Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 29日

幸運のエゾアマガエル

2年前の7月の本流、僕はエゾアマガエルが朝露に濡れた葉に載って揺られているのを見た。
そしてその日、幸運にも50upのレインボーに初めて出会うことができた。
今年の4月15日久しぶりにエゾアマガエルを見て、冗談半分に仲間に「エゾアマガエルが居るから今日は釣れるかも」なんて言ったら、僕にしては十分満足のいくサイズのレインボーがネットに納まった。

土曜日、いつもの本流での事。
僕たちは、何時もと反対の第3セクションへと水田の脇を歩いていた。
するとYunさんが、「エゾアマガエルがいますよ」と言う。
よく見ると今年オタマジャクシから孵ったばかりの小さなエゾアマガエルが、沢山飛び跳ねている。
注意して歩かないと、踏みつけてしまいそうなほどいっぱいに。
「チビニジが沢山つれるかもしれないね」僕たちは笑いながら畔へたどり着いた。
d0075843_19241835.jpg

生憎、第3セクションでは既に先行のFFMがロッドを振っていた。
僕たちはチビエゾアマガエルを踏みつけないように注意しながら引き返し、第1セクションへと向った。
そこには親子連れのLFMが居たけれど、あまりの状況の悪さに直ぐに帰って行った。
僕は第1セクションを早々に諦め、第2セクションの瀬で集中的にキャストを繰り返す。
Yunさんは、新調したロッドを十分に自分の手に馴染ませる為なのか、第1セクションからなかなか下ってこない。
第2セクションの瀬は期待に反し無反応が続き、僕は一足先に第3セクションへと進んだ。
そこには先行のFFMの姿はなく、下流からゴムボートで対岸へと渡りキャストしていた。
d0075843_194269.jpg

それまで第2セクションでスピナーをキャストし続け、ラインのヨレは既に限界状態。
ここはスピナーを諦め、昨日購入したシンキングディープのミノーにチェンジすることにした。
1投目、流れの一番奥にキャストしゆっくりとリトリーブ。
思ったほどにミノーは沈まず、ターンオーバーしてやっとラインにテンションが掛かり、ミノーは深く沈みながら泳ぎだした。
2投目、流れの一番奥の比較的緩やかな流れにキャストし、ロッドを高く持上げてラインが瀬の流れに着かないようにサミングしながらミノーを着水させた。
と同時に直ぐにリトリーブを開始し、ミノーは流芯に向かい潜航しながら泳ぎだした。
リールのハンドルは4,5回ほど回転させたのだろうか。
突然握ったロッドに衝撃が走る。
と同時にグッドサイズのニジマスがジャンプし、既に高く昇った陽を浴びその姿を露わにした。
d0075843_20132797.jpg

リールのハンドルは空回りを続け、レインボーは流芯に向かい疾走しラインがどんどん出てゆく。
流芯で少し動きが落ち着いたところで、ドラグを少し締め込み徐々に引き寄せるけれど、魚体が浮いてくる前にまた流芯へと逃げ込まれてしまう。
確か3回繰り返したのだと思う。
僕は瀬の脇に立ち、これが限界と思うウエストの辺りまでウェーディングしてネットを構えた。
水面近くに浮き上がったレインボーは上流側に居る。
思い切ってランディングを試みる。
50肩で上がらなくなった右腕をできる限り高く上げ、テニス肘で痛む左手で握ったネットを思い切り差し出した。
僕は「ヤッター」と言ったのだろうか、それとも「フーッ」とため息をついたのだろうか。
嬉しさと安堵でいっぱいだったに違いない。
d0075843_20305690.jpg

直ぐにYunさんに知らせ、僕はその見事な体高を持つレインボーに見惚れながら、彼が来てくれるのを待った。
彼が差し出した右手を握り締め、僕は喜びに酔いしれる。
写真を撮りリリースし、Yunさんに僕がここで数投しかキャストしていないことを伝える。
僕は河原の石に腰掛け一連の流れを頭の中で反復していた。
ふと顔を上げると、Yunさんのニューロッドが大きく撓っている。
僕は慌てず背後に回り、カメラを構えた。
突然、彼のリールが悲鳴を上げてラインがどんどん出て行く。
d0075843_20492976.jpg

どうやら彼もグッドサイズのレインボーをヒットしたようだ。
このポイントでは、フライロッドを握りながらのランディングはとても難しい。
彼がレインボーを十分疲れさせるのを待ってから、僕は両手でしっかりとネットを握り締めた。
ズッシリと重いネットを彼に渡し、右手を差し出す。
ギュッと握る彼の手から、その喜びの程が伝わってくる。
こんな日が来るなんて想ってもみなかった。
僕は今朝見たエゾアマガエルのことを思い出していた。
[PR]

by abu-z4 | 2008-06-29 21:06 | 釣り | Comments(10)
Commented by 110-ken at 2008-06-29 21:36 x
ABUさん,こんばんわ

やりましたねー!!!おめでとうございます!!!!!
昨年同様,来月の中旬に尻別を訪れようと思っています。
その時,河原につく前に自分も「エゾアマガエル」を必死に探しながら釣りをしようかなー(笑)
Commented by akiranspey at 2008-06-29 21:46
ABUさん、こんばんは。
YUNさんとのダブルトロフィーおめでとうございます。
本流育ちの綺麗なレインボーうらやましいです。
いい意味でのジンクス、僕も見つけてみたいと思います!!
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-06-29 21:55
ABUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
ワイルドなグッドサイズのレインボーでしたね。
それに、エゾアマガエルの話は、ちゃんとABUさんにとっておきましたから(笑)。
ABUさん、覚えておられますか?もうひとつ、ABUさんにとっていい意味でのジンクスがあるとこを!
今度は忘れずに「イパネマの娘」の曲が入ったCDを用意しておく事にします(笑)。
Commented by paru at 2008-06-29 23:02 x
ABUさん、こんばんは。 お久し振りです。
グットサイズのレインボー、おめでとうございます!
Yunさんといい御二人でゲットだなんて羨まし過ぎます。

いつかまた御一緒出来たら良いですね、火曜日限定ですけど・・・(笑)。
Commented by abu-z4 at 2008-06-30 20:11
110-kenさん、こんばんは。
久しぶりに、しかも普段あまり使うことの少ないミノーで釣れました。
先週、同じところでミノーを使ったところ、ゴンゴンとアタリらしきものを感じたのでまた試してみました。
本当にラッキーでした。
気温も初夏らしく落ち着いてきたので、110-kenさんが来られる頃にはいろいろな瀬で楽しめるかもしれませんね。
再会、楽しみにしています。
Commented by abu-z4 at 2008-06-30 20:18
akiranさん、こんばんは。
バイト直後のジャンプは、かなり高く飛び跳ねていました。
それからは、結構パニック状態だったと思います。
ジンクスは、過度な期待にならないよう注意しようと思いますが、フィールドに到着するなりエゾアマガエルを探しちゃいそうです(笑)
Commented by abu-z4 at 2008-06-30 20:26
Yunさん、こんばんは。
土曜日は、遅くまでお疲れ様でした。
お互いグッドサイズのレインボーに出会え、良かったですね。

そうですね、「イパネマの娘」は是非とも用意していただきたいです(笑)
そういえば、北海道に於いての外来種であるトノサマガエルが最近増えてきて、エゾアマガエルが餌の奪い合いに負けて数が減少している、というような記事を読みました。
とても心配です(笑)
Commented by abu-z4 at 2008-06-30 20:37
paruさん、こんばんは お久しぶりです。
ありがとうございます。
いくらポイントを譲ったとは言え、その後直ぐに釣ってしまうYunさんにはビックリしましたが・・・・
paruさんが、最近本流に通い始めたことはYunさんのblogで知っていました。
都合が合えば良いですね。
あそこはハマってしまう所だから、気をつけて下さい(笑)
それからヌカカにも。
Commented by shinya at 2008-07-01 06:53 x
abuさん おはようございます。
ご無沙汰しております。本流のグッドコンディションのレインボーお見事です。え~~、ミノーですか?!シンキングディープはわかりましたので、カラーとサイズを教えてくださいませ(笑)

実は、土曜日私も午後から本流に立っておりました。川畔にゴムボートが置かれていましたので同じ日ですよね。しっかりと、スイベルの先にスピナー結んで、キャストし続けたのですが、2時間ロッドを振って一アタリもなしでした・・・。

いつかは・・・と思っているのですが、ここは私にとってはなかなか思い通りにならないフィールドであります・・・・・。
Commented by abu-z4 at 2008-07-01 20:42
shinyaさん、こんばんは お久しぶりです。
そうですか、川畔にゴムボートがあったのなら同じ日ですね。
お会いしたかったです。

前日、スカジットデザインのテリージャーク63ピンクヤマメを購入したのですが、「ピンクなんて使うとサクラが来ちゃうよ」とひやかされながらも、なんとなく使ってみました。
スピナーじゃなくてごめんなさい(笑)
実は、蘭越放水口の下流でもかなりイイ感じのバイトがあったのですが、フッキングがあまかったのか、下流に走られてブレイクしてしまいました。
因みに、その時既にアタリルアーは根がかりでロストしてしまい、9gのスピナーでした。
今回はラッキーでしたが、今年は厳しいようです。


<< 夏の十勝川      6月なのに >>