Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 15日

1500Cの囁き

ABUアンバサダー1500Cは、10年程前小河川で小型のニジマスを狙うために手に入れた。
去年から調子が悪く、今年になってようやくショップを通して修理を依頼したところ、ギアが欠けているのが判明。
僕の1500Cにはハイスピードギアが組み込まれているのだけれど、部品のストックはもう既に底をついたらしく、スタンダードなら在庫はあるので組み込み可能とのこと。
無いものはしょうがない。
スタンダードギアを組み込まれた僕の1500Cは木曜の夜、ようやく僕の手元に帰ってきた。
d0075843_190503.jpg

週末釣行は本流なので、いつもの4500Cの方が合っているけれど、折角直って帰ってきたのだからスタンダードギアがどんな具合か試してみたい。
土曜の釣行は、少し無理を掛けるのを承知で、1500Cに7.6ftのロッドを組み合わせることにした。
しばらく使っていなかったせいか、スプールの回転が渋く飛距離が出ない。
しかしそれもキャストの回数に比例して、全てが徐々になめらかになっていく。
ただ、スイベルが大きすぎたせいでルアーの動きがリールやロッドに伝わってこない。
スイベルのサイズを落とし、ヌカカの攻撃から逃げて移動してきた瀬頭でキャストを続けた。
うん、この感触でOK!
早速、ウグイらしき反応があるものの、フッキングには至らない。
少しダウンクロスぎみに遠投し、流芯を探ってみる。
グゥン!少しロッドがのされるような強いアタリ。
反射的に合わせを入れた瞬間、1m程のジャンプを見せる鱒。
d0075843_19221623.jpg

1500Cからは、普段良く耳にする友人たちのフライリールからの悲鳴とは違う、ジッジッジッとという控えめな囁きが断続的に聴こえてくる。
多分、その囁きはリールを握る僕だけにしか聴こえないほど小さな音だ。
3度だっただろうか、4度だっただろうか、ジャンプを繰り返す鱒の姿がニジマスに間違いないと確認できる距離まで近づくまで、僕は1500Cの囁きを何度も聴きながら、1500Cでまた釣が出来たことを楽しみ、僕にとってはグッドサイズのニジマスに出会えたことを喜んだ。
d0075843_19355435.jpg

d0075843_19362097.jpg

d0075843_19364637.jpg

慎重に引き寄せ、やや手こずりながらもニジマスは大型のShuCraftネットに収まった。
1ヶ月以上も前に本流でのニジマス釣がスタートしたと思ったら、それからは急に反応が悪くなってしまった。
ようやくまた本流ニジマスに出会えたことで僕は嬉しかったし、1年振りにこの赤い小さなリールが復活したこともまた嬉しいことだった。
d0075843_19485821.jpg

d0075843_19491766.jpg

珍しくイブニングまで粘ることになり、ヌカカ対策のネットを被り薄手のグローブで完全防備。
ネット越しに見える景色はサングラス以上に薄暗く見え、老眼の進んだ僕には足元も良く見えない。
案の定、河原に下りる土手で足を踏み外し、頭から1回転して草むらに着地した。
幸い身体は無傷で打撲もなし、ロッドも無事で背中のネットも助かった。
しかし、キャストを開始して間もなく、ルアーの着水位置も足元の様子も確認できなくなってきた。
同行の皆はまだ続けている。
月明かりがその姿を水面に浮かび上がらせている。
でも、それが誰なのかはもう僕には判断できない。
ぼくは1歩づつ足元を確認するように土手を上り、一足先にロッドをたたんだ。
[PR]

by abu-z4 | 2008-06-15 20:10 | 釣り | Comments(2)
Commented by akiranspey at 2008-06-16 22:12
ABUさん、こんばんは。
レインボー、おめでとうございます(笑)
尻別は次第によい季節になってきているんですね。
さて、予定通り今週末お伺いする予定ですが、ご都合はいかがですか?
ご一緒できるとうれしいんですが・・・
Commented by abu-z4 at 2008-06-17 21:58
akiranさん、こんばんは。
ありがとうございます。
久しぶりにレインボーの引きを楽しみました。
徐々にですが、状況は上向いているようです。
週末、勿論お待ちしています。


<< 6月なのに      新記録! >>