Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 25日

アマガエルからの贈り物

直前にサーモンの死骸を見たせいか、この重くて力強い走りは、残念ながらサーモンに違いないと思う。
僕は本流としては短めのロッドをいたわるように慎重にやり取りを開始した。
d0075843_1424376.jpg

d0075843_14244931.jpg

金曜日、朝一番に入ったのは、Yunさんshuさんと何度も訪れたことのあるお気に入りのポイント。
先週はYunさんと2人で訪れたけれど、3人で来たのは久しぶりだ。
いつものように1列に並び畦道を本流に向かって歩く。
増水で河畔の草木がなぎ倒され、いつもの入渓ポイントよりも上流が見渡せる。
僕はなんとなくいつもより上流から入渓してみたくなった。
ひょっとしたら準備しているときに見かけたアマガエルが、僕にそうするように教えてくれたのかもしれない。
数年前3人で訪れた時と同じように・・・・・・・
d0075843_14252522.jpg

そろそろ姿を確認したくてロッドを起こすと、今度は上流に向かって走り始めた。
そんなことを2・3度繰り返しただろうか、しびれを切らし少しドラグを締め込み強引にロッドを起こすと、ゆっくりと魚は浮かび上がり徐々にその姿を現す。
「レインボーだ!」思わず叫んでしまった。
d0075843_14254033.jpg

d0075843_1427133.jpg

確認できたのも束の間、またレインボーは潜り込み走り出す。
とても自分でランディングする自信はない。
大声で叫び下流側にいるYunさんにランディングをお願いした。
まるで数年前と同じように。
d0075843_14273478.jpg

d0075843_1428691.jpg

先日来の増水は、ここ10年間ではありえなかったような濁流となったはずだ。
生き延びているだけでも不思議なのに、ほとんど傷が見当たらず見事な体高を保っている。
僕の想像を遥かに超える逞しさを、本流のワイルドレインボーは持ち合わせているようだ。
d0075843_14282992.jpg

d0075843_1430128.jpg

その日の朝、キャストを開始してほんの30分程度に起きた事で、それが全てと言っても良いような1日だったけれど、2日後に誕生日を控えた僕に、少し早めのアマガエルからのプレゼントだったのかもしれない。
[PR]

by abu-z4 | 2011-09-25 14:42 | 釣り | Comments(14)
2011年 09月 18日

長雨

秋の本流レインボーを楽しみにしていたアングラーは、もちろん僕だけじゃなく大勢いるはず。
ところが9月に入ってからというもの、記録的な集中豪雨をはじめとする長雨に、全国の河川は多くの災害を被ることになった。
道内の河川もその例外ではなく、所によっては平常時に比べ3m以上水位が上がったところも珍しくはない。
それでも何処かでロッドを振りたい。
友人と相談した結果、近郊のいつもの本流へ出かけることにした。
d0075843_1632527.jpg

水位は予想通り高めだけれど、濁りは心配したほどではなく十分釣りができる状態だ。
d0075843_16342157.jpg

周囲を見渡すと、豪雨の爪痕があちこちに見受けられる。
くっきりと残る増水による土砂のラインは、どう少なめに見ても2mは超えているし、場所によっては3mを超えているところも数多くあった。
d0075843_16412390.jpg

底石はぬめりがなく奇妙なほど滑らず、激流により押し流されたことを物語っている。
d0075843_16441835.jpg

こんな状態になっていても、シャローには多くの稚魚が群れをなして泳いでいる。
彼らの逞しさに驚かされる。
d0075843_16465183.jpg

すっかり渓相が変わってしまったお気に入のポイントも、幸いなことにレインボーが生き残っている。
いつもだったらがっかりするような小型のものに出会っても、今回ばかりはよくこの過酷な状況を生き抜いてくれたものだと愛おしくなってしまう。
d0075843_16551763.jpg

秋のビッグサイズレインボーには程遠い釣りだったけれど、友人も僕も久しぶりに訪れた本流で十分に楽しませてもらうことができた。
[PR]

by abu-z4 | 2011-09-18 17:01 | 釣り | Comments(4)