<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 28日

知床に行って・・・・・

「相泊」、自動車で行けるのはここまで。
目的地であるこの先の「ペキンの鼻」までは、船に乗り換えて行くことになる。
期待と不安に胸躍らせながら、「第五熊丸」に乗り込んだ。
相泊りまでの景色も雄大なものだったが、ここから先の船から見る景色に僕はしばし言葉を失ってしまった。
世界遺産の一つになったとはいえ、観光地のひとつぐらいに思っていたのが大きな間違いだった。
50年以上生きているけれど、今まで見たことのあるどの景色とも違のだ。
見とれているうちにあっという間に「ペキンの鼻」に着いてしまった。
想像していたよりはずっと快適そうな番屋の掃除を済ませると、僕たちは早速カラフトマスを釣るための準備に取りかかった。
d0075843_2039286.jpg

開始早々、仲間の1人にヒット。
それからは滞在した3日間、ちょっと静かな時間帯もあったけれど、常に誰かがヒットしているような感じだった。
皆の爆釣に比べれば少ないけれど、僕には十分すぎる釣果だったし、1年ぶりにパワフルでスピード感のあるカラフトマスの引を楽しんだ。
d0075843_2047417.jpg

正直なところ、僕が一番感動したのはカラフトマスの引きでも、背びれを見せながら足元から3mほどを沢山の群れが泳いでいる様子でもなかった。
勿論、釣りたくて来たわけだし釣れたわけだし、そのために来たのだけれど・・・・・・
夢中になってキャストする手を休めると、遠く先には北方領土が見える。
d0075843_20583447.jpg

振り返ってみると番屋の背後には、おそらく強風と急斜面のせいで短くて曲がりくねった奇妙な形の木が見える。
いったいどれ程の長い年月を経てこの景色が出来上がったのだろう。
こんなロケーションで釣りをしていることが不思議でしょうがなかった。
釣った魚を仲間の1人が調理してくれた刺身やソテーはとびっきり美味しくて、ついつい弱いはずのお酒もすすんでしまうけれど、ふと電気も水道も電話もつながらない場所にいることに気づく。
決して不安や恐怖感ではなく、仕事や家族のことまでも忘れて、釣る事と食べて飲む事と寝る事だけしか考えていない、本当の自然の中に自分がいる不思議な感覚。
そんなことに一番感動したのだ。
d0075843_21494673.jpg

おそらくヘタクソな写真と稚拙な文章では、知床のことを1/100も伝える事は出来ないと思うけれど、僕にとって思い出の地になったのは間違いないし、また訪れてみたい場所になった。
[PR]

by abu-z4 | 2006-08-28 22:02 | 釣り | Comments(11)
2006年 08月 19日

定番

新しいものや今までと違ったものに挑戦していく人、同じものにいつまでも挑戦している人。
明らかに僕は後者の方だ。
ニジマス釣りに夢中になり始めた時から、今も愛用しているブレットン7gのスピナー。
いつか読んだ釣り雑誌に「ブレットンは釣れすぎるので使わない」なんてコメントされていた。
欲張りな僕は、釣れすぎて困ったことは無いけれど、他のルアーよりも釣果が良いので、あながち間違いではないようだ。
d0075843_23531136.jpg

確かに上流域では小型のニジマスやイワナが数多く釣れて、初心者の僕は随分楽しんだ。
しかし、その形状故、根掛で数え切れないほどロストしてしまった。
また、少しでも大きなニジマスを狙うために、より水深のある本流中流域に場所を移動してからは、抵抗のある特性と軽量であることで、深く沈めることが難しくなかなか良い型に出会えない。
「だったらディープダイバーのミノーを使えばいい」という声が聞こえてきそうだ。
僕だってミノーは持っているし、厳寒期のアメマス釣りで、あまりの寒さに震えながらリトリーブをした時、偶然トゥィチングができて釣れたことだってある。
でも、誰がどう見てもヘタクソだ。
スピナーの上手な沈め方を仲間に聞こうにも、皆FLYなので聞くに聞けない。
でも、多くのヒントが偶然からもたらされるように、僕の釣にもラッキーな偶然が訪れた。
軽いバックラッシュを、ラインにドラグが掛かりスプールのフケたラインが締まらないようにロッドを高く上げ、絡まったラインを解きながら少しずつスプールから出していった。
根掛を恐れてゆっくりとリトリーブしてみると、ハンドルに伝わってくるブレードの回転の様子は、明らかに深い層を進んでいる重くてドロンとした感触。
そうか!「深さや流れのスピードやラインが着水する角度にもよるけれど、ラインを送り込むにしてもバランスの問題だな」と思った。
以来、ロッドやリールそしてルアーの事で迷わなくなってしまった。
とにかくラインを上手にバランスよくコントロールして、大好きなブレットン7gを自由自在に操れるようになるのが僕の目標だ。
まだまだこれからも、僕のルアーケースからブレットンは外せないのだ。
[PR]

by abu-z4 | 2006-08-19 00:22 | 釣り | Comments(6)
2006年 08月 14日

もう一つの楽しみ

目的のカラフト鱒釣行は、不発に終わった。
楽しくはあったが正直なところ残念な結果だ。
ちょっとだけ早すぎたようだ。
それでも、今回は仲間の新しいクルマで長距離ドライブも兼ねているから、ドライビングはもとより車中の会話は相変わらず楽しくないわけが無い。
仲間のアクシデントもあり、早めに切り上げることにする。
今回は、去年果たせなかったもう一つの目的が残っているからだ。
d0075843_23202436.jpg

「ケバブ」トルコ料理で聞いたことはあるが、まだ食べた事が無い。
友人お勧めのそれは、アフガニスタン風ということである。
今回は、去年も美味しくいただいたチキンカレーとサフランライス、そして念願のケバブにありつけることになった。
出てきた瞬間、香りと色で直感的に美味しいことを確信した。
チャパティー(小型のナンのようなもので、こちらは全粒粉)に、羊の肉や赤・青ピーマン、ズッキーニ等がいくつものハーブの香りとともに調理された具をのせ、そこに青唐辛子とビネガーをペースト状にしたスパイスを友人に教わった通り載せて口に運んでみる。
肉と野菜の甘味に、青唐辛子の辛さとハーブの香りが絶妙に絡み合い、暑さでくたびれた体に喜びをもたらせてくれる。
ハーブが完全に混ざっていないせいか、食べるたびにチョッと違った香りや味がしたのも印象的だ。
あっという間に食べつくしてしまったのは、ビネガーの酸味と淡白なチャパティーが後味をスッキリしたものにするからだろう。
チキンカレーとサフランライスは、残った空腹を満たすのに十分であっただけでなく、去年よりもチョッと塩分を控えた味付けが、涼しくなってきた夕食にマッチしていた。
こうして我々のもう一つの楽しみは達成された。
きっとカラフトの時期になると毎年訪れる事になるこの店に、心からの「ごちそう様」を伝え帰路についた。
[PR]

by abu-z4 | 2006-08-14 00:09 | 食べ物 | Comments(6)
2006年 08月 09日

BABY BEN

会社の季節外れの送別会が終わって帰宅すると、妻のライティングデスクの上にあるBEBY BENが6時チョッと前で止まっている。
実はこの時計、新婚旅行の際、アメリカ西海岸オークランドのフリーマーケットで26年前に手に入れたものだ。
手に入れたと言っても、Flea MarketでFreeで、すなわちタダでもらったものだ。
時計の動きを確認するために1時間おきに何度も行くものだから、出店者が呆れてタダでくれたのだ。
英国のBIG BENをパロった名前と可愛らしさが気に入っているこの時計は、僕たちの生活の時を刻んできた。
d0075843_2252412.jpg

ところが3週間ほど前に妻が毎日の日課であるゼンマイを巻いていると、突然バキッという音とともにゼンマイの蝶型のつまみが空回りしてしまった。
「きっとゼンマイが割れたのかストッパーが外れたのだろう」と思ったが、僕には時計の修理経験は無くとりあえずそのままにしていた。
先日の日曜日、失くしてしまったと思っていた小さなドライバーセットが偶然見つかったので、ダメ元で分解してみたら、案の定ゼンマイの外側のストッパーに固定される穴が割れていた。
掛けた部分をニッパーで切り落とし、キリ状のドライバーをあててハンマーで叩くと、新たにストッパーに引っ掛かるよう穴を開けることが出来た。
簡単な汚れのふき取りと、リール用のオイルを注して組み上げてみると、BEBY BENはまたカチカチと音を立てて動き出した。
二人でBEBY BENの復活を喜んだのも束の間、今日、また止まってしまった。
手に入れた時、既に古いものだったし、それから26年も働いてきたのだからもうイイかな、とも思うのだけれど、やっぱりBEBY BENのカチカチという音が聞こえないのは寂しい。
また今度、時間がゆっくり取れるときに分解してみよう。
でも、どうしてもダメだったら、静かにいつもの場所に居てくれてもいいと思っている。
[PR]

by abu-z4 | 2006-08-09 23:22 | Comments(4)
2006年 08月 05日

仕事の日にはリールをみがいて

五木寛之の「雨の日には車をみがいて」というのがあった。

今日は月に一度の土曜出勤、っといっても留守番みたいなもの。
携帯が鳴る。
着メロが、釣りに行っている友人からであることを知らせている。
「きっと何かドラマがあったのだろう」彼からの電話は、いつも楽しみだ。
最近は、毎回良い虹鱒を掛けながらもキャッチには至らない彼。
今日も最後の最後で逃げられてしまったようだ。
だけれど、携帯の向うでは相変わらず悔しそうではあるけれど楽しそうに声が弾んでいる。
「良い釣りをしているなぁ」と思いながら彼の笑顔を思い浮かべる。
d0075843_201282.jpg

帰宅後、日頃あまり手入をしない自分なのに、簡単なオーバーホールの後,リールをみがいてみる。
よーく見ると、随分傷が付いていることに気が付く。
もう15年も使っている。
このリールを使い続けたいが為に、頑固にルアーを続けているようなものだ。
他にも同じタイプのサイズ違いを2個、全く同じタイプを1個持っている。
何れも僕の寿命より長持ちしそうな、シンプルで頑丈な作りが心強い。
一つ一つに刻んだ思い出を振り返りながら、仕事の日にはリールをみがいてみるのも良いものだ。
[PR]

by abu-z4 | 2006-08-05 20:33 | 釣り | Comments(12)