Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 15日

川で涼む

ここのところ、札幌も連日猛暑に襲われ寝苦しい日が続いている。
夏休みも残すところあと2日となった昨日、仕事明けの友人と午後から本流へと向った。
最初に向ったポイントは、鮎師で埋め尽くされ僕たちの入る余地はない。
それでも下流域の邪魔にならない場所を見つけロッドを振った。
d0075843_10475398.jpg

ヤマメが2匹だけ顔を見せてくれただけだったけれど、30度を超える猛暑の中、ウエーディングしながらロッドを振るのはとても気持ちが良い。

いつものポイントへ移動した。
川までの小道には、胡桃がころがっていたり、サクランボの木には実が一つも無かったり、稲が少しだけ頭を垂れていたり、蕎麦の花がチョッと色褪せていたり、また少し季節の移り変りを感じさせる。
時折、グッドサイズのアメマスがライズしたりニジマスらしきライズも見られるけれど、相変わらず僕のロッドには何の反応もないまま時間が過ぎる。
魚がいるのは間違いない。
対岸では、多分サギだと思うけれど、30cm程のニジマスを捕まえてついばんでいる。
d0075843_1131128.jpg

スプーン、ミノー、テレストリアル系、表層、中層、底といろいろ試してみたけれど、結局いつものスピナーに20cmほどのニジマスが一匹顔を覗かせただけだった。
友人が待つ第3セクションに、タバコを咥えダラダラと瀬にキャストをしながら下っていたら、見事コケてしまった。
幸い浅瀬だったので少し濡れた程度で済んだけれど、岩にスネを思い切りぶつけてしまった。
痛いのを我慢してキャストを繰り返していたら、どうも様子がおかしい。
足首の辺りがだけが湿っぽい。
よく見ると、ウエーダーに小さな穴が開いている。
ものぐさな僕は、痛いのはほっておいても自然に治るけれど、ウエーダーは修理しなくちゃいけないなぁ、なんて思ってしまった。
これじゃ釣りにならない。
いつもはネバる友人もめずらしく諦めムード。
ちょうど陽も傾いてきたので、少し涼しくなったフィールドを後にした。
d0075843_11554024.jpg

[PR]

by abu-z4 | 2007-08-15 12:00 | 釣り | Comments(0)


<< 3年ぶりの空知川      オホーツク遠征Vol.2 >>