Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 28日

ニジマスは何処

週末釣行は、大雨後の濁りを心配し、予定していた十勝川を諦めて尻別川に変更となった。
十勝川ほどの数は無理だとしても、数匹のニジマスには出会える筈だった・・・・・・・・・・
d0075843_20355994.jpg

朝靄に包まれた本流を友人と共に釣り下る。
d0075843_2037124.jpg

期待をよそに何事も起こらないまま第1セクションを終える頃には、朝靄は小雨に変わり徐々に雨脚は強まり始めた。
この雨がニジマスの活性を高めてくれると良いのだけれど。
でも、そんな期待とは裏腹に反応してきたのは、コンディションは良いものの一匹のヤマメだけ。
d0075843_20431936.jpg

第3セクションにたどり着く頃には、雨は上がり夏らしい日差しが本流を照らす。
ここの瀬で、ニジマスは反応してくるのだろうか。
僕たちが考え得るあらゆる可能性を試してはみたものの、ニジマスが姿を現すことも存在を僕たちに気づかせることもなかった。
d0075843_20553516.jpg

2番目のポイントも、何も起こらないまま終着点へ。
朝はレインウェアを羽織っていてもブルブルと震えるほどだったのに、昼前にはTシャツ1枚になっても汗ばんでくるほどジリジリと夏の太陽が照りつける。
d0075843_2113439.jpg

3番目のポイントでようやくニジマスらしき反応を感じたが、荒瀬を挟んだ対岸側のプールでのバイトはフッキングが難しく、アッというまにラインのテンションは失われてしまった。
ここでは夏の尻別川でよく見かけるアメマスに、2匹出会うことができた。
d0075843_21153312.jpg

今日のような状況では、喜ぶべきなのかもしれないけれど、やはりニジマスが釣りたい。
さらに4番目のポイントへと移動する。
d0075843_2116251.jpg

                             photo by Mr.hori

足元をすくわれそうな強い流れの中に立ち、対岸の瀬頭脇にあるプールにルアーが吸い込まれる。
ロッドを高く持上げラインにドラグが掛からないようにルアーを沈ませた。
頃合を見計らってやや早めのリトリーブ、ルアーは瀬頭に向かって泳ぎ始める。
ゴンという小さなバイトの正体は、小さなウグイ。
その一部始終を見ていた友人に、僕は苦笑いを返すしかなかった。
d0075843_21265027.jpg

僕たちは、この日を締めくくるポイントに最初に入ったポイントを選んだ。
気温の上昇で状況が良くなっているかもしれない、少しポイントを休ませたので魚の警戒心が薄れてるかもしれない、イブニングに向けて魚の活性が上がってきたかもしれない・・・・・・・・・・
太陽が西の山に沈む頃、僕たちはそんな想像が外れていたことを認めなければならなかった。
d0075843_21353982.jpg

                             photo by Mr.Yun

ニジマスは、何処に行ってしまったのだろう。
[PR]

by abu-z4 | 2009-06-28 21:39 | 釣り | Comments(4)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2009-06-28 22:29
ABUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。それに美味しいランチ、ご馳走様でした。
いつもいつも気の利いたもてなし、ありがとうございます。
それにしても、すっかり初夏の釣りになってしまいましたね。
7月がどんな釣りになるのか、楽しみでもあり、心配でもありますが・・・。
Commented by hori at 2009-06-29 10:49 x
ABUさん、こんにちは。
ランチ、美味しかったです!ご馳走様でした。
本流は、そう簡単に魚に出会えないものですね・・。
Yunさんに、次は長いよ〜と、あたたかいお言葉も頂いたし(笑。
また、宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2009-06-29 19:44
Yunさん、こんばんは。
今回のトルティーヤは、簡単でしかも美味しかったと自分でも満足しています。
次回は、中の具を変えてバリエーションを増やしたいですね。
まだ朝晩は寒いですが、日中のあの暑さは真夏のようでしたね。
もう少し水温が上がった時、どんな風になるのでしょう。
瀬で楽しめるようになると良いのですが。
Commented by abu-z4 at 2009-06-29 19:55
horiさん、こんばんは。
あの暑さの中ピリッとした辛さは、なかなかイケましたね。
Tシャツをお貸しいただき、ありがとうございました。
いくら暑いとはいえ、上半身裸は辛いものがありましたから大変助かりました。
尻別川のニジマス釣りは、まだ暫く可能性があると僕は思うのですが、もしもアメマスだったとしても、結構楽しめるとおもいます。
今回僕が釣ったアメマスよりも、ずっと大きなものが尻別には居ますから。
風邪、早く治して下さいね。


<< NAKAさんと十勝川      今日も本流でニジマス >>