Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 20日

少し前進

考えてみると、海アメというものを最後に釣ったのはいつだったのだろう。
2年、いや3年?

土曜は、いつもよりかなり遅めの6時スタート。
友人と2人で島牧方面に向かった。
峠を越して海岸線に出る。
いつもは大勢の釣り人で賑わうこの海岸線だけど、今日はどうしたことだろう、やけに車が少ない。
無風状態でベタ凪の海は、鏡のように静まり返っている。
d0075843_1319616.jpg

ポカポカ陽気の砂浜で、キャストを開始した。
静かでほのぼのとしているのは良いが、気配というものを全く感じさせない。
振り返ってみると、後ろの防波堤に友人が早くも諦めポーズで腰掛けている。
撤収。
クルマに戻る途中、友人に出会った。
更に先の河口付近は良い状況らしく、彼は3匹の大型海アメに出会ったという。
直ぐに移動することにした。
d0075843_13331220.jpg

そこでは、別の友人が既に大型の海アメを釣った後、のんびりと休憩していた。
再会の挨拶もそこそこに、僕たちはキャストを開始した。
先程のポイントとは違い、ここでは直ぐに魚の気配も感じられるし、実際にサケ稚魚を追いかけまわす大きな海アメの姿も確認できる。
ひょっとしたら、久しぶりに海アメと出会うことができるかな?
時折、大勢のフライマンが並んだ彼らのロッドのうちの何本かが、強烈なカーブを描く。
どれもこれも60を超える、サケ稚魚をお腹一杯に詰め込んだ丸々とした海アメだ。
同行の友人に3度のバイトがあったこともあり、僕たちは昼食後も今日一日、ここで過ごすことに決めた。
僕のリトリーブするヤマメカラーのサスペンドミノーに、最初の反応があったのは食後まもなくのことだった。
リトリーブが終わる数メートル手前、大きな魚体が確認できた。
一瞬、ミノーを咥えたのか軽く触れただけなのか、ロッドがブルルンと震えたが、ミノーはそのまま回収された。
うん、海アメは、僕のミノーに反応するのは確かだ。
それから間もなく、同じようにかなり手前で、今度は引ったくるような強烈なアタリ。
とうとう僕のミノーを海アメが咥え、ロッドが強烈に撓った。
水面で暴れるその姿は、大型であることが確認できる。
でも、その数十秒後、手前の岩に潜り込まれてテンションがゆるんだのだろうか。
抵抗感のないリールをリトリーブすると、ヤマメカラーのミノーだけが僕のロッドに納まった。
d0075843_1423718.jpg

バイトがあるものの、なかなかやり取りまでに持ち込めなかった友人は、午後から一匹目の海アメを引き寄せる途中にブレイクさせた後沈黙が続いたが、とうとうこの日5匹目のバイトを確実にフッキングさせた。
慎重に引き寄せる彼は、見事大型の海アメをランディングすることに成功した。
彼の嬉しそうに微笑む笑顔は、傾き始めた太陽に照らし出され輝いていた。
おめでとう!

残念ながら、僕は今回も海アメに出会うことができなかったけれど、少しだけ海アメに近づくことができた。
こんなに良い状況は、そうそうあることではないと思う。
でも、次回は少しだけ自信を持ってロッドを振ることができるのかな。
[PR]

by abu-z4 | 2008-04-20 14:29 | 釣り | Comments(10)
Commented by akiranspey at 2008-04-20 19:03
ABUさん、こんばんは。
行きたかったです島牧・・・。晴天の中、気持ちよい釣りができたみたいですね。
海アメは近くにいるけど遠い存在なのでしょうか。
GWには行きますのでその際は宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2008-04-20 20:17
akiranさん、こんばんは。
今回の島牧は、僕がこれまで訪れた中で最も魚の気配を感じた1日でした。
しかも、どれも大型の海アメばかりで、小さなものを釣る方が難しいと言っても過言ではなかったと思います。
フライの人は遠めで掛けていましたが、僕は2度ともかなり近い所でバイトしてきました。
僕にとって海アメは、近くにいても遠い存在であることは確かです。

GWは、何処にしましょうか?
例年よりも、雪代の落ち着きが早そうですよ。
Commented by flyman44u at 2008-04-20 21:17
ABUさん、こんばんは。
もう少しで、惜しかったですね・・!この時期にルアーでサケ稚魚
凄く難しいと思いますが、バイトに持ち込まれたABUさんは凄いですね

多分近いうちにはきっとグッドサイズの海アメを手にする事でしょうね(笑)
それに友人のSHUさんですか?多分会話はしていないのですが
十勝で一度お会いしていると思うのですが、良いサイズの海アメを
釣られて良かったですね。僕は島牧は終了ですが何処かでお会いできれば光栄です。友人に宜しくお伝え下さいね・・!
Commented by shucraft at 2008-04-20 23:12
ABUさんこんばんは!
のんびり島牧もなかなかよいですね!ABUさんのロッドをグニャリと曲げたアメマス大きかったですね。残念でしたね。でも、もうじき始まりますよ虹鱒の時期が。怖いな~(笑)
また次回宜しくお願いします♪

PS: flyman44uさん有難うございます。
多分ミドリの橋の所でお会いした事があると思います。また何処かでお会いしましたら宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2008-04-21 19:41
ryoさん、こんばんは。
ブレークしたのは残念でしたが、海アメの力強い引きを楽しめただけでも、僕にとっては大きな進歩です(笑)
あの日は、周りに10人程いましたが、僕以外は全てFFの方達でした。
FFの方は、遠くでヒットしていたようですが、ルアーはすぐ近くでしたので、おそらく全く別の反応をしているのでしょうね。
あの日のようなことに、そうそう出会えるとは思いませんが、次回チャンスがあれば、しっかりとこの手に収めてみたいと思います。
Commented by abu-z4 at 2008-04-21 19:47
shuさん、こんばんは。
今回の島牧は、正解だったね。
あの状況だったら、shuさんはきっと大きな海アメを手にすると思っていたけれど、自分にもヒットするとは思っていなかったから、ずいぶん慌ててしまいました。

きっと僕は、虹鱒の時期がやってくるまで、魚と出会うことはないと思うよ(笑)
なんて、虹鱒もダメだったりして・・・・・・
Commented by 110-ken at 2008-04-21 22:15 x
ABUさん,こんばんわ

ご無沙汰しています。
釣りになかなかいけない自分は自分もいった気になれるABUさんやSHUさん,Yunさんの皆さんのブログを拝見するのがとても楽しみです。
次回はどこに連れってもらおうかな〜(^.^)

それにしても海アメ惜しかったですね
Commented by abu-z4 at 2008-04-22 20:18
110-kenさん、こんばんは。
僕は、釣りに行っているのですが、釣れてません(笑)
ま、いつものことなんですが、それでも皆と一緒に楽しませてもらっています。
僕の場合、川での虹鱒の時期が来るまで、ジッと我慢の日々が続きそうです。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2008-04-23 20:40
ABUさん、こんばんは。
週末の島牧も天気が良くって、本当に釣り日和といった感じだったようですね。
それにいろんなドラマがあったようで・・・。
私も何年か前の今頃千走川の河口で同じ様な光景に遭遇したことがありました。確かにあれはかなりエキサイティングです。
Commented by abu-z4 at 2008-04-23 22:02
Yunさん、こんばんは。
土曜日の千走川河口は、今までに経験したことがない事でした。
あれほど大型の海アメが、直ぐ足元でサケ稚魚を追いかけまわす様は、去年の利別川を思い起こさせました。
利別川では、結局何も起こらないまま終わってしまいましたが、それだけに逃げられたとは言え、ビッグサイズの海アメと数十秒でしたが遊んでもらえたのはとても嬉しかったです。
詰めが甘いのは、いつものことですから・・(笑)


<< いつもと同じ いつもと違う日      さようならブルーノ >>