Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ

2017年 09月 04日 ( 1 )


2017年 09月 04日

masaさんのMemorial Day

アメリカで「Memorial Day」と言うと一般的には「戦没者追悼記念日」のことを言うらしいけれど、勿論ここで言う「Memorial Day」とはそんな意味ではなく、とても喜ばしい「記念日」のこと。
d0075843_19384029.jpg
朝靄に包まれたお気に入りポイントは、期待はずれに終わった。
一足先に見切りをつけたYunさんと別れ、masaさんと二人の彷徨が始まる。
d0075843_19384851.jpg
多少の濁りがあり水位は高目ではあるものの、9月に入り水温は申し分ないレベルまで下がっている。
masaさんの提案で訪れた3ヶ所目のポイントは、踏み跡の少ない辛い藪コギを強いられた。
やっとの思いでポイントにたどり着くも、水位が高くて望んだ場所には立てない。
折角ここまで来たのだからと、いつもは引き返してしまう場所から更に釣り下ってみる。
3度バイトがあったけれど、どれも小さな魚ばかりで引き寄せる前に外れてしまった。
でも、バイトがあった辺りまで下ってみると水深があり岩盤がスリットを形成している。
d0075843_19390292.jpg
更に下ってみると、水深はあるけれど流速は落ち魚からの反応も無くなった。
ダメだ、と思って振り返るとmasaさんのロッドが大きく撓っている。
魚は岩盤付近でバイトしたらしい。
ジャンプはしないものの、潜っては水面で暴れるを何度も繰り返している。
masaさんがセルフランディングしたネットの中には、見事LLサイズのレインボーが収まっていた。
意外な事に、masaさんにとって北の本流で初のLLサイズだと言う。
どうりでいつもとは喜び方が違うはずだ。
「辛い藪コギだったけれどmasaさんのポイント選択が見事的中しましたね」と握手を交わす。
d0075843_19393304.jpg
僕はといえば、バイトを何度か味わうだけで、魚が小さいせいか上手くフッキングしないことが続いていた。
何とか1匹と思う僕は、ビッグサイズは望めないけれど最近反応の良かったポイントへ移動することを提案してみた。
masaさんは下へ僕は上へと二手に分かれた。
直ぐに反応があった。
d0075843_19394278.jpg
小さいけれど反応が続く。
せめて30UPをと思いキャストを続けた。
4度目のバイトは確実に手ごたえを感じる気持ちの良いものだった。
近寄っては走るを何度か繰り返し大いに楽しませてくれたのは、Mサイズ半ばのパワフルなレインボーだった。
d0075843_19403841.jpg
LLとは比ぶべくもないけれど、久しぶりに味わうスリリングなやり取りは、僕を十分満足させてくれるものだった。
2人でずい分歩いた1日だった。
でも、お互いに納得のいく良い釣りが出来たと思う。
少し早めに夜の部の準備に取り掛かった。



アルピーヌ・GT40・P4・シャパラル・マートラ・ヨーロッパ・カレラ6・・・・ああいいなぁ




[PR]

by abu-z4 | 2017-09-04 21:04 | 釣り | Comments(8)