2008年 07月 22日

帰郷

連休最後の月曜日、僕たちはまるでふるさとに戻るような気持ちで尻別川に向った。
不安も過度な期待も無い、ごく普通の気持ちで。

d0075843_21213041.jpg

                           photo by Mr.Yun

Yunさんは、早速大きな鱒を掛けたけれど、逃げられてしまったらしい。
shuさんと僕には何も起こらない。
こんなこともごく普通に感じてしまう。
ここに来ると、何が起きても不思議ではないし、何も起こらなくても不思議ではない。
やっぱり尻別川だなぁ、と納得してしまう。

d0075843_21331619.jpg


それぞれが思い思いにこの場所でくつろいでいるような、そんな時間が延々と続く。
そして、何も起こらないことに納得して移動する。

d0075843_2147143.jpg


移動の場所もはっきり決まらないままクルマはスタートし、以前に行ったことがあるポイントに、なんとなく寄ってみようということになった。
クルマは、川が見渡せる真正面に止まった。
今のは、何だろう?
大きな鱒がジャンプした。
僕たちは、何匹もの大きな鱒がジャンプする対岸の岸際にキャストを繰り返す。
そして何も起こらないまま、一人また一人とクルマに戻っていく。
クルマで待つ二人は残った一人のキャスト眺め、その鱒が何なのか明かしてくれることを期待するけれど、やはり何にも起こらなかった。
やっぱり尻別川だなぁ、と納得し帰路につくのだった。
[PR]

by abu-z4 | 2008-07-22 22:06 | 釣り | Comments(2)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-07-22 22:36
ABUさん、こんばんは。
土曜日に引き続き、月曜日もお疲れ様でした。
さすがに連休中とあって、尻別川は釣り人で混んでいましたね。
まぁこれもいつもの本流のような気がしています。
それにしても下流域の大きな鱒、一体何だったのでしょうね。
サクラマスではない事は確かだと思いますが、ちょっと気になっています。
Commented by abu-z4 at 2008-07-22 22:57
Yunさん、こんばんは。
今日の仕事は辛かったです(笑)
喜ばせてくれたり、落胆させられたり・・・・・・・
まだ知らないところが沢山ありますが、尻別川は楽しい川であることは間違いないですね。
仰るとおりあの大きな鱒には、久しぶりに好奇心を煽られました。
あの鱒が掛かったことを想像すると、ドキドキしますね。


<< 「イパネマの娘」とホウライ鱒      十勝で逢いましょう >>