2007年 08月 12日

オホーツク遠征Vol.2

2時間ほど眠っていたのだろうか。
携帯が鳴る。
「一匹釣りましたよ。河口に群れが入ってきました。」友人からの電話だ。

金曜の夜11時に札幌を出発した僕らは、まだ薄暗い3時30分には前回と同じオホーツク海に到着していた。
期待とは裏腹にカラフトマスの群れは少なく、誰一人としてカラフトマスに出会うことなく数ヶ所のポイントを移動していた。
d0075843_22213418.jpg

最後のポイントは、イブニングまで過ごすことになると思い、すっかり疲れてしまった僕は、一人クルマの中で昼寝をしていたところだった。
それまで雨が降ったり止んだりしていたけれど、今は大雨で外に出るのを一瞬躊躇する。
折角の友人からの電話だ、すぐに気持ちは決まった。
最後のチャンスに賭けよう。
僕は土砂降りの中、ロッドを握り締め浜辺へ向った。

友人たちがロッドを振っている河口付近に入る余地は無さそうだ。
僕は、少し離れた場所でキャストを開始した。
2投目、周りの釣り人が次々とカラフトマスを釣り上げるのを見て気持ちが焦ってしまったのか、力んだキャストはとんでもないバックラッシュを起こしてしまった。
もう解けるような状態ではない。
僕は降りしきる雨の中、泣く泣くラインを捨てて、残り僅かの下巻で続けることにした。

友人たちが立つ河口付近に、少しスペースが出来たので移動した。
2人共、次々とカラフトマスをヒットさせている。
さっぱり反応の無い僕を気遣って、友人が場所を交代してくれた。
d0075843_2247012.jpg

友人のアドバイスに従って、キャストしたスプーンをゆっくり送り込んだ。
静かにリトリーブを開始すると、直ぐに小さいけれども確かな反応がある。
素早く、そして思い切りロッドを立てフッキングさせる。
慎重に調整したドラグは、一瞬ジィッと音を立て余分な力を吸収してくれた。
力強いカラフトマスの躍動感がロッドから伝わり、フッキングが確実にできたことを知る。
スプールの古くて残り少ないラインのことがちょっと心配になったが、リールの性能を信じて少し強引なぐらいに引き寄せた。
d0075843_22594063.jpg

今朝、ロッドを振り始めてからもう既に14時間が経過していた。
ようやく出会えた一匹に、それまでの疲れが吹き飛ぶ。
シルバーメタリックの綺麗な雄のカラフトマスを写真に収めてもらうその後ろでは、また友人がカラフトマスとのファイトを楽しんでいた。
[PR]

by abu-z4 | 2007-08-12 23:05 | 釣り | Comments(4)
Commented by akiranspey at 2007-08-12 23:20
ABUさん、こんばんは!!
腰の入ったナイスファイトです!!!
長旅の先に待っていた魚・・・きっと素晴らしいファイターだったんでしょうね!!
僕も来年は必ずや挑戦したいと思ってますのでその際はアドバイス宜しくお願いします!!
Commented by abu-z4 at 2007-08-13 13:11
akiranさん、こんにちは。
それまで全くピクリとも反応が無く、後にも先にも一度きりのバイトでしたが、なんとかフッキングできました。
周りに沢山の釣り人がひしめき合っているので、たまには走らせながらゆっくりとファイトを楽しむというわけにはいかず、多少強引に引き寄せことになりました。
この数分間のやり取りを求めて、何時間も彷徨うことがしばしばですが、それだけの価値がある楽しさだと思っています。

来年と言わず、この後にはサケも控えています。
体調回復が間に合えば、是非ご一緒しましょう。
Commented by tokyo_terry at 2007-08-13 21:20
ABUさん、こんばんわ!!
面白い絵ですね。
キャッチしたばかりの後ろで、またロッドが曲がっている!
こうなると、帰り道のクルマの中では、イロイロと話が盛り上がりそうですね〜。
先日、ボクは単独での遠征をしてきましたが、やっぱり一人だと帰り道は眠くって仕方ありませんでした(笑)
Commented by abu-z4 at 2007-08-13 22:06
terryさん、こんばんは。
慌てていた僕は、カメラをクルマに忘れてしまったので、Yunさんに撮っていただいた写真なんです。
盛り上がりは後片付けまでで、帰りのクルマの中では流石に疲れがドッと出て、頻繁にドライバー交代をしていました。
なんて言ったって、金曜の23時に出発して家に着いたのは土曜の25時ですから。
3人でもかなりキツイです(笑)
terryさんが参加して、4人になると随分楽になると思うのですが・・・・・


<< 川で涼む      カラフトマスの季節 >>