<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 29日

傷だらけのレインボー

いつもの仲間のほとんどは、知床へ向った。
仕事の都合が付かず居残り組となったhoriさんと僕は、土曜日の行き先を相談した結果、天塩川を上流部から徐々にポイントを探りながら下ることに決めた。
以前に訪れたことのあるポイントもあれば、2人にとって全く初めてのポイントもある。
d0075843_17564671.jpg

踏み込んだのは良いけれど、熊の足跡に恐れをなして魅力的なポイントを諦めたり。
特に決まり事もなく、気の向くまま気の向いたポイントでキャストする。
d0075843_1805934.jpg

そんな気楽さがとても心地良い。
小型ではあるけれど、どのポイントからも何らかの反応があり、僕たちを退屈させない流れが続く。
d0075843_184999.jpg

d0075843_1842650.jpg

橋の下で一休みしているうちに、ちょっと眠ってしまったようだ。
気が付くと、到着した午前5時に15℃前後だった気温は、お昼頃には25℃を超えるほどに上昇し、川に立ち込んでキャストをするだけでも気持ち良い。
ランチの前にhoriさんお勧めのポイントに入った。
d0075843_18204096.jpg

次から次へとレインボーを掛けてhoriさんのロッドは大忙し。
そんな姿を横目で見ながらキャストを続ける僕は、全く反応を得られないことに少し焦りを感じていた。
気分を変えて、いつもは使うことの少ないグリーン系のスプーンを繋いでみる。
コロコロと川底を転がりながら、ルアーは僕の真っ直ぐ下流側に流れてきた。
ゆっくりとリトリーブを開始した瞬間、押さえ込むようなアタリがハンドルに伝わってきた。
一気に下流へと魚は走り、リールからはジージージーと心地良い音が鳴り続ける。
弱目に調整したドラグ、しなやかなグラスのロッドティップ、そしてロッドを低く寝かせることで水面で暴れジャンプしようとする魚をなんとか鎮めことができた。
十分に時間をかけ慎重にランディング。
d0075843_20452391.jpg

                            original photo by Mr.hori


d0075843_1917460.jpg

ネットに収まったのは、右側のエラと左右の背中に古傷の痕が残るグッドサイズのレインボー。
体高がありヒレは全て綺麗に揃っている。
決して美しいとは言えないその魚体は、百戦錬磨のボクサーのように逞しい輝きを放っている。
痛々しい傷は今や完全に癒え、一切の同情も必要としない真のワイルドレインボー。
傷一つない美しいレインボーは確かに魅力的だが、こんな深い傷痕を残しながらも逞しく生き延びてきたレインボーは、また違った意味の美しさを秘めているように感じた。
[PR]

by abu-z4 | 2010-08-29 19:19 | 釣り | Comments(4)
2010年 08月 22日

オホーツク海へもう一度

まったく先週のオホーツク海といったら、とんでもない荒れ模様だった。
ロッドを振るどころか、持ち歩いていても危険なほどの雷に、そそくさと南に移動するしかなかった。
そんな訳でYunさんShuさんそして僕の3人は、土曜未明、再度オホーツク海のカラフトマスに出会うことを夢見て高速道路を北に向かい走り出した。
目的のポイントへ到着してみると、雲が広がり風が強いものの海はとても穏やか。
穏やか過ぎてライズも見当たらないし気配も感じられない。
d0075843_1946843.jpg

                            original photo by Mr.Shu


そんな海を30分ほどただ眺めていただろうか。
ようやくロッドを繋ぎ、Yunさんの後を歩きいつもの磯にたどり着く。
キャストを開始し、おそらく10分程経過した頃、隣でYunさんが冷静に落ち着いた声で「掛かった」と言うものだから首を振ってみると、グンニャリと彼のロッドが曲がっている。
d0075843_19561470.jpg

あまりの早さに唖然としてしまう。
まあ、彼にとっては特別なことでもないのかもしれないけれど、さすがに今年初のカラフトマスということもあって、朝日に照らされた彼の顔から笑みがこぼれる。
いつもの事ながら、彼が釣れたからといって自分も簡単に釣れるなどということは考えずキャストを続ける。
結局ここでは、その後誰もカラフトマスからの反応を得られることが無く、徐々に海岸線を南下し移動することになった。
3箇所目のポイントは、河口付近にしては比較的釣り人の少ない所。
出来ればここで今年初のカラフトマスに出会いたいものだ。
時折、カラフトマスの小さな群れの回遊が確認できる。
少しだけ背びれが見えたり、水面に波紋が広がる。
d0075843_20175421.jpg

ざわついた水面のやや沖にキャストをし、直ぐにリトリーブを開始すると、グイグイグイと確かなアタリが。
少しだけリールからラインが引き出された後、思い切りロッドを立て合わせたが、すっぽ抜けてしまった。
カラフトマスからの反応は、これが最初で最後となり2度と僕のロッドが震えることも撓ることも無かった。
d0075843_20274882.jpg

                            original photo by Mr.Yun


友人達も反応は良くないようだ。
僕たちはカラフトマスを諦め、久しぶりにモレーナでのんびりとランチをとることにした。
カイエンをたっぷりとふりかけ辛めにしたチキンカレーは、疲れた身体をリフレッシュするのにとても良い。
すっかり元気になった僕たちは、残った時間を天塩川で過ごすことにした。
上流部に位置するここは、もうかれこれ3・4年振りになるのだろうか。
思った以上に水量が多く、流れは速くて強い。
d0075843_20412919.jpg

                            original photo by Mr.Shu


こんな流れにラインが取られないようにルアーを沈ませるのはとても難しい。
それでも上手くルアーが沈み、思ったラインをトレースできた時には元気の良いレインボーが顔を出す。
30cmにも満たないというのに、僕の握ったAnglo & Company のSovereign 6'3'をグイグイと気持ちよく曲げてくれる。
ここのレインボーは、強い流れの脇ではなく流芯の岩陰に付いているので、掛かった瞬間から流れの力を味方につける。
もしこんな流れの中で40クラスが掛かったなら、と思うとドキドキしてしまうけれど、そんなことは起こらず帰りの時間が来てしまった。
目的のカラフトマスには出会えなかったけれど、小型ながらもレインボーを釣って喜ぶ僕だった。
[PR]

by abu-z4 | 2010-08-22 21:02 | 釣り | Comments(9)
2010年 08月 15日

One of These Days

僕が持ってきたCDがいけなかった。
スタートと同時にYunさんにお願いしてカーオーディオに挿入したそのCDは、最近FMラジオでやっていたプログレ特集で久しぶりに聴いたピンク・フロイドのアルバム『おせっかい』。
懐かしさのあまり、一昨日、本屋さんに行ったついでに買ってきたのだ。
1曲目は、One of These Days(邦題)『吹けよ風、呼べよ嵐』。
d0075843_11293445.jpg

北に向かって走らせたクルマは、不気味な音楽に包まれながらやがて空知地方を過ぎようとしていた。
最後の1曲「エコーズ」が始まり、空の様子も不気味さを増す。
一瞬パッと光が闇夜を照らす。
雷か、と思った次の瞬間また稲光。
上川北部に差し掛かったときには、雨が激しさを増し覆われた雲の隙間を稲妻が走る。
稲光は雲に反射し、一瞬昼間のような明るさですべてを照らし出す。
d0075843_1141291.jpg

微かな期待を胸に訪れたオホーツクの海は、穏やかではあるけれど止むことのない雨と雷光と雷鳴に包まれていた。
カラフトマスが岸よりしている気配は無く、絶え間ない雷鳴に危険を感じ、僕たちはオホーツク海を眺めながら南下することにした。
d0075843_1455516.jpg

増水と濁りを避けてたどり着いた先は渚滑川。
どんよりと雲が垂れ込めていた空は、時間と共に晴れ間が広まり気温も上昇する。
d0075843_14592635.jpg

放流直後とは違い、レインボーが次から次へと反応してくるようなことは無いが、プレッシャーの低そうなポイントを狙い探っていくと、ここにしては珍しいそれぞれのヒレが綺麗な状態のレインボーが顔を出してくれた。
十勝川の様に力強く華麗なジャンプを見せてくれることは無いが、回復したヒレがやや水量が多いことも手伝いレインボーに力強い泳ぎを蘇らせていた。
d0075843_1583727.jpg

午後からは、湧別川に移動した。
小さなレインボーなのか、それともウグイなのか、反応はあるもののフッキングには至らない。
ポイントを移動してみても同じような状況が続いた。
渚滑川に比べると多少濁りがきついせいなのだろうか、レインボーからの反応が良くなることは無かった。
ここに来た時の定番「よし乃」のみそラーメンにありつくために、僕たちは早めに川から上がることにした。
d0075843_15192579.jpg

決して良い釣果とは言えないけれど、むしろこんな荒れた状況で釣りが成立したことの方が驚きであり嬉しく思う。
だけど、釣りに出かけるクルマの中で、ピンク・フロイドの「One of These Days」を聴くのは止めておいたほうが良さそうだ。
d0075843_1557434.jpg

                            original photo by Mr.Yun
[PR]

by abu-z4 | 2010-08-15 15:27 | 釣り | Comments(6)
2010年 08月 07日

増水・濁り・猛暑

木曜早朝の十勝川は、願った通りの夏晴れ。
まだまだ水位が高いことも濁りがきついことも承知の上で、また来てしまった。
水位はともかく、前回の十勝川釣行ほどではなくても濁りがこうきつくては、ポイントが限られてしまうのはいたしかたない。
d0075843_22524993.jpg

綺麗な支流と交わる、僅かな範囲も貴重なポイントだ。
でも、どんなに丁寧に流して行っても2時間もあれば終わってしまい、上流部への移動を余儀なくされる。
d0075843_2258026.jpg

確かに濁りはあるものの、濁りの中での釣りにすっかり慣れてしまった自分にとっては、十分に釣りが出来るように感じる。
d0075843_2345075.jpg

平日のこんなコンディションでは、やはり釣りに出かける人は少ないらしく、釣り人に出会うことは無かった。
d0075843_2314389.jpg

予想を上回る数のレインボーとの出会いを十分に楽しめたのは、とてもラッキーだったと思うし思い切って来て良かったと思う。
時折、小さなアメマスやヤマメも顔をのぞかせた。
d0075843_23203433.jpg

太陽が一番高く昇る頃には、気温がグングン上がり30℃を遥に超えてしまった。
d0075843_23232389.jpg

腰まで水に浸かっていても、額からはダラダラと汗が滴り落ち、とても釣りを続ける気にはなれなくなってしまう。
d0075843_23261456.jpg

d0075843_23263574.jpg

朝一に入ったポイントで、午後から合流した友人とイブニングを楽しむ。
温泉の熱気のような中、時折冷蔵庫の扉を開いたような冷気が吹き抜ける。
d0075843_23313847.jpg

金曜は、午前中だけ上流部で楽しむことにした。
気温は前日よりも更に高くなりそうな気配。
d0075843_23315758.jpg

冷たい川の流れが気持ちよい。
前日同様、グッドサイズのレインボーが、派手なジャンプを見せつけてくれた。
d0075843_23384995.jpg

今回もまた、ビッグサイズには出会うことが出来なかったけれど、決して良いとは言えないコンディションにもかかわらず、十勝川は十分僕を楽しませてくれた。
d0075843_2346425.jpg

行き先を随分迷った今回の釣行、決め手はjockさんのアドバイス。
しかも木曜の午後からは、猛暑の中、遅くまで付き合って下さった。
気持ちが落ち着いた今、レインボーに出会えたことよりも、夜、彼の作ってくれたカクテルを飲みながら交わした会話が、今回最も楽しく貴重な時間だったように思う。
jockさん、ありがとう!
[PR]

by abu-z4 | 2010-08-07 23:56 | 釣り | Comments(2)
2010年 08月 01日

果たして湧別川は

いったいどうしたのだというのだろう。
こう毎週末雨に祟られると、ぼやきの一つや二つ、つい出てしまう。
とは言っても、無理を承知でまた僕たちは川へ出かける。
d0075843_16591993.jpg

                            original photo by Mr.Yun


やって来たのは、最も増水や濁りの影響が少ないと予想した湧別川。
だがしかし、水位は問題ないのだが、濁りは予想を遥かに超えていた。
暫し言葉を失う僕たちだったけれど、釣りはキャストをしてみないと始まらない、などと最近の濁りの中での釣りでもレインボーに出会えた記憶が蘇る。
d0075843_175083.jpg
d0075843_1751469.jpg

確かにその通りで、透明度30cm程度のこんな濁りの中でも、サイズこそスモールながらレインボーが反応してくる。
グググンとそれまでとは明確に違う力強いバイトを感じる。
多分居残りのサクラマスだと思い引き寄せてみると、なんとカラフトマス。
しかも背ッパリのやや鬼顔。
ちょっと早すぎるのでは?やっとサクラマスが落ち着いてゆっくりとレインボーが狙えると思っていたのに・・・・・・
d0075843_17134828.jpg

                             original photo by Mr.Yun


霧がたちこめ薄暗かった湧別川も、お昼前には綺麗な青空に包まれ、一気に真夏の様相となった。
午後からは、グッドサイズのレインボーとの出会いを期待してやや上流に移動したが、濁りの強い早瀬では、むしろレインボーと出会う確率は下がってしまうように感じた。
d0075843_17215484.jpg

それならばと、最初のポイントよりもやや下流に移動してみる。
しかし結果的にはここも同じく、反応してくるのは小さなレインボーやアメマスだけ。
こんな濁りのきつい時には、グッドサイズのレインボーはジッと底の岩陰にでも隠れて休んでいるのだろうか。
結局僕たちは、最も反応の良かった朝一のポイントで、残った時間を過ごすことに決めた。
d0075843_1731485.jpg

幾分水位は下がり濁りは薄まっている。
でも、期待に反して鱒からの反応は減ってしまった。
どうしてなんだろう、まさか濁りが警戒心を薄め反応が良くなるなんてこともないだろうし・・・・・
それでも、パーマークが残る小さなレインボーが僕のルアーを見つけてくれる。
勿論グッドサイズが釣れると嬉しいけれど、スモールサイズが数多く居るということは、この先も期待が持てると言うことかもしれなので、それはそれで良いことだと思う。
d0075843_17405979.jpg

半ば諦めの境地で訪れた湧別川、濁りは予想以上だったのにもかかわらず、小さいながらもレインボーが顔を見せてくれた。
最近の厳しい状況にすっかり慣れてしまった僕たちは、ちょっと嬉しくちょっと寂しい気持ちで帰路につくこととなった。

それにしても、去年から今年のレインボー釣りのためにコツコツと買い揃えてきたルアーボックスを、朝一で川に落として無くしてしまったのは痛かった。
30個以上は入っていたはず。
一緒に探してくれたYunさん、110-kenさん、折角の釣りの時間を潰してしまってごめんなさい。
日曜日、早速僕はお気に入りのルアーを求め、ショップ巡りをすることになった。
[PR]

by abu-z4 | 2010-08-01 17:52 | 釣り | Comments(4)