Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 31日

知床そして湧別川

僕自身、今回が最後と決めて臨んだ知床への釣り旅は、予定通りにはいかなかったにもかかわらず、参加した全員が終始笑顔の絶えない楽しい旅となった。
d0075843_19104126.jpg

d0075843_1911521.jpg

夜明け前は、まだ8月だというのに寒さに震えた。
ゆっくりと知床の自然に包まれながらロッドを振ることは出来なかった。
少しだけ時期が遅すぎたのか、フレッシュなカラフトマスに出会うことができなかった。
思い通りに行かないことが数々あった。
d0075843_19181798.jpg

d0075843_19183911.jpg

だけどそれらは、それほど大きな問題ではなかった。
予想外の事が起きたって、楽しく過ごす術を僕たちは持ち合わせていた。
みんな、問題を貴重な体験と捉える心の余裕も持ち合わせている。
d0075843_19265424.jpg

d0075843_19271024.jpg

国後島の真上の満月がを照らす海原は、「美しい」の一言に尽きる。
予定した場所とは少々違っても、ここは非日常の世界。
美味しい夕食とアルコールは、時間を忘れ会話を弾ませる。
僕は全員の笑顔を思い出す事が出来る。
僕が知床への旅で一番楽しみにしていたのは、こんな時間なのだと思う。
d0075843_20493243.jpg

d0075843_21163927.jpg

少し寄り道をして帰った。
湧別川に寄ってみた。
サイズは小さかったけれど、レインボーが数匹顔を見せてくれた。
d0075843_20581069.jpg

d0075843_20582785.jpg

こうして僕の知床への最後の旅は終わった。
世界自然遺産である知床が、あの圧倒される自然の姿を残し続けて欲しいと願っている。
d0075843_21101632.jpg

[PR]

by abu-z4 | 2015-08-31 21:17 | 釣り | Comments(14)
2015年 08月 23日

諦めないことは大切だけど、時には・・・・・・

何度テレメーターを確認してみても、北の本流も十勝も状況は悪いまま。
オホーツク海へカラフトという手もあるけれど、あまり良い情報は聞こえてこないし、次週は知床への旅が待っている。
友人と相談の上残った選択肢は、2週続けての尻別川。
d0075843_1847412.jpg

空高く帯状に伸びたウロコ雲は、夏がもうじき終わる事を告げている。
そして変わりやすい天気をも意味している。
d0075843_1943170.jpg

先週に比べ濁りの少ない川の流れに、期待感は高まる。
しかし、期待に反して最初のポイントで反応してくるのは全てウグイ。
いったいどれだけの数のウグイが溜まっているのだろう。
d0075843_199042.jpg

早々に見切りをつけ、瀬から続くやや流れの速い100mほどのランに移動した。
開始直後にあった反応は、次から次へと下ってくるカヌーやカヤックの数が増すごとに減って行き、とうとう無反応になってしまった。
こればかりはしょうがない、移動するのが賢明なようだ。
d0075843_19225420.jpg

朝1番には先行者がいて諦めたポイントを覗いてみると、無人状態。
これは良いタイミングということなのか、それとも状況が悪く移動してしまったのか、はたまた多くの釣り人が楽しみ尽くした後なのか。
刻々と移り変わる空模様を気にしつつも、丁寧にキャストを続け釣り下った。
d0075843_19504724.jpg

この日、ようやくそれらしきバイトを感じて慎重に引き寄せた魚は、期待したレインボーではなかったけれどホッと胸を撫で下ろす一匹。
先週友人と共に楽しんだプライムスポットは、もう少し下流に位置している。
しかし高まる期待とは裏腹に、全く魚からの反応は得られないまま下り終えてしまった。
徐々に迫り来る雨雲に追い立てられるように、僕たちは重い足取りで車に戻った。
d0075843_19571492.jpg

きっと今までの僕だったらここで諦めていただろう。
僕の気持ちを察してか、降り出した雨にもかかわらず友人は最後のポイントへ移動してくれた。
しかし僕たちが得られたものは、びしょ濡れになった上半身と十勝川MAXとは全く別質の強い疲労感と脱力感だけだった。
d0075843_19314347.jpg

[PR]

by abu-z4 | 2015-08-23 20:20 | 釣り | Comments(0)
2015年 08月 16日

尻別川のSサイズ

40cm以上のレインボーを、Mサイズとかグッドサイズなんて仲間内では表現している。
50cm以上になるとL、60cm以上はLL、70cmではモンスターなどと言っている。
じゃぁ、40cm以下はどうなるんだろう。
小型などとまとめてしまうのはいかがなものか。
今までの表現方法に倣えば、30cm以上はSサイズ、それ以下はXSといったところか。
d0075843_1933582.jpg

誰だって、サイズは大きい方が嬉しいに決まっている。
でも、嬉しさがサイズに比例するとは限らない。
土曜日、濁りのきつい尻別川でたった一匹だけ出合うことができたレインボーは、ただ「Sサイズのレインボー」と言うだけでは表すことのできない嬉しい一匹だった。
d0075843_19284219.jpg

朝1番に入ったポイントでは、全く生命反応を得られずに終わった。
とにかく濁りがきつすぎる。
いつもは何らかの反応が得られる対岸付近も全くの無反応。
d0075843_19301061.jpg

2番目のポイントでも反応は芳しくない。
相手にしてくれるのはウグイだけ。
1度だけアメマスと思しきヘッドシェイクを感じたけれど、微かに薄茶色の背中を確認出来ただけで逃げられてしまった。
ボルテージは下がる一方でランチタイムを迎えた。
d0075843_19292173.jpg

午後からは、朝一番に入った対岸を釣り下ることになった。
対岸とは言え、全く反応が無かった朝の事を考えると、正直なところあきらめムードでキャストを開始した。
思った通り何事も起こらないまま中間ポイントまで下りてきてしまった。
この日は、何故か友人の背中を眺めながら釣り下る時間が多かった。
いつも通り黙々と振り続けている。
よくこんな濁りの中で集中力が途切れないものだなぁ、などと感心しながら後姿を見ていると、朝1番の後「あそこは深くて川通しに歩けなかった」と言っていたのを思い出した。
あそことは、正に僕が立っている真正面。
d0075843_19545027.jpg

僕のキャストした7gスプーンは、吸い込まれるように対岸の深みに沈んでいった。
きっとそこに潜んでいたのだろう。
ヒラヒラと流芯に向かって流れていったスプーンが突然動きを止める。
グ、グ、グン・・・・・バシャーン、バシャーン2度のジャンプの後、あっけなくやり取りは終了し、フックの無いルアーだけが戻ってきた。
スプリットリングからフックのアイ部分が外れたようだ。
なんてこったぁ、情けない自分に腹が立つ。
こんな厳しい条件の中で、またチャンスが訪れることはないだろう。
上向きかけた気持ちも一気に落胆と諦めに代わる。
d0075843_19281866.jpg

その後間もなくバシャーンという大きな音とともに、黙々とキャスト続けていた友人のロッドが撓る。
体高豊で綺麗な魚体は、Sサイズと言う表現が適切だとは思えない。
僕はそんな様子を見て、残り僅かとなったランを最後まで集中してキャストすることにした。
そして2度目のチャンスがやってきた。
[PR]

by abu-z4 | 2015-08-16 19:36 | 釣り | Comments(4)
2015年 08月 09日

十勝川MAX

Yunさんの表現を拝借すれば、タイトルのようになる。
いつものお気に入り上流ポイントをランタン片手に未明から始まり、その後中流域を堪能し、イブニングは再び上流ポイントに舞い戻り日没まで楽しみ尽くす。
d0075843_17354932.jpg

d0075843_1736829.jpg

d0075843_20343633.jpg

朝方は14℃まで冷え込み、真夏の十勝にしては涼しいとは言え、日中は27℃まで上昇する。
連日の猛暑で寝不足が続いたせいか、寒暖の差は老体に堪える。
それでも、沈み気味だった釣り意欲は、ここのところ右肩上がりに上昇中。
キャスト・キャスト・キャスト・・・・・・・
d0075843_17523324.jpg

d0075843_17525926.jpg

d0075843_20345542.jpg

集中を切らさずキャストを続けたせいか、レインボーからの反応は悪くなかった。
試してみたメソッドやタックルは、今後の釣りに変化をもたらすものかもしれない。
ゆっくりであったとしても、幾つになっても上達はできるものだと期待したい。
d0075843_18144522.jpg

d0075843_18153349.jpg

「ここが痛い、あそこが痛い・・・・・・・」お年寄りの口からよく耳にするけれど、そろそろ僕も仲間入りなのか。
「指がしびれる、吐き気がする、腰が痛い、肩が痛い、頭が痛い・・・・・・」土曜日に僕が吐いた言葉の数々。
「十勝川MAX」、こんな僕をも夢中にさせる素敵な1日。
d0075843_18291350.jpg

d0075843_1829359.jpg

d0075843_18314853.jpg

[PR]

by abu-z4 | 2015-08-09 18:32 | 釣り | Comments(8)
2015年 08月 02日

イイような悪いような・・・・・・

金曜日、急に有給が取れることになった。
本流は何処も良い状態とはいえないけれど、その中でも十勝川が最もマシな状態に思える。
ここのところロストしてしまったルアーを買い足していないけれど、使えそうなルアーをケースに放り込み、車中泊の準備をして十勝へ向かった。
d0075843_9322995.jpg

フィールドに到着した時、既に時計の針は5時をまわっていた。
朝もやに包まれた本流は、結構な濁り。
淡いグリーンがやや乳化したような色の流れは、膝下がようやく確認出来る程度。
大まかに3セクションに分かれるポイントの中間セクションに入り、反応が無ければ早々に退散しようと思いながらキャストを開始した。
d0075843_9392092.jpg

気持ちが盛り上がらないままキャストを続けていると、ピックアップ寸前でチェイスを確認するけれど小さい。
その後直ぐにバイトがあるものの、スモールサイズのレインボーにジャンプ一発で逃げられてしまった。
ここで止せばいいのに先週と同じ間違いを犯してしまった。
フッキングは良いけれど、強度に問題のある、おそらく管理釣り場用の細身のフック。
そんな時に限ってグッドサイズがバイトしてくる。
感覚的には目の高さまでジャンプをしたレインボーは、2度目のジャンプで見事フックを外してしまった。
と思った・・・・・・
だけど回収したルアーを良く見ると、フックが伸びている。
ああぁぁぁxxxx
d0075843_949544.jpg

でも魚は居るし反応もあるのは分かった。
気を取り直し、朝露に濡れた藪をコギコギ上流側のセクションに移動した。
先々週のグッドサイズを再び求め、最初の立ち位置を探り右足を一歩前に踏み込んだ。
ああぁぁぁxxxx底がない~
背中側から入り込んだ水はお尻を伝いウェーダーの両足にたっぷりと入り込み、岩盤に左手を突いて這い上がった上半身もビショ濡れ状態。
d0075843_1091570.jpg

自分でも良く分からないけれど、何も無かったと思い込みたいからなのか直ぐにキャストした。
先々週と同じポイントで同じようにレインボーが顔を見せてくれたけれど、やや物足りないサイズ。
先々週はその後連続してグッドサイズが出てくれたので、今回も期待をこめて2投目をキャストした。
ググッン、ウ~ン先々週と同じパターンだと思ったのは一瞬の出来事。
フッキングは失敗しその後は沈黙が続いた。
d0075843_10183388.jpg

やっと我に返った僕はビショ濡れ状態なのを思い出し、周囲を確認しながらパンツ一枚になり出来る限りの水分をウェーダーから抜いた。
でも、上がり始めた気温と異常に高い湿度、気持ち悪ぃー。
諦め気分のまま釣り下る事の出来る最後の場所に立ち、ダウンクロスでド派手なピンクの7gスプーンをキャストしてみた。
何事も起こらないままルアーは僕が立つ下流側に流れ、そして漂っている。
ゆっくりリトリーブをしては漂わせることを続けて何度目だったろうか。
d0075843_10333554.jpg

小さなアタリに軽くアワセを入れてみると、想像とはまるで違うLLサイズのレッドバンドも鮮やかな体高豊かなレインボーが特大ジャンプ。
口にはド派手なピンクのルアーが確認出来た。
その後3度のジャンプを何とかしのいだ後、徐々に距離を縮め動きが落ち着いたと思ったその時、またも5度目のジャンプ。
そろそろネットを握ろうと思っていた僕の目の高さで、レインボーの口からルアーが外れるのが見えた。
5m程の距離で起こったそれは、スローモーションのように目に映った。

午後から黙っていても汗が流れるような中、先々週に引き続きtoritoriさんがお付き合いして下さった。
イブニングはmasa1st1956さんと暗くなるまで楽しみ、初めて入ったお店では思いがけない美味しさのジンギスカンで夕食を楽しんだ。
土曜に十勝入りしたYunさんmaximizer828さんとも降り出した雨の中お会いでき、昼食も共にできた。
だから良い二日間だったのだと思う。
きっとそうだと思う。
[PR]

by abu-z4 | 2015-08-02 11:07 | 釣り | Comments(6)