Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 26日

ハイ スピード ドライビング

今や、毎日の生活に欠かせない自動車。
通勤や買い物、週末の釣り、目的や好みは人それぞれだ。

僕が自動車を選ぶ時、最も大事にしているのがデザイン。
気に入ってしまうと、少々使い勝手が良くなかったり信頼性に欠けていても、予算に見合っていれば手に入れてしまう。
たとえそれが大好きな釣りに不便であっても、全く使えないわけではない。
自分用に何台か持つことが出来れば幸せだけれども、それは叶わない。
大事なのは、人を乗せたり荷物を運んだり快適性等ではなく、自分が気持ち良く乗れるか、ただそれだけ。
幸運な事に妻の自動車は、歴代彼女の好みにより小型の一般的な自動車を選んでいるので家族用には不自由しない。

デザインの好みはあるが、一定のスタイルに定まることが無く、ハッチバックやクーペ、今現在所有しているオープン2シーター、様々である。
不思議と普通のセダンというものを、免許を取得してから34年、一度も所有したことが無い。
これは、デザインが良いと思うセダンが一度も無かったという訳ではなく、ただ自分に似合わないと思っているからだ。

気に入ったデザインの自動車を入手すると、今度はその性能を自分なりに十分引き出したくなる。
そのためには、教科書が必要だった。
「カーグラフィック」、小学校高学年に始めて出会い、以後40代半ばまで読み続けた僕の自動車に関する情報源。
その「カーグラフィック」を出版している二玄社から、「ハイ スピード ドライビング」なる本が出版されていることを知っていたので、免許を取ると直ぐに入手し、20代の頃は何度も読み返した。
d0075843_2138183.jpg
これは、ポール フレール氏が著したもので、カーグラフィック初代エディターの小林彰太郎さんが訳している。
表紙には、ル マンを走る250LMとアルピーヌ、モンテの雪道をドリフトするコーティナ ロータス、これだけで僕は参ってしまう。
「正しい操縦の基礎」から始まり、操縦に関するあらゆる知識が理論的に説明されていて、感が鈍く不器用な僕にはとても参考になった。
30代には、サーキットで行われるタイヤメーカー主催のドライビングスクールに何度か参加したが、「ハイ スピード ドライビング」読んだ時ほど僕に影響を与えてくれなかった。
その頃既にこの本のおかげで、ある一定のレベルに達していたのだと思う。
ドライビングスクール終了後のフリー走行では、まずまずのタイムで走れたのだから。

僕はこの本を読んでから、どんな自動車を操縦しても楽しくなった。
それぞれの自動車の個性を感じ取れるようになったからだ。
たとえそれが貨物車だったとしてもだ。

最近、特に50代になってから老眼が進み、動体視力が落ちている。
だけど、ドライビングは釣りより肉体的に負荷をかけなくても楽しむことが出来る。
第一、ステアリングを握れないようじゃ、フィールドに行くことも出来ない。
ステアリングを握れなくなった時は、既にロッドも振れなくなっているだろう。
大袈裟ではなく、その時が人生の終わりだと決めている。
だから、80代になってもハイ スピード ドライビングを楽しんでいる、ポール フレールさんのように年をとっていきたいと、最近密かに思っている。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-09-26 22:43 | 自動車 | Comments(2)
2006年 09月 24日

中洲でお祝い

FLY雑誌のblogコンテストで、友人のYunさんが金賞に輝いた。
とてもうれしいし、いつも釣行を一緒にしている彼が受賞した事は誇りに思う。

今日もYunさんSHUと僕との3人で本流に向かった。
考えてみると、9月に入ってから本流には何度か来ているけれど、3人で来たのは久しぶりだ。
2週間前に一面白い花を咲かせていたそば畑は、もうじき収穫を迎えるのだろうか、すっかり黄金色に染まっている。
d0075843_21112356.jpg

今日の本流は、どこも鮭に占領されているためか、ニジマスの反応は悪い。
そんな中、SHUさんが小型のニジマスを上げるがあとが続かない。
でも、秋晴れの中、大好きな本流でロッドを振れるのはとても気持ちが良い。
ここ独特のブゥーンと唸るような音も、川の流れる音とマッチしていなくもない。
徐々に下り中洲で一休みすることにした。
d0075843_21422175.jpg
僕は今日、この中洲でYunさんのお祝いをしたくて準備をしてきたのだ。
スパークリングワインとクラッカーとオイルサーディン・ハムペーストのささやかなものだけれど、どうしてもここでしたかった。
こんな遊び方が僕たちのスタイルだから、Yunさんのお祝いには最適な場所だと思ったのだ。

本流は、その後もニジマスの気配は多少あるものの、僕たちのロッドを曲げることは無かった。
午後からは、予定通り鮭を狙って積丹半島に向かった。

日曜の午後のせいか、結構な混みようで家族連れもいる。
鮭の背びれがあちこちで見えるのだけれど、最近の例に漏れずサッパリ口を使ってくれない。
時々見える魚体もかなり色が付いている。
遠くで綺麗な個体がジャンプしているけれど、いつまで待っても岸寄りしてこなかった。
残念だけれど、今日は諦めるしかないようだ。

d0075843_22162387.jpg

いつも良い釣果とは限らないけれど、相変わらずいつもの仲間との釣りは楽しいものだ。
その仲間のYunさんが、blogコンテストで金賞を受賞した。
そして僕たちが大好きなフィールドでお祝いすることが出来た。
僕は十分満足だった。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-09-24 21:32 | 釣り | Comments(4)
2006年 09月 17日

オホーツクのサーモンフィシング

金曜の夜、サーモンキャンプに参加するYunさんがドライブする車を、日帰り組のSHUさんと僕はただひたすら追いかけ北へ向かう。
オホーツク海は穏やかな表情を見せている。
これからどんなドラマが待っているのだろう。
d0075843_22245915.jpg
d0075843_22251263.jpg

もう既にロッドを振っている人達の近くで、サーモンのライズが確認できる。
僕たちもそれぞれの期待を胸にキャストを始めた頃、ようやくオホーツクの海に陽が昇る。
間もなくして3人共にバイトがあったが、うまくフッキングしない。
他の何人かがキャッチしていたが、かなりの数のサーモンが確認される割には反応が悪い。
きっと魚体の色から想像するに、以前から岸寄りしている群れなんだろう。
とても届かないような沖では、銀色の魚体が元気良くライズしているのが見える。
4時間程も振っていただろうか、周りの人達も釣れているようではなかったので、他のポイントに移動することにした。
川の流れ込みが有るここは、左にエサ釣りの人達、右にフライ・ルアーの人達がキレイに分かれている。
こうゆう場所に慣れていない僕は、不思議に思いながらも右端に入ってみた。
すぐにサーモンは確認できたが、ここも岸寄りしている群れはかなり色づいている。
時折ロッドに反応はあるが、おそらくスレなんだろう。
全く食い気の無いサーモンを前に、僕たちはお手上げ状態。
ここでSHUさんと僕は、キャンプに参加のYunと別れ、サーモンを諦めてオホーツク海に流れる川でニジマスを狙うことにした。
d0075843_2344533.jpg
d0075843_23547.jpg

春・夏に何度か訪れたこの川は、ここ数日で減水したらしくポイントは限られているようだ。
放流物が多いここは、春にはヒレの切り取られた固体が数多く見受けられたが、やはり反応が悪い中ようやくキャッチした30cm前後のニジマスは、綺麗に揃ったように見えたヒレが胸ヒレだけ小さかった。
その後も同じようなサイズのニジマスを1匹釣る事ができたが、お目当てのカラフトマスやサーモンの産卵を狙う大型のニジマスに出会うことはできなかった。
一睡もしていない僕たちは、脱力感と睡魔と闘いながら帰路につくこととなった。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-09-17 23:24 | 釣り | Comments(4)
2006年 09月 10日

雨のち雨

AM5:00SHUさん宅に到着、風が強い。
本流に付く頃には、きっと雨が降りだしているにちがいない。
今日は終日クローズドトップのままになりそうだ。
出発して間もなく、風が弱まると同時に雨が降りだした。
僕のオープン2シーターアウトドア仕様?が、本流のいつもの場所にお腹をスリスリしながら
到着。
準備をしていると、遠くで雷の音と光が・・・・・・
雨脚が強くならないうちに始めよう。
d0075843_19263230.jpg

少し濁っているが、問題はない。
相変わらず雨が降っているが、雷は遠ざかったようだ。
30分、1時間、SHUさんにも僕にも何事も起こらない。
僕が流していたミノーが、下にいたSHUさんの近くで根掛りしてしまった。
失礼してSHUさんの横に立ち、ロッドを煽るとうまく外れそのままリトリーブ。
HIT!!!ニジだー
しかし、数秒のやり取りでバラシてしまった。
結局雨に濡れた以外、何も起こらなかった。
時間はまだ早かったが、今日の本流はこれであきらめることにした。
昼食後、僕たちが以前によく通っていた場所に移動。
ここは、いつもの本流の上流域で、小型ながら魚影が濃く、僕たちは「保険」なんて言っていた場所だ。
d0075843_19561072.jpg

相変わらず雨は降り続け風も強まってきたが、すぐにアタリがあった。
流石「保険」だな、なんて思っていたら後が続かない。
甘く見ていた僕たちをあざ笑うかのように雨脚は強まってきた。
結局、SHUさんも僕も10cmほどのヤマメを仲良く1匹ずつ釣って終了。
確かに「保険」にはなったが、保障の小さい保険ではあった。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-09-10 20:09 | 釣り | Comments(5)
2006年 09月 03日

Satisfaction

キャストを開始してから15分ほど経っただろうか。
Yunさんに早速アタリが、でもうまくフッキングしなかったらしい。

久しぶりの本流、ライズは少ないが魚の反応は良いようだ。
「ひょっとすると今日はイイかもしれない」そんな事を思いながら今日の釣がスタートした。
しかし、僕のロッドには1時間経っても何の変化も起きなかった。
2時間ほど経っただろうか、反応の無いスピナーに見切りをつけて、瀬尻をフローティングディープのミノーで攻めてみた。
流芯を横切り逆引き状態になった直後、ガツンと強いアタリ。
強めの合わせをいれると、表層で暴れた魚はなかなか良いサイズのアメマスのようだ。
割と簡単に寄ってくるので間違いないようだ、と思ったら近づいてきた魚を良く見るとニジマスじゃないか。
ネットに手を掛けた瞬間、ドラグをジージー鳴らしながらいきなり走り始め、ヒットした地点付近まで戻ってしまった。
呼吸を整えやり直し、ゆっくりとリトリーブする。
何度か水面近くで暴れるのを押さえ込みながら、ラインテンションが緩まないようにロッドをチョッと立て気味にしてネットを握った瞬間、最後の力を振り絞るかのようにまた暴れだしてしまった。
そう、逃げられてしまったのだ。
d0075843_2133515.jpg

遠くで見ていたYunさんが慰めに来てくれたので、ここで仕切り直しの一服。
キャッチは出来なかったけれど、まだ期待はできそう。
上下に分かれて再びキャストを繰り返す。
しかし、その後二人のロッドには何事もおこらなかった。
今日できることは、十分やり尽くしたような感じがしたので、いつもより早めに上がることにした。

クルマに戻るとYunさんが今日もチャイを淹れてくれた。
疲れた体にチャイが染み渡り、フッと空を見上げる。
来る時にあんなに高かった秋空が、いつの間にか積乱雲の夏空に変わっていた。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-09-03 21:58 | 釣り | Comments(11)
2006年 09月 01日

本流に行きたい

とうとう8月は、いつもの本流に行くことが無かった。
水が温んで条件が厳しくなるとはいえ、シーズンインが遅かった分まだ可能性があったはずだ。
例年6月下旬には瀬に小型のニジが付くはずなのに、今年は7月下旬になってもそれがなかった。
雪代の収まるのが遅かったせいか、1ヶ月以上ずれ込んだと思っている。
小型のニジを狙っているわけではなく、良いサイズのものは深場に付くので、ポイントが絞りやすくなるのだ。
d0075843_20133971.jpg

こう言うと、過去に随分釣果をあげているようだが、実はそう思っているだけで実際には良い釣りができていたわけではない。
ただそう信じているだけなのだ。
そう信じて何年も通っているだけなのだ。
どんな結果になったとしても、また信じて期待して通ってしまう。
いろいろ想像しながら、悩みながら、笑いながら、考えながら、無になりながらここでキャストを繰り返す事が僕は好きだ。
水温が高いであろう今、きっと厳しい釣にはなると思うけれど、今度の日曜日には本流に行きたい。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-09-01 20:33 | 釣り | Comments(2)
2006年 08月 28日

知床に行って・・・・・

「相泊」、自動車で行けるのはここまで。
目的地であるこの先の「ペキンの鼻」までは、船に乗り換えて行くことになる。
期待と不安に胸躍らせながら、「第五熊丸」に乗り込んだ。
相泊りまでの景色も雄大なものだったが、ここから先の船から見る景色に僕はしばし言葉を失ってしまった。
世界遺産の一つになったとはいえ、観光地のひとつぐらいに思っていたのが大きな間違いだった。
50年以上生きているけれど、今まで見たことのあるどの景色とも違のだ。
見とれているうちにあっという間に「ペキンの鼻」に着いてしまった。
想像していたよりはずっと快適そうな番屋の掃除を済ませると、僕たちは早速カラフトマスを釣るための準備に取りかかった。
d0075843_2039286.jpg

開始早々、仲間の1人にヒット。
それからは滞在した3日間、ちょっと静かな時間帯もあったけれど、常に誰かがヒットしているような感じだった。
皆の爆釣に比べれば少ないけれど、僕には十分すぎる釣果だったし、1年ぶりにパワフルでスピード感のあるカラフトマスの引を楽しんだ。
d0075843_2047417.jpg

正直なところ、僕が一番感動したのはカラフトマスの引きでも、背びれを見せながら足元から3mほどを沢山の群れが泳いでいる様子でもなかった。
勿論、釣りたくて来たわけだし釣れたわけだし、そのために来たのだけれど・・・・・・
夢中になってキャストする手を休めると、遠く先には北方領土が見える。
d0075843_20583447.jpg

振り返ってみると番屋の背後には、おそらく強風と急斜面のせいで短くて曲がりくねった奇妙な形の木が見える。
いったいどれ程の長い年月を経てこの景色が出来上がったのだろう。
こんなロケーションで釣りをしていることが不思議でしょうがなかった。
釣った魚を仲間の1人が調理してくれた刺身やソテーはとびっきり美味しくて、ついつい弱いはずのお酒もすすんでしまうけれど、ふと電気も水道も電話もつながらない場所にいることに気づく。
決して不安や恐怖感ではなく、仕事や家族のことまでも忘れて、釣る事と食べて飲む事と寝る事だけしか考えていない、本当の自然の中に自分がいる不思議な感覚。
そんなことに一番感動したのだ。
d0075843_21494673.jpg

おそらくヘタクソな写真と稚拙な文章では、知床のことを1/100も伝える事は出来ないと思うけれど、僕にとって思い出の地になったのは間違いないし、また訪れてみたい場所になった。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-08-28 22:02 | 釣り | Comments(11)
2006年 08月 19日

定番

新しいものや今までと違ったものに挑戦していく人、同じものにいつまでも挑戦している人。
明らかに僕は後者の方だ。
ニジマス釣りに夢中になり始めた時から、今も愛用しているブレットン7gのスピナー。
いつか読んだ釣り雑誌に「ブレットンは釣れすぎるので使わない」なんてコメントされていた。
欲張りな僕は、釣れすぎて困ったことは無いけれど、他のルアーよりも釣果が良いので、あながち間違いではないようだ。
d0075843_23531136.jpg

確かに上流域では小型のニジマスやイワナが数多く釣れて、初心者の僕は随分楽しんだ。
しかし、その形状故、根掛で数え切れないほどロストしてしまった。
また、少しでも大きなニジマスを狙うために、より水深のある本流中流域に場所を移動してからは、抵抗のある特性と軽量であることで、深く沈めることが難しくなかなか良い型に出会えない。
「だったらディープダイバーのミノーを使えばいい」という声が聞こえてきそうだ。
僕だってミノーは持っているし、厳寒期のアメマス釣りで、あまりの寒さに震えながらリトリーブをした時、偶然トゥィチングができて釣れたことだってある。
でも、誰がどう見てもヘタクソだ。
スピナーの上手な沈め方を仲間に聞こうにも、皆FLYなので聞くに聞けない。
でも、多くのヒントが偶然からもたらされるように、僕の釣にもラッキーな偶然が訪れた。
軽いバックラッシュを、ラインにドラグが掛かりスプールのフケたラインが締まらないようにロッドを高く上げ、絡まったラインを解きながら少しずつスプールから出していった。
根掛を恐れてゆっくりとリトリーブしてみると、ハンドルに伝わってくるブレードの回転の様子は、明らかに深い層を進んでいる重くてドロンとした感触。
そうか!「深さや流れのスピードやラインが着水する角度にもよるけれど、ラインを送り込むにしてもバランスの問題だな」と思った。
以来、ロッドやリールそしてルアーの事で迷わなくなってしまった。
とにかくラインを上手にバランスよくコントロールして、大好きなブレットン7gを自由自在に操れるようになるのが僕の目標だ。
まだまだこれからも、僕のルアーケースからブレットンは外せないのだ。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-08-19 00:22 | 釣り | Comments(6)
2006年 08月 14日

もう一つの楽しみ

目的のカラフト鱒釣行は、不発に終わった。
楽しくはあったが正直なところ残念な結果だ。
ちょっとだけ早すぎたようだ。
それでも、今回は仲間の新しいクルマで長距離ドライブも兼ねているから、ドライビングはもとより車中の会話は相変わらず楽しくないわけが無い。
仲間のアクシデントもあり、早めに切り上げることにする。
今回は、去年果たせなかったもう一つの目的が残っているからだ。
d0075843_23202436.jpg

「ケバブ」トルコ料理で聞いたことはあるが、まだ食べた事が無い。
友人お勧めのそれは、アフガニスタン風ということである。
今回は、去年も美味しくいただいたチキンカレーとサフランライス、そして念願のケバブにありつけることになった。
出てきた瞬間、香りと色で直感的に美味しいことを確信した。
チャパティー(小型のナンのようなもので、こちらは全粒粉)に、羊の肉や赤・青ピーマン、ズッキーニ等がいくつものハーブの香りとともに調理された具をのせ、そこに青唐辛子とビネガーをペースト状にしたスパイスを友人に教わった通り載せて口に運んでみる。
肉と野菜の甘味に、青唐辛子の辛さとハーブの香りが絶妙に絡み合い、暑さでくたびれた体に喜びをもたらせてくれる。
ハーブが完全に混ざっていないせいか、食べるたびにチョッと違った香りや味がしたのも印象的だ。
あっという間に食べつくしてしまったのは、ビネガーの酸味と淡白なチャパティーが後味をスッキリしたものにするからだろう。
チキンカレーとサフランライスは、残った空腹を満たすのに十分であっただけでなく、去年よりもチョッと塩分を控えた味付けが、涼しくなってきた夕食にマッチしていた。
こうして我々のもう一つの楽しみは達成された。
きっとカラフトの時期になると毎年訪れる事になるこの店に、心からの「ごちそう様」を伝え帰路についた。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-08-14 00:09 | 食べ物 | Comments(6)
2006年 08月 09日

BABY BEN

会社の季節外れの送別会が終わって帰宅すると、妻のライティングデスクの上にあるBEBY BENが6時チョッと前で止まっている。
実はこの時計、新婚旅行の際、アメリカ西海岸オークランドのフリーマーケットで26年前に手に入れたものだ。
手に入れたと言っても、Flea MarketでFreeで、すなわちタダでもらったものだ。
時計の動きを確認するために1時間おきに何度も行くものだから、出店者が呆れてタダでくれたのだ。
英国のBIG BENをパロった名前と可愛らしさが気に入っているこの時計は、僕たちの生活の時を刻んできた。
d0075843_2252412.jpg

ところが3週間ほど前に妻が毎日の日課であるゼンマイを巻いていると、突然バキッという音とともにゼンマイの蝶型のつまみが空回りしてしまった。
「きっとゼンマイが割れたのかストッパーが外れたのだろう」と思ったが、僕には時計の修理経験は無くとりあえずそのままにしていた。
先日の日曜日、失くしてしまったと思っていた小さなドライバーセットが偶然見つかったので、ダメ元で分解してみたら、案の定ゼンマイの外側のストッパーに固定される穴が割れていた。
掛けた部分をニッパーで切り落とし、キリ状のドライバーをあててハンマーで叩くと、新たにストッパーに引っ掛かるよう穴を開けることが出来た。
簡単な汚れのふき取りと、リール用のオイルを注して組み上げてみると、BEBY BENはまたカチカチと音を立てて動き出した。
二人でBEBY BENの復活を喜んだのも束の間、今日、また止まってしまった。
手に入れた時、既に古いものだったし、それから26年も働いてきたのだからもうイイかな、とも思うのだけれど、やっぱりBEBY BENのカチカチという音が聞こえないのは寂しい。
また今度、時間がゆっくり取れるときに分解してみよう。
でも、どうしてもダメだったら、静かにいつもの場所に居てくれてもいいと思っている。
[PR]

# by abu-z4 | 2006-08-09 23:22 | Comments(4)