<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 13日

朱鞠内湖とキタキツネ

相変わらず湖での釣れない釣りにハマッテいる。
金曜の深夜、朱鞠内湖へ向かう。
朱鞠内湖へは2年前から友人のお誘いを受け、年に2度ほど通い続けている。
結論から言ってしまえば、今回もボウズ。
今回は、キャストの調子が良かっただけに、残念な結果だ。
d0075843_17562645.jpg

一度だけ岸際まで30cmほどのアメマスがチェイスしてきたが、ピックアップ寸前、慌てるように反転し湖深く戻っていった。
水温がまだ低めで、活性が低いようだ。
地元の情報を基にポイントを移動してみたけれど、状況は変わらず元のポイントへ戻りランチタイムとなった。
最近は徹夜での釣りが、本当に身体に堪える。
友人が差し入れしてくれたビールを飲んだら、眠気に襲われそのまま昼寝してしまった。
目覚めると、旭川から合流するためにクルマを走らせていた友人が到着。
午後からの残り少ない時間だったが、一緒にロッドを振り談笑する事もできた。
d0075843_183449100.jpg

釣れない釣りに慣れてきて、悔しさも残らない日が続いている。
振り返るとキタキツネが、いつも近くで僕の様子を窺っていた。
僕に期待しても、ご馳走にありつけることなんか出来ないのに。
[PR]

by abu-z4 | 2007-05-13 18:36 | 釣り | Comments(6)
2007年 05月 05日

アウェーゴール成らず

サッカーの試合を観ていると、シュートしたボールがゴールポストやクロスバーに当たり、跳ね返ってくるのを時折目にする。
それも「ゴ~ル!」と思った瞬間、当たったボールがゴールライン上をバウンドしたり、ゴールの中にいるディフェンダーに弾き返されたり。
僕の場合、釣りでもそんなことがよく起きる。
3日の屈斜路湖遠征では、正しくゴールネットを揺らすと思った瞬間、ゴール内で待ち構えていたディフェンダーにヘッドでクリアされたような、そんな感じだった。
d0075843_23331288.jpg

霧雨と低い雲に覆われた屈斜路湖の夜明けは、僕のこれからの1日を暗示するかのように太陽が霞んで見えて、なかなか姿を現さない。
同行の友人達が、次々と美しいアメマスやニジマスをキャッチしている。
ここの鱒たちは、いつ見ても本当に綺麗だ。
いろいろ試してみたけれど、僕には一度だけバイトがあったもののフッキングには至らず、午前中の釣りは終わってしまった。
ゆっくりとランチを済ませた後、僕は皆より少し休憩を長めにとって後半戦に臨んだ。
僕が遅れて湖畔に辿り着いた時には、友人達はもう既に鱒をキャッチしていた。
リフレッシュした僕は、また黙々とキャストを繰り返す。
何も起こらない僕の隣で、友人が次々とアメマスをヒットさせている。
d0075843_23563416.jpg

d0075843_23565418.jpg

そろそろ終りの時間が近づいてきた。
友人たちにアドバイスしてもらいながら、慎重にリトリーブをしているとヒット!
40cmほどの綺麗なアメマスだ。
でも、やってしまった。
わりと簡単に引き寄せたアメマスは、ネットインの瞬間暴れだした。
ネットのフレームに振った頭が当たったようだ。
その瞬間、ほぼネットの中に納まっていたアメマスは、湖へ帰っていった。
こうして僕のアウェーでの1点は、幻となった。
[PR]

by abu-z4 | 2007-05-05 00:11 | 釣り | Comments(10)
2007年 05月 01日

洗車

土曜日出勤だった僕は、今日は代休。
天気も良くないし出かける予定も無いので、冬の間全く手入をしていなかったZ4を洗車することにした。
実は、昨日友人から洗車セットなるものを借りたのだ。
水洗いしかしなかった僕には、カーシャンプーや鉄粉取りはとても助かった。
これらは今では常識のアイテムなんだろうけれど、面倒くさがり屋の僕は、今まで使ったことがなかったのだ。
d0075843_16103424.jpg

すっかり綺麗になったZ4のドライバーズシートに腰を落とす。
するとピカピカになったリアフェンダーが、ドアミラーに映る。
実は、このドアミラーに映ったお尻のふくらみが、Z4購入の一番の切っ掛けになったのだ。
かつては60年代のクルマに多く見られたけれど、最近はエアロダイナミクス優先の為か、少なくなったような気がする。
d0075843_16191626.jpg

ロングノーズ・ショートデッキ、コーダトロンカ風のリアエンド、一見フロントフェンダーからサイドガラスに向って落ち込んでいるように見えるアクセントライン、これらは60年代のクルマに憧れた僕にとって決して新しいものではなく、むしろノスタルジックなものだ。
僕はこのドアミラーに映ったリアフェンダーを見るたびに、初めてのクルマで夢中になったけれど、結局1年で別れることになった117クーペを思い出してしまう。
これから雨が降り出すらしい。
そういえば五木寛之の小説で「雨の日には車を磨みがいて」というのがあったなぁ。
[PR]

by abu-z4 | 2007-05-01 16:47 | 自動車 | Comments(2)
2007年 05月 01日

アウェー

僕にとってのホームといえば、勿論川だ。
それもいつもの本流となれば、精神的にも落ち着いてロッドを振ることが出来る。
しかし、雪代が落ちるこの時期、本流での釣りはなかなか出来ない。
だからといって折角の休日に、釣りに出かけることを我慢することも出来ない。
そうするとアメマスやサクラを狙って(釣れないけれど)海に出かけたり、湖に行く機会が多くなり釣れない日が続く。
d0075843_11345571.jpg

特に湖は、僕にとって完璧なアウェー。
ロッドを振る前から、「お邪魔します」てな感じになってしまう。
2年ほど前から支笏湖や朱鞠内湖、屈斜路湖等、湖に行く機会が増えたけれど、アウェー感覚は一向に改善できない。
釣果が出ないのだから、当然といえば当然だ。
昨日の支笏湖も相変わらず、何をやっても「これでいいのだろうか」と不安が付きまとう。
そんな状況でも、僕が湖に出向くようになったきっかけ切っ掛けをつくった友人は、見事なニジマスを釣っている。
しかも湖に限らず、海でも僕が得意な本流でもいつも釣果が安定している。
近日中にまた道東の湖に遠征する予定だけれど、僕がアウェーゴールを決めることが出来るのは何時になるのだろう。
[PR]

by abu-z4 | 2007-05-01 12:04 | 釣り | Comments(2)