Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 24日

フルキャスト

先週の心配をよそに、土曜の本流は早朝から足元で大型ニジマスが確認されたり、時折ライズも見られる。
そんなことがあっても、僕は今日も対岸脇に潜んでいるであろうニジマスを狙い、フルキャストを繰り返す。
d0075843_14294195.jpg

流芯にラインが着水しないように沈めたスピナーは、ゆっくりと回転をはじめ徐々に流芯方向へ弧を描くように沈みながら進む。
やがてラインにテンションが掛かり、回転するブレードの抵抗が強く伝わってくる、と同時にスピナーはやや表層に向かい浮いてくる。
その瞬間バイトする確立が多いが、土曜の本流でもまたいつもと同じイメージを抱き、その時を待つ。
d0075843_14392746.jpg

時にはルアーが全くの下流方向まで流れ、そこから逆引き状態でリトリーブしているときにバイトしてくる。
そんな時は、決まって浮いてくるスピナーをうまく押さえ込むことができたときだ。
でも、バイトがあったからといって、またフッキングができたからといって、必ずキャッチできるとは限らない。
土曜は、午前中に2匹の良いサイズのニジマスをフッキングしファイトを楽しんだが、残念ながらネットインすることはできなかった。
d0075843_1458116.jpg

採寸したわけではないので正確には分からないけれど、おそらく35cmほどのとても綺麗なニジマスが最も良いサイズだった。
朝のブレークしたニジマスの感触が忘れられず、1日中フルキャストを繰り返したけれど、小さなニジマスやヤマメとしては良型もの、そして禁断の海からの使者が2度も僕のロッドをへし折らんばかりに曲げただけで終わってしまった。
d0075843_15115960.jpg

来週もまた、本流でフルキャストを続ける事になるのだろうけれど、黙っていても鈍痛が抜けない僕の右肩は、果たしてシーズン終了までもつのだろうか。
今、痛みを我慢できても、本流での釣りを我慢できない自分がいる。
[PR]

by abu-z4 | 2007-06-24 15:43 | 釣り | Comments(11)
2007年 06月 17日

沈黙の本流

前日の雨が多少気になったが、土曜の未明、初本流釣行のshinyaさんとの待ち合わせ場所へYunさんと伴に向った。
本流へはいつもよりかなり早めの到着だったが、すでに3台の車が止まっている。
混雑を避け、第3セクションから入渓することにした。
若干濁りはあるものの、水量は落ち着いているし問題は感じられない。
ただ、日が昇るまでの間、息を吸ったら鼻から入ってくるのではないかと心配になるほどの、無数の小さな虫には閉口した。
d0075843_13262929.jpg

日が昇ると痒くなる虫たちはどこかへ消えて、先日と変わらない初夏の本流がそこにある。
でもどうしたことだろう、全く魚たちからの反応が無い。
第1セクションから入渓していた先行者たちも同じ状況らしく、早々と引き上げていった。
僕たち以外に誰も居なくなった本流を、いつもと同じ第1セクションからやり直すことにした。
・・・・・・・・ここも同じ、第3セクションまで釣り下る途中、2匹の小さなニジマスに出会うのがせいぜいだった。
何かがおかしい。
理由が分からないまま、少し下流へ移動することにした。
d0075843_1340171.jpg

そこは良いサイズのライズもあり、活性が高く魚影も濃いようだ。
早速3~40のニジマスがバイトしてきたが、強い流れの流芯を渡りきったところでブレイクしてしまった。
途中、SHUさんが合流して、日没までキャストを続けたが、
最大で30程度のニジマスに出会うのがやっとだった。

それにしてもいつもの本流、これからどうなるのだろう。
早くも23日の土曜が気になる僕たちだった。
[PR]

by abu-z4 | 2007-06-17 13:50 | 釣り | Comments(6)
2007年 06月 13日

本流で平日の午後を過ごす

昨日は、代休を使い久々の平日釣行。
午後から友人との待ち合わせ場所へ、真夏のようなジリジリとした日差しを浴びながら、短時間だけれどオープンエアを楽しみながら向った。
d0075843_2222543.jpg

どうやらいつもの本流は、僕たちだけのようだ。
水量も更に落ち着き、自然と期待が膨らむ。
30分もウェーディングしていると、あれだけ暑さを感じていたのがウソのようにひんやりとしてきた。
水温は、まだまだ低いようだ。
この様子だと鱒たちは、相変わらず底の方でジッとしているのだろうか。
思ったような鱒からの反応がないまま、時間だけが過ぎてゆく。
d0075843_2232161.jpg

第2セクションまで釣り下った時、ようやくバイト。
ヒットした瞬間、小型であることがわかる。
それでも本流でニジマスに出会えることは、いつも嬉しい。
しかしまた沈黙の時間が過ぎてゆき、僕は第3セクションの最後のポイントに賭けることにした。
2投目、流芯奥にややダウンクロスにキャストしたルアーを、ラインを送り込み十分沈めた。
ハンドルをゆっくりと回すと、静かにブレードが回転し始める。
ルアーが流芯に近づくにしたがって、徐々にハンドルが重くなってきた時、グゥンとロッドを握る手に鱒の重みが伝わってくる。
中型のニジマスだけれど、流芯はトルクがあって実際のサイズよりも重く感じる。
最近、余りにバラシが多いので、十分に時間をかけてネットインした。
疲れ果てたニジマスは、5分程流れの弱い岸際で休んだ後、元気良く流れに戻っていった。
d0075843_22553126.jpg

[PR]

by abu-z4 | 2007-06-13 22:59 | 釣り | Comments(4)
2007年 06月 10日

3/10

3月10日ではない。
10分の3、分数である。
土曜の本流でのこと。

GWにブログを通して知り合った仙台からの友人と待ち合わせ、再会を喜び合うのもそこそこに、約束の本流へと向った。
前回訪れた時よりも水位は下がり、状況は上向いているようだ。
きっといい日になるはずだ。
d0075843_1650973.jpg

経験豊かな彼には、細かな説明など必要ない。
早速、キャストを開始する。
間もなく、僕のルアーにニジマスがバイト。
フッキングは完璧にできたと思う。
中型だけれど元気なニジマスは、ネットインの準備ができた直後ブレークしてしまった。
次に同じポイントで先程よりも少し大きい、レッドバンドの鮮やかなニジマスがヒット。
今度もフッキングはうまく行ったと思う。
慎重に引き寄せネットインをしようと思ったら、ルアーの結び目からラインが切れてしまった。
気を取り直してキャストを繰り返す。
1匹目と同じようなサイズのニジマスがまたまたヒット。
今度こそネットに収めたい。
ネットに入ったと思った瞬間、暴れだしたニジマスの頭がネットのフレームに当たり、またもや失敗。
午前中は、こんな事の繰り返しで、1匹もネットに収めることができなかった。
d0075843_17115984.jpg

昼食をとりながら、1ヶ月ぶりに再会した友人と会話が弾む。
僕たちのホームである本流での釣りを、楽しんでくれているようだ。

僕は午後からの釣りに備え、タックルをチェックしてみた。
すると、何てことだろう。
ドラグの調整が、きつ過ぎる。
これでは口切れして、ブレークするのもあたりまえだ。
初歩的なミスだけれど、くよくよしても始まらない。
日没までキャストを続けよう。
直ぐに結果は出た。
だけど、ここでは最小クラスのチビニジだ。
次は1回り大きなニジ、まだまだ満足できない。
d0075843_17244614.jpg

日没間際にようやく僕のロッドが綺麗な弧を描く。
流芯でのヒットは、スリリングで最高に楽しい。
調整されたドラグは、時折ジジーッと音を立てながら、的確に働いてくれる。
ネットに収まったのは、レッドバンドが鮮やかな中型のニジマス。
僕にとっては十分に満足の行く魚だ。
結局僕はこの日、10匹のニジマスをヒットさせながら、3匹しかネットに収めることができなかった。
でも、フィールドを後に車に戻る道すがら見上げた西の空は、ピンク色が綺麗で清々しい気持ちだった。
[PR]

by abu-z4 | 2007-06-10 17:37 | 釣り | Comments(7)
2007年 06月 04日

半年振りのホーム

珍しく日曜日の釣行になった半年振り今年初の本流は、まだ少し水量が多いものの、笹にごりの流れがむしろ好条件に感じる。
セミが鳴き新緑に包まれた本流は、もうすっかり初夏の様相だ。
d0075843_22565134.jpg

同行のそれぞれが、思い思いにロッドを振り久し振りの本流を満喫する。
時にはロッド休め、河原に腰掛け会話を楽しむ。
どこかほのぼのとした雰囲気が、自然に僕たちをそうさせる。
それもそのはず、ここは僕たちのホームなのだから。
d0075843_2375681.jpg

そして長く厳しい釣が続いた僕にも、ようやく鱒が反応してくれた。
僕にとっては、十分すぎるサイズのレインボー。
これでようやく2月に購入した、もはやニューとは言えなくなったロッドにも入魂することができた。
きっと僕たちは、今年も何度もここへ足を運ぶことになるのだろう。
d0075843_23394398.jpg

[PR]

by abu-z4 | 2007-06-04 23:22 | 釣り | Comments(8)