Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 14日

先週学んだこと

初めてルアーフィッシングの話しをする相手に必ず聞かれるのは、「いつもどんな所に行くのですか?」
つまりどんな魚が対象なのかということ。
そんな時僕は決まって「本流レインボーです」と答えている。


道北の本流のレインボーは、どうやら僕が今まで出会ってきたレインボーとは少々違うようだ。
サイズだけの問題ではなく、パワーが明らかに違う。
そして持久力も勝っているように感じる。
d0075843_19494188.jpg

そんな訳で代休だった火曜日、しっかりと準備を整え一人道北の本流へと向った。
僕が気に入っている5gスプーンに付いてくるフックは、サイズは良いのだけれど強度に不安が残る。
先週のように悔しい思いをしないために、フックはサクラマス用のものに交換しスイベルはワンサイズUPした。
ラインは今までのもので問題がないと思うけれど、念のため新しいものを100m巻いた。
そして思い切りフッキングしたときに、ドラグが程よく効きながらスムースにラインが出て行くよう調整しなければならない。
d0075843_207463.jpg

先週のようなビッグレインボーに出会えることを夢見てキャストを繰り返す。
3度目になる最初のポイントでは、メタリックシルバーが眩しいほどに輝く45cmのレインボーに出会えた。
嬉しくないはずはないのだけれど、ビッグレインボーとのスリリングなやり取りは、まったく麻薬みたいなもので、一度味わってしまうとついついまたそれを望んでしまう。
d0075843_20153714.jpg

そんな僕の欲張った気持が伝わってしまったのだろうか、2番目のポイントでは20cm代のまだ薄っすらとパーマークが残るレインボーが顔を覗かせてくれただけだった。
d0075843_20314410.jpg

3番目のポイントに着く頃には、どんよりとした雨雲が空を覆い始めた。
一気に辺りは暗くなり、偏光レンズを通して見る景色は日暮れのようだ。
これまでワンポイント一匹のペースだから、ここでも一匹出会えたらなぁ、などと思いながらキャストを開始した。
d0075843_20401720.jpg

そして間もなく、今日のために準備をしてきたことが試される時が来た。
一瞬グンとティップが水面に向く、僕は反射的にロッドを立て合わせる、ジィーーーー。
弧を描いたロッドに装着されたリールからは、ドラグ音を響かせながらラインがどんどん出て行く。
握ったロッドの感触から、グッドサイズであることが確認できる。
多分20mから50mの間を、何度も近づいては走るということを繰り返した。
d0075843_20593723.jpg

10分以上の時間がたったと思う。
その間、僕はいろいろなことを考えていた。
またスイベルが伸びてしまわないだろうか、フックも伸びないだろうか、今日一度だけやってしまったバックラッシュでラインはキズついていないだろうか・・・・・・・・
そんなことを心配しているうちに、走る距離が徐々に短くなっていることに気が付いた。
少しずつ下りながら魚との距離を縮める。
50mほど下っただろうか、僕は意を決してロッドを立て魚を引き寄せた。
一瞬鮮やかなレッドバンドが目に入る。
先週逃げられてしまったレインボーほどではないけれど、なかなかのグッドサイズだ。
2度目のトライでようやくネットイン、その場にへたり込んでしまった。
体長だけで言うなら、僕が今までキャッチした最長のものと同じだけれど、そのパワーときたら間違いなく最高のものだった。
本流レインボーとは、こういうものを言うのだろうか。
[PR]

by abu-z4 | 2010-10-14 21:33 | 釣り | Comments(10)
2010年 10月 06日

伸びたスイベル

今年も9月から2月まで土曜休日は無い。
なんだか余裕の無い日が続いている。
毎週日曜日には釣りに出かけているけれど、いつもの仲間となかなか顔を合わせる機会が少ない。
そんな訳で、ブログの更新も暫くお休みしてしまった。
d0075843_2152186.jpg

                            original photo by Mr.naka



濁り覚悟で十勝川へ通っているうちに、仲間の釣りはすっかり進化してアベレージ50の世界になっていた。
僕も遅ればせながら、10数匹目のドジョウを求めて道北の本流へと向う。
d0075843_21101143.jpg

毎回レインボーは姿を見せてくれるものの、アベレージサイズまでには至らない。
それでもサイズからは想像できないほどのパワーを感じさせてくれるここのレインボーは、僕を十分楽しませてくれる。
d0075843_2114789.jpg

                            original photo by Mr.shu



d0075843_21142059.jpg

                            original photo by Mr.shu



念願のアベレージサイズに出会えぬまま、9月最後の日曜日となってしまった。
偶然shuさんYunさんと都合が合い、久しぶりにご一緒できることになった。
当然のように彼らがアベレージサイズを上回る中、パワフルでメタリックシルバーに輝く美しいレインボーだったけれど、僕はやはりアベレージには届かなかった。
d0075843_21241683.jpg
d0075843_21243255.jpg

d0075843_21441088.jpg

そして先日の10月最初の日曜日、僕はいつものロッドよりも少しパワフルなロッドを携えて道北の本流へ向った。
1投目の出来事。
二つの流れが交わる瀬尻に5gスプーンをキャストし、ややラインを送り込み沈ませスプーンを流れにのせた。
グンと小さなバイトを感じたので、ロッドに軽くアクションを加えた直後、猛烈な勢いでリールからラインが引き出された。
一瞬、水面で暴れるシルバーのビッグレインボーの姿が目に入る。
僕の心臓の高鳴りは、相当なものだったはずだ。
それでもその後は、時折ジジジッとドラグ音を響かせながらも魚は近づいてくる。
後10m程になると、また強烈なパワーでラインを引き出し走り出す。
そんなことを何回か繰り返していた。
その時もまた残り10m程だった。
ドラグをこれ以上締めこむのは、フックやラインのことを考えても危険だと思った。
グイグイグイとロッドを揺らしていたのがフッと軽くなった。
リトリーブするハンドルには、何の抵抗も感じない。
ラインが切れたと思った。
やがてラインの先についている小さな黒い物体を見て唖然としてしまった。
d0075843_21532436.jpg

その後気を取り直してキャストを続けた結果、念願のアベレージサイズに出会うことはできた。
それは勿論嬉しいことだ。
だけど朝一番のあのパワーを知ってしまった後では、心から喜ぶことが出来ない自分がいることも正直なところだ。
いつの日かまた、あんなレインボーに出会える日が来るのだろうか。
[PR]

by abu-z4 | 2010-10-06 22:03 | 釣り | Comments(2)