<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 25日

納得のSサイズ

レインボーのシーズンがそろそろ終わりということなのか、たまたま活性の低い日だったのか僕にはわからない。
少なくともこの日十勝川を訪れた3組の仲間は、厳しい釣りを強いられたことは間違いないようだ。
d0075843_12303534.jpg

土曜日、masa1st1956さんと訪れた十勝川では、白鳥の群れに出迎えられた。
これから南へ向かうのだろうか、気温は-1℃を示している。
d0075843_12355436.jpg

前回訪れたときに比べると、極端に反応が悪いまま下流域から上流域へと彷徨うけれど、、反応の悪さは変わらない。
考えうるポイントを相談した結果、2人にとって比較的相性の良い支流合流付近に入ることにした。
大まかに4つのセクションに分かれるそこを、すべてじっくりと流すことは日没までの残り時間を考えると無理だろう。
せめて2つのセクションは流してみたい。
d0075843_12465844.jpg

最初のセクションではXSのホウライ鱒が顔を見せてくれたけれど、何故かしっくりこない。
バイトの感触なのか、やり取りの物足りなさなのか。
もやもやした気持ちのまま、2つ目のセクションに釣り下った。
d0075843_12543083.jpg

d0075843_12544364.jpg

最初のセクションで度重なる根掛かりを繰り返していたmasa1st1956さんの姿を僕はしっかり見ていた。
そして2つ目のセクションでも徹底的に底を流しているmasa1st1956さんのロッドが大きく撓った。
この日の状況を考えるとベストと言えるグッドサイズレインボーが、十勝川のレインボーらしく大ジャンプ。
数々の経験を重ねたmasa1st1956さんにとっても、納得のいく1匹だったに違いない。
d0075843_1342460.jpg

日が翳りそろそろ終わりという時、僕がキャストした7gスプーンに反応があった。
対岸のブッシュ下に沈んでいったルアーを更に沈み込ませるために、ロッドティップを高い位置に保ちながらラインを送り込んだ。
クククッと微かな手ごたえを感じ思い切りロッドを合わせるも、ラインのスラックが多くて確かな反応が得られない。
きっとみっともない格好だったと思うけれど、追い合わせも何度も入れると確かな手ごたえをロッドを握る手に感じた。
d0075843_13153222.jpg

綺麗なSサイズのレインボー。
一日の最後を締めくくるに相応しい、イメージ通りの納得のいく釣りができた。
いや、前回北の本流で今年最後と思っていたレインボーの釣りが、今回最後に延びたわけだから今年最後を締めくくると言ったほうが正しいと思う。
来月にはアメマスの釣りでまた訪れることになる十勝川に感謝しつつ、僕たちは帰路についた。
[PR]

by abu-z4 | 2015-10-25 13:29 | 釣り | Comments(8)
2015年 10月 20日

Nothing happened

何も起きなかった。
ググッともピクッとも、勿論ガツンとも。
d0075843_10222510.jpg

日曜と月曜を北の本流で過ごした。
おそらく僕のレインボー釣りは、これが今年最後になるだろう。
条件としては、十勝の方が良いのは分かっている。
水位が高く若干の濁りで厳しい条件なのは十分承知の上だった。
d0075843_102867.jpg

d0075843_10311393.jpg

それでも、ここまで反応が無いとは・・・・・・
日曜の午前中は、正直なところヘコンでしまった。
土曜から北の本流入りしていた仲間とは午前中で別れ、午後からは一人。
仲間からの情報をもとに、初めてのポイントへ向かった。
d0075843_1036443.jpg

水位が高く濁りも入り足元が確認しづらく、その上岩盤が続く岸際は、何処にスリットがあるか分からないし
急激に深くなっているかもしれない。
慎重を期しながらも、考えうる全ての事を試してみた。
d0075843_10402638.jpg

翌日は、未明に北海道入りした友人と行動を供にした。
心強さを得た僕は、前回楽しませてくれたポイントへ遡行を試みることにした。
昨日より水位は下がったとは言え、前回よりも40cm程高い強い流れを300mいや500mほどを、つま先で底を確認しながら一歩ずつ進む。
ようやく辿りついた頃には、腿はパンパンになり股関節に痛みが走る。
d0075843_10485723.jpg

限られた時間と体力と持てる力の全てを使い、出来るだけの事ははやった。
これ以下が無いほど悪い結果だったけれど、不思議と「やりきった感」が僕を穏やかな気持ちにしてくれる。
「きっと来年はもっと良い釣りが出来るはず」などと、僕は何ら根拠の無い事を思い浮かべるのだった。
[PR]

by abu-z4 | 2015-10-20 11:01 | 釣り | Comments(8)
2015年 10月 12日

秋深まる十勝川

ガサガサからバキッバキッとかパキッパキッという音に変わった。
藪漕ぎの足音。
緑に覆いつくされていた森は、いつの間にか黄色に占領されている。
d0075843_8105070.jpg

水位・濁り共に心配したような事は全く無かった。
見る限り、ベストコンディションと言っても良いぐらいだ。
d0075843_8213234.jpg

しかし、反応はすこぶる悪い。
1ヶ月前に比べるとバイトは少ないし、たまにショートバイトを感じるだけ。
きっと、岸際の弛みやストラクチャーの陰でジッとしているに違いない。
d0075843_828124.jpg

d0075843_951613.jpg

こんな時は、ルアーをじっくりと見せるのが良いと思う。
ストップ&ゴーのテンポを極端にスローにしてみた。
ストップの間は、流れの力を利用してルアーをヒラヒラとアクションさせ十分なバイトのタイミングをつくる。
ゴーもリトリーブの距離は少しだけにして、イライラしたレインボーが思わずバイトしてしまう事をイメージした。
d0075843_8375140.jpg

d0075843_838473.jpg

餌となる虫たちが少なくなった今、魚たちが日中流れの中心付近に出てくる理由もないのだろう。
むしろ気温が下がり弱った虫たちが、岸際に落ちてくるのをジッと待ったほうが安全だとも思う。
d0075843_8453012.jpg

とにかく全てがスロー。
流れのスピードもリトリーブスピードもアクションもスロー。
もしかしたら、魚の動きもスローなのだろうか?
d0075843_8515020.jpg

d0075843_852667.jpg

おそらく、今年最後になると思う十勝川のレインボー釣行。
望んだLサイズはおろか、グッドサイズのMに出会う事もできなかった。
だけどイメージ通りに反応してくれた、小さめのMサイズレインボーがとても貴重に思う週末だった。
d0075843_941225.jpg

[PR]

by abu-z4 | 2015-10-12 09:07 | 釣り | Comments(8)