<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 27日

8lbor12lb

26日の土曜日は、珍しくshuさんと2人で十勝川の支流を訪れた。
時々小雨がパラつく中、準備を始める。
取り出したロッドはAngloのParagonPRB743、さてリールはどうしよう・・・・・・
使い慣れた4500Cには明らかにオーバースペックの12lb、数年前に購入したまま前々回の釣行まで使わず仕舞いだった2500Cには8lbのナイロンラインを巻いてある。
迷った挙句、僕は後者を手にしフィット感に欠けるPRB743に装着した。
d0075843_195558.jpg

久しぶりに見るshuさんのオーバーヘッドキャスト。
2人で釣り歩いていた頃は何度も目にしていたはずなのに、何だか新鮮な感じがする。
そういえば10年ほど前にも2人でこの川を訪れたことがあった。
あの頃は#3ロッドでドライフライを流していたんじゃなかったかな。
d0075843_2082266.jpg

期待と予想に反しレインボーからの反応は薄く、バイトしてくるのは好奇心の旺盛な小さなレインボーばかり。
まったりとした時間が続き、ボルテージは下降線を辿る。
2つ目のポイントに移動し、そこがダメだったらこの川を終了しお昼にしよう。
そしてドライブがてら回り道をし、良さそうな所があったらロッドを出してみよう、ということになった。
d0075843_20182528.jpg

2週間前に訪れた時に水位が高く流れも速すぎて諦めたポイントは、数年前から毎年訪れているお気に入りのポイント。
中型のレインボーが1日に何匹も僕を楽しませてくれたこともある。
去年の大水で随分流れが変わってしまったけれど、相変わらず瀬尻の深い落ち込みは、複雑な流れと大きな倒木のせいでキャストポイントに悩まされる。
d0075843_20294267.jpg

何匹かの小型レインボーの反応はあった。
僕は落ち込みの下流に立ち、アップで倒木の脇に7gスプーンをキャストし、ラインスラックを多めにして根掛かり覚悟で沈めた。
ヒラヒラと流されてくるスプーンを更に沈み込ませるために、リトリーブは最小限に留めロッドを高く持ち上げラインにドラッグが掛かるのを抑えた。
多分十分に沈んだであろう7gスプーンは、僕の前を通り過ぎ下流に流れやがてラインにテンションがかかる。
その瞬間今までとは格段に違う強烈なバイト、そして止まることはあっても一度もラインをリールに巻き込むことが出来ないままジリジリとラインは出ていくばかり。
約30~40mほど下の瀬頭にうっすらと魚体が確認できるけれど、その下の瀬は幅が狭く流れも早くそして深い。
残された道はドラグを締め込み、強引に引き寄せるしかない。
次の瞬間、フッと全てのテンションが失われラインはユラユラと水面に漂う。
頭の中は一瞬のうちに様々な思いが駆け巡り、今朝リールの選択を迷ったことを思い出す。
使い慣れた4500Cには・・・・・・・・・・・
[PR]

by abu-z4 | 2012-05-27 21:12 | 釣り | Comments(4)
2012年 05月 21日

釣りの楽しみ

勿論、釣りに行くからには目的の魚に出会いたい。
それがグッドサイズだったりすると、最高に嬉しく楽しい釣りになることは間違いない。
でも、僕にとって楽しい釣りとは、他の釣り人とのふれ合いも含まれる。
多くの釣行が同行者を伴うのもそのためだ。
d0075843_19314429.jpg

はっきり言って土曜日の釣行は、ほぼノーフィッシュと言ってよい結果に終わった。
でも、この満足感は何なのだろう。
d0075843_1934521.jpg

ここのところ何度かご一緒する機会があったルアーマンのYさん。
今回は彼と2人でオホーツク海に流れる川とそのダム湖で1日を過ごした。
往復の車中、地図やガイドブックを開きながら、とりとめのない会話がなんとも心地よい。
特に、さしたる釣果も得られず帰りに夕飯を食べることになったにも拘らず、その時の会話はいつまでも続けたくなるような楽しいものだった。
d0075843_19423953.jpg

そしてもう一つの釣り人とのふれ合いがあった。
どこに行って良いのか分からず困り果てていた僕たちに、地元のフライマンがポイントを教えてくれた。
名も告げず去っていったフライマンは、すぐに戻ってきた。
なんと、僕たちをポイントまで案内してくれるという。
d0075843_19523547.jpg

そこは確かに素晴らしい流れだった。
こんなことは初めてだったので、ただ唖然としていると、僕たちの安全を気遣う言葉を残しフライマンはクルマに乗り込む。
僕たちは去って行くクルマのサイドウインドウに向かい、お礼のお辞儀をすことこしか出来なかった。
d0075843_2031977.jpg

生憎、その魅力的なポイントでもタイミングが悪かったのか、僕たちが未熟なためなのかは分からないけれど、目的の魚に出会うことはできなかった。
でも、ハイシーズンにまた訪れてみようと思う。
大好きな虹鱒との出会いを求めて・・・・・
[PR]

by abu-z4 | 2012-05-21 20:17 | 釣り | Comments(2)
2012年 05月 14日

釣れない日々

連休最後の5月6日、一人あてもなくクルマを走らせた。
随分遠回りしてたどり着いた先は支笏湖。
d0075843_19372615.jpg

5%の期待と95%の諦め。
集中力は3時間しかもたなかった。
d0075843_19393672.jpg

5月12日は生憎の荒れ模様。
翌日の日曜日にドライブがてら友人と十勝川の支流に入った。
d0075843_19415348.jpg

水量も弱い濁りも予想通り。
これは期待できる、と思った。
d0075843_19431596.jpg

予想に反して魚からの反応がないまま時間が過ぎていく。
やっとおとずれた2度のチャンスも、フッキングに失敗してしまう。
逃した魚は大きいというけれど、間違いなく小さかったと思う。
d0075843_19471966.jpg

ああ、また早く釣りに行きたい・・・・・・・・・
[PR]

by abu-z4 | 2012-05-14 19:52 | 釣り | Comments(5)