<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 28日

あと2cm

d0075843_2113967.jpg

こんなタイトルは付けたくないのだけれど・・・・・・
d0075843_20254820.jpg

土日は1年半ぶりとなる北の本流へ、、車中泊を決め込み出かけた。
最初に入ったお気に入りのポイントは、水位が低いとはいえ岩盤のスリットには砂利や砂が埋まり、明らかに浅くなっていた。
最後のセクションでやっと掛けたLサイズは、2度目のジャンプで敢え無くフックアウト。
厳しい釣りの始まりだった。
d0075843_2040847.jpg

ポイントを移動して彷徨うけれど、先行者がいたり水位が低すぎて釣りにならなかったり・・・・・・
そろそろお昼時というときに、偶然友人の車を発見し同行させてもらう事にした。
初めてのポイントを案内してもらう。
あっさりと友人はMサイズ・Lサイズとたて続けにレインボーを釣ってしまった。
僕はというとショートバイトを何度か感じた後、1匹のアメマスに出会うのがやっとだった。
でも、友人と会わなければ何も釣れなかったんだろうなぁ。
d0075843_20581191.jpg

その後も日没まで友人の後をついてポイントを移動したけれど、僕には何も起こらなかった。
こんな事もあると予想していたとはいえ、心身ともに疲れる初日だった。
d0075843_21165730.jpg

夜、北の本流に来ていた仲間4人が集まり、アルコールも入りリラックスした時間は、疲れた体を十分に癒してくれた。
「1日1匹」とつぶやいてみる。
d0075843_21274367.jpg

翌日、4:30に車の窓をノックする音で目覚める。
昨晩決めた目的のポイントへ4人揃って向かった。
それぞれが準備をしている最中、僕が何気なく吐いた言葉「60歳になったから60cmが釣れるといいなぁ」。
こんなこと言わなければよかった。
d0075843_21295087.jpg

ここを案内してくれたのは初日とは別の友人
メソッドは教えてもらったけれど、まずは彼の流し方を観察する。
かなり送り込んでる印象だ。
前日お気に入りの7gスプーンを全部ロストしてしまった僕は、10gでいきなり沈めるのではなく5gで送り込むことに決めた。
そして前日のブレイクはドラグの調整が緩かったと考え、今日はかなりキツ目にした。
d0075843_21384845.jpg

ルアーは、教わった場所に着水し教わった場所に沈みこんで行った。
グググン、思い切りロッドを合わせた。
一瞬水面を割って姿を現した魚体は、全体的にシルバーに見えた。
きつめに調整したドラグは、大きな走りを許さないけれどフッキングは確実だと思った。
後はフックとラインとロッドを信じて、時折ジジジィと短いドラグ音を聴きながら慎重に引き寄せるだけだ。
d0075843_21503860.jpg

友人がランディングしてくれたネットには、レッドバンドとレッドチークが鮮やかなレインボーが納まっていた。
滅多にサイズを測ることはないのだけれど、もしかしたらと思いスケールを当ててみる。
思わず「あと2cm」、また余計な事を言ってしまった。
仲間からは、祝福と同時に「これで今回のブログタイトルは決まったね」と言われてしまった。
d0075843_21583342.jpg

僕は「1日1匹」にしようと思っていたのだけれど、みんなに従うことにした。
初日の1匹も2日目の1匹も、彼等がいなければ釣れなかったのだから。
最近は、タイトルが「抜け駆け」だの「独り占め」だの、イメージが「嫌なやつ」になるんじゃないかとちょっと心配している。
d0075843_2223571.jpg

今回使用したABU ambassadeur 5000C は、先輩のNAKAさんから頂いた物。
仲間の助けもあり、やっと5000Cに相応しい魚を釣る事ができました。
この釣果を、NAKAさんに捧げたいと思います。
[PR]

by abu-z4 | 2015-09-28 22:32 | 釣り | Comments(8)
2015年 09月 17日

Unbelievable

会社から有給休暇消化を勧められ、水・木曜の休暇が突然決まった。
勿論、1日ぐらいはフィールドへ足を運びたい。
LLサイズを「横取り?」に、北の本流も考えてはみたけれど、Yunさんに相談すると「濁りも水位も状況は厳しいだろう」とのこと。
性悪な僕でもLLサイズを釣るような技量は持ち合わせていないので、今回は北を諦め十勝川へ再び「独り占め」に向かった。
d0075843_10164935.jpg

勝手気ままな一人釣行、急ぐ事もないので今回も一般道を走った。
日勝峠の頂上は3℃到着した最初のポイントは7℃と、かなりの冷え込みだ。
きっと水温も下がり、コンディションは良いんじゃないかと期待感は高まる。
d0075843_1022115.jpg

しかし、信じられないと言うか不思議な事もあるもので、最初に入った合流ポイントでは、上流側の岩盤・砂利浜・正面岩盤・合流正面の4つのセクション全て1匹だけしかレインボーは姿を現さない。
しかも、バイトはその一回のみでサイズはXSとSばかり。
続いて入ったYunさんポイントも、上・下2つのセクションでそれぞれ1バイト1フィッシュのSサイズ。
更にアミーゴポイントでも、上流の瀬・倒木中州・アミーゴ3つのセクションで同じ事が起こってしまった。
ただ、芽室市街近郊のポイントでは、1バイトはあったもののフッキングは出来なかった。
d0075843_10382474.jpg

体力と時間の許す限り何度も流してみたけれど、結果は同じ。
最近は、少し分かったような気になっていたけれど、そう甘くはないようだ。
1匹だけしかいない、なんてことはありえないし・・・・・・・
ハイシーズンを前に、タックルもメソッドも迷ってしまいそうだ。
d0075843_10471942.jpg

とはいえ、楽しくなかったのか?と問われれば、決してそういうわけではない。
たとえ1匹だけでも、何度も何度も流して出会えた1匹。
バイトの瞬間は、サイズに関わらず興奮する。
d0075843_10522611.jpg

休まずキャストを続けたせいか、左脇腹が痛い。
無理せずゆっくり帰ろう。
日勝峠で道路工事のため手旗信号を待っている間、次にこの大地を訪れるのはいつになるのだろう、とぼんやり考えてしまった。
[PR]

by abu-z4 | 2015-09-17 11:06 | 釣り | Comments(2)
2015年 09月 14日

ひとりじめ

初日はYunさんポイントに始まり、andieloopさんポイント、芽室市街地付近、最後にアミーゴポイントと、何処も釣り人は僕一人だった。
だから今回のタイトルは、moolyさんが提供してくださった「独り占め(ひとりじめ)」。
d0075843_19155937.jpg

峠の雨が嘘のように、十勝は夜明けを迎えた。
友人達は皆、北の本流へ向かった。
今日は一人十勝川車中泊、のんびり行こう。
はっきりとした理由は無いけれど、いつもとは違うポイントから始めたい。
d0075843_19355681.jpg

d0075843_19361328.jpg

僕にとって初めてのイトウは、意外なところで出会う事になった。
僕が釣れるのだから、既に十勝川では珍しい存在ではないのかもしれない。
とにかく重かった。
AngloのParagonPRB743Hは、リールのドラグ調整がきつかったせいもあり本当に折れるかと思った。
レインボーで言えばLサイズだけれど、イトウだと小さめのMといったところだろうか。
d0075843_19493385.jpg

僕も疲れたけれど、イトウはもっと疲れたのだろう。
5分ほど支えていたら、やっと流れに戻ってくれた。
嬉しかった。
d0075843_1952687.jpg

だけど直ぐに欲が出てしまう、「あれがレインボーだったらなぁ」。
欲張りの僕を慰めてくれたのは、Mサイズのレインボーだった。
d0075843_2013249.jpg

その後も数匹のSサイズレインボーが顔を見せてくれた。
やり残した事はあるけれど、2日目は会社の元同僚と合流する予定だからそれは明日にしよう。
ちょっと疲れ過ぎてしまった。
d0075843_2011778.jpg

合流した2日目、昨日最後に入ったポイントへ向かった。
Sサイズ、Mサイズのレインボーが、ポツポツ姿を見せる。
水位が低い時でなければ試せない、昨日やり残した事を試してみる。
あああぁー・・・・・・
d0075843_20184556.jpg

もっとイトウと出会えた事を喜ばなければいけないのかもしれない。
でも、やはり僕はレインボーが好きだ。
あのスピード感のある走りが好きだ。
ハラハラさせる、ダイナミックなジャンプが好きだ。
見事なプロポーションと美しさが好きだ。
d0075843_20225477.jpg

僕が最も印象に残ったのは、初日芽室市街地付近で感じた力強いバイトのフッキングに失敗した事と、2日目に試したメソッドでようやく掛けたLサイズを、1度の大ジャンプで逃げられてしまったことだった。
僕は更に十勝川にハマッていくのだろうか。
それとも気分一新、北の本流へ向かうべきなのだろうか。
[PR]

by abu-z4 | 2015-09-14 20:39 | 釣り | Comments(11)
2015年 09月 06日

抜け駆け?

夜になってまた降り出した雨は、微かな望みを抱いた十勝川も諦めさせることになった。
金曜の夜に仲間と相談し、土曜の釣りは中止に決まった。
我が家の土曜日の朝のタイムスケジュールは、平日と同じと決まっている。
というか、決められている。
中止が決まった朝も、いつも通り6:30に起床した。
寝ぼけ眼のまま、何気なく携帯で十勝川の水位を見てみた。
「オオッ、まだ少し水位は高いけれど何とかなりそうだ」早速仲間にメールを送信して待ったけれど・・・・・・
d0075843_15265974.jpg

ゆっくり一般道を走り、11時に到着した。
6時間以上はできる。
コンビニで軽い昼食を済ませ川に入った。
確かに濁ってはいるけれど、この程度なら何度か経験はあるし水位も心配するようなレベルではない。
d0075843_15332643.jpg

いつものポイントでいつものパターン、直ぐに反応がある。
やはりいつものように派手なジャンプを繰り返すMサイズ。
考えの甘い僕は「今日はイイかも?」などと思ってしまう。
d0075843_15395875.jpg

3キャスト1ステップダウン、丁寧にしつこいほどキャストし続けた。
しかも、それを2ラウンド。
結局その後1度だけバイトを感じたものの、後は何も起こらず終わった。
まだ3時、もう一箇所くらいは行ってみたい。
友人からのメールを参考に、アミーゴポイントへ移動することにした。
d0075843_15494958.jpg

急にに辺りが暗くなり、雨の予感。
急がなくちゃ。
苦手なアミーゴをじっくりと試してみたい。
d0075843_8494060.jpg

d0075843_15533729.jpg

心配した雨は、雨具の必要が無いほどのパラパラ程度で過ぎ去った。
急遽駆けつけた友人が合流した頃には、秋らしい風が木々を揺らし青空も顔をのぞかせる。
でも、何故か水温は高く20℃以上はありそうだ。
d0075843_1622771.jpg

アミーゴでも3キャスト1ステップダウンのテンポで釣り下る。
魚が小さいのか、それとも枯葉でも当たっているのだろうか、明確なバイトは感じられないまま1ラウンドが終了した。
いつもだったらここで諦めてしまうのだけれど、1ポイント一匹が最近の僕の目標、2ラウンド目に入ることにした。
今度は10gから13gのスプーンに変更し、より深く対岸側を底を這うように流してみた。
d0075843_1672132.jpg

なんとか出会えた1匹はアミーゴサイズではなかったけれど、やっとMサイズに届くこれまた派手なジャンプを繰り返す元気なレインボー。
これでも僕がここで出会えた過去最大のサイズ、十分に満足。
アミーゴサイズに出会うことを、今後の目標にしたいと思う。
山に陽が落ち、今日の釣りの終わりを告げる。
d0075843_16225771.jpg

結果的には「抜け駆け」のようなかたちになってしまったけれど、仲間の皆には許して欲しい。
どうしても行きたくなってしまった。

昼は軽めに済ませたから、夕飯は「みしな」で「ヒレカツスパ」を食べる事にしよう。
そして夜のワインディングロードを楽しみながら帰ろう。
[PR]

by abu-z4 | 2015-09-06 16:37 | 釣り | Comments(8)