りたくて、かなりラインがフケた状態でスピナーをスロー回転させているのが原因だと思っている。
この状態だとスイベルが上手く回転しないため、糸ヨレが起きるのだろう。
現在のところ、糸ヨレがひどくなってくるとスプーンやミノーに交換し、糸ヨレが取れたらまたスピナーに戻すということで対処している。
それを何度も繰り返すうちに、とんでもないバックラッシュを起こしラインを捨てる事になる。
スイベルのサイズに問題があるのかなぁ。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-07-24 21:39 | 釣り | Comments(2)
2006年 07月 23日

Things

やっと始めてみる事にしました。
釣りや自動車、音楽や食べ物、いろいろな物や事に感じたことを、思いつくまま書いてみようと思っています。
釣り歴は17年ほどになりますが、ほとんどの人がルアーを経てフライに移行してしまっても、さっぱり上達せず、今もABUアンバサダーを愛用するルアーマンです。
趣味と言えるほどのクルマは所有していませんが、自動車は、子供の頃から一貫して大好きな物の一つです。
鱒釣りと自動車をメインに、感じたままを表現できたらいいなぁ。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-07-23 22:32 | Comments(2)