2009年 05月 26日

沈黙の尻別川

月曜は代休だった。
まだまだ水位が高いのは分かっているのだけれど、尻別川の様子が気になる。
とにかく行ってみよう。
僕は、峠に向かってクルマを走らせた。
d0075843_2181996.jpg

今年も何度この踏切を渡るのだろう。
川に向う途中の畑では、農家の方たちが作業をしている。
「こんにちは」挨拶を交わす。
あたりまえの事だけれど、気持ちがいい。
d0075843_2117132.jpg

やがて笹濁りの川が見えてきた。
遠目に見ても流れが早いのが分かる。
予想通りまだ水位は高く、あと20cmは低くなって欲しいところだ。
それでもここでロッドを振れる季節になったことは嬉しい限りだ。
僕は一人ロッドを振り続ける。
d0075843_21231525.jpg

何も起こらないまま時間が過ぎてゆくのだけれど、僕の心は穏やかだ。
河原の石に腰掛けて、煙草を取り出す。
ただぼんやりと川の流れを眺める。
今、ここは僕だけのためにあるのだ。
d0075843_21402983.jpg

鱒に出会うことはできなかった。
あたりらしきものも無かった。
もう少し水位が落ち着いたら、今度は仲間と一緒に来てみよう。
7gスピナーをルアーケースに仕舞い込み、クルマに戻った。
[PR]

by abu-z4 | 2009-05-26 21:50 | 釣り | Comments(2)
Commented by akiranspey at 2009-06-01 21:55
ABUさん、こんばんは。
なんかとても懐かしい流れに感じます(笑)
のんびりと本流と過ごす時間、素敵ですね~
もう少しするときっと鱒が顔をだしてくれますねっ。
Commented by abu-z4 at 2009-06-02 20:26
akiranさん、こんばんは。
この位だったらいけるかな?と思ったのですが、やっぱりダメでした。
去年は5月10日に尻別川の初ニジに出会うことができたのですが、今年はそうはいきませんでした。
状態が良くなったらお知らせしますね。
懐かしい流れに、是非今年もどうぞ(笑)


<< 渚滑川は朝靄に包まれていた      朱鞠内湖のアメマス >>