2009年 06月 08日

渚滑川は朝靄に包まれていた

1年ぶりに訪れた渚滑川は、朝靄に包まれていた。
駐車場で準備をする僕たちには、川の様子を窺い知ることはできない。
それぞれがロッドを手に、大雄橋に向かい歩き始めた。
d0075843_21192447.jpg

                             photo by Mr.Yun

笹濁りの流れは水量が多く力強い。
ここのニジマスは、放流後間もなくコンディションが決して良くないことは分かっている。
だけど渚滑川の流れは魅力的で、この流れの中でキャストできることはとても楽しい。
まだ水温が低いせいなのか、それともニジマスがこの強い流れにまだ慣れていないからなのか、反応してくるのは、ルアーが下流まで流れ切って逆引き状態になってから、流芯を大きく外れた脇の弱い流れの中からだけだ。
d0075843_21253993.jpg

気が付くと川面を覆っていた朝靄は消え去り、時折雲の隙間から初夏の陽射しが差し込む。
僕は楽しみ方を変えてみることにした。
大雄橋のやや下流には岩が点在する瀬があり、流芯の向うには小さなプールが幾つかある。
そこのプールにルアーをキャストし、ルアーが流芯に向うまでにバイトさせるやり方だ。
d0075843_21433476.jpg

                             photo by Mr.Shu

流芯脇でバイトしたニジマスはそのまま瀬の中へ逃げ込み、流れに乗って下流へと走り、時にはジャンプも見せる。
こうしたニジマスの中には、比較的ヒレが綺麗なものも見受けられた。
でも正直なところ、静かに川に馴染んでいる最中の放流後間もないニジマスを、無理やり瀬に引きずり出して
楽しんでいるようでいささか気が引ける。
d0075843_21533756.jpg

                             photo by Mr.Hori

下流域には、ヒレが回復し大きく育ったニジマスが時折見られるという。
次回訪れた時には、この川で2年3年と時を過ごし、野生を取り戻した力強いニジマスに出会ってみたいと思う。
[PR]

by abu-z4 | 2009-06-08 21:58 | 釣り | Comments(6)
Commented by 110-ken at 2009-06-09 17:54 x
ABUさん,こんにちわ

今回も皆さんで楽しまれたようですね。
いつものことですが,和やかに皆さんで楽しまれたことでしょう。
自分もその仲間に入りたいと思っているのですが,なかなか休みが取れずにいます。
6月はどうやら1日ぐらいしか釣りにいけそうにありません。
それに,週末となると天気が悪いことが続いていますし・・・
落ち着いたらぜひまた一緒に遊んでくださいね!!!
Commented by shucraft at 2009-06-09 23:33
ABUさんこんばんは!
今回も楽しかったですね!次回に狙うワイルドレインボーの練習って事で良かったと思います。と言う事で、次回も宜しくお願いします♪
Commented by abu-z4 at 2009-06-10 19:06
110-kenさん、こんばんは。
お仕事忙しそうですね。
これから十勝川のニジマス釣が始まりますので、なんとか都合をつけていただいてご一緒できるといいですね。
こちらこそ、また宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2009-06-10 19:09
shuさん、こんばんは。
湧別川での最後のポイントは、いい感じでしたね。
生憎ウグイしか反応してこなかったけれど、水が澄んできたら瀬の中からニジマスが反応してこないかな?
ああいう所、僕は好きです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2009-06-11 21:45
ABUさん、こんばんは。
遅れましたが、土曜日はお疲れ様でした。
いよいよホームリバーですね。今年はどんな釣りになるのか、ちょっと楽しみです。
Commented by abu-z4 at 2009-06-12 21:06
Yunさん、こんばんは。
雨の様子と川の濁りが気になりますが、とりあえず尻別川ということで準備しましょう。
あとは、スタート時点で決めるということで。
明日も宜しくお願いします。


<< 本流のニジマス      沈黙の尻別川 >>