カテゴリ:食べ物( 2 )


2006年 11月 28日

使えるかな?

僕は街をブラつくのが好きで、特に雑貨や食品をみて歩くことは、普通のオヤジより多い方だと思う。(オヤジは普通そんなところに行かないかな?)
先日の日曜日、何気なく立ち寄ったキッチン用品のショップ。
フードプロセッサーやコーヒーメイカーに隠れるように、小さなミキサーがあるのを見つけた。
単3電池2本で動くそれは、「Multi Mini-Mixer」という物。

いつもフィールドで友人がコーヒーを淹れてくれる。
これでホイップクリームを作ってアイリッシュウイスキーとブラウンシュガーを用意すれば、アイリッシュコーヒーが作れる。
d0075843_2201118.jpg

今週末、思惑とおりに事が運べば、冷え切って疲れた体を、コーヒーの温かさとクリームとシュガーの甘さ、そしてアイリッシュウイスキーのほのかな香りが癒してくれるはずだ。
[PR]

by abu-z4 | 2006-11-28 22:10 | 食べ物 | Comments(6)
2006年 08月 14日

もう一つの楽しみ

目的のカラフト鱒釣行は、不発に終わった。
楽しくはあったが正直なところ残念な結果だ。
ちょっとだけ早すぎたようだ。
それでも、今回は仲間の新しいクルマで長距離ドライブも兼ねているから、ドライビングはもとより車中の会話は相変わらず楽しくないわけが無い。
仲間のアクシデントもあり、早めに切り上げることにする。
今回は、去年果たせなかったもう一つの目的が残っているからだ。
d0075843_23202436.jpg

「ケバブ」トルコ料理で聞いたことはあるが、まだ食べた事が無い。
友人お勧めのそれは、アフガニスタン風ということである。
今回は、去年も美味しくいただいたチキンカレーとサフランライス、そして念願のケバブにありつけることになった。
出てきた瞬間、香りと色で直感的に美味しいことを確信した。
チャパティー(小型のナンのようなもので、こちらは全粒粉)に、羊の肉や赤・青ピーマン、ズッキーニ等がいくつものハーブの香りとともに調理された具をのせ、そこに青唐辛子とビネガーをペースト状にしたスパイスを友人に教わった通り載せて口に運んでみる。
肉と野菜の甘味に、青唐辛子の辛さとハーブの香りが絶妙に絡み合い、暑さでくたびれた体に喜びをもたらせてくれる。
ハーブが完全に混ざっていないせいか、食べるたびにチョッと違った香りや味がしたのも印象的だ。
あっという間に食べつくしてしまったのは、ビネガーの酸味と淡白なチャパティーが後味をスッキリしたものにするからだろう。
チキンカレーとサフランライスは、残った空腹を満たすのに十分であっただけでなく、去年よりもチョッと塩分を控えた味付けが、涼しくなってきた夕食にマッチしていた。
こうして我々のもう一つの楽しみは達成された。
きっとカラフトの時期になると毎年訪れる事になるこの店に、心からの「ごちそう様」を伝え帰路についた。
[PR]

by abu-z4 | 2006-08-14 00:09 | 食べ物 | Comments(6)