2006年 11月 04日

友人たちの日

言い訳をするつもりなどない。
2回目、1年ぶりに訪れた朱鞠内湖で、僕は全くのお手上げだった。
チェイスは何度か・・・・・いいや、言い訳はやめておこう。
曇天模様の中時々太陽が顔を覗かせる、11月としては比較的暖かな1日だった。
d0075843_16395455.jpg

d0075843_1647556.jpg

友人の一人は、開始早々本命のイトウをキャッチ。
初めて見る、生イトウ。
モジリやライズが多く期待が高まったが、間もなくそれも納まり、バックスペースの少ないこともあり早めにその場を切り上げた。
場所を移動するも魚の気配は無く、モーターボートで地元の情報を頼りに移動することに。
半島のそこは、水量が多いため島状態になっている。
気配はあるものの、さまざまなルアーを試してみても反応が無い。
離れた場所でロッドを振っていたもう一人の友人が良型のアメマスをキャッチしたと言う。
後で見せてもらった写真には、ワイルドな顔つきの素晴らしいアメマスが写っていた。
d0075843_1752325.jpg

迎えの時間が迫ってくる。
振れども振れども、とうとう僕のロッドにはなんの反応も無くタイムアップ。
支笏湖といい、屈斜路湖といい、そしてここ朱鞠内湖といい、湖は本当に難しい。
今の僕には、どうすることもできないのが現実だ。
でも、決してつまらなかったわけではない。
同行の友人たちが、それぞれ素晴らしい鱒をキャッチする事ができた。

友人たちの日、僕の日ではなかったようだ。
何時の日か、湖でも僕たちの日が訪れる事を期待したい。
[PR]

by abu-z4 | 2006-11-04 17:15 | 釣り | Comments(6)
Commented by yamame at 2006-11-04 20:22 x
ABUさん、湖はほんと難しいですね。
私も昨日はダム湖でFT浮かべましたが駄目でした。

それでも屈斜路、支笏湖、朱鞠内湖とすばらしい自然に
囲まれて無心にロッドを振ってると癒されます。
そしていつか私たちの日が来ます^^
Commented by abu-z4 at 2006-11-05 11:17
yamameさん、おはようございます。
初めてルアーを体験したのが湖だったのですが、2年通ってとうとう何もつれなかった苦い思い出があります。
湖での苦手意識を何とか克服したいのですが、そう簡単にはいきそうにありません。
でも、徐々にですが鱒たちに近づいてきているような気がします。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-11-06 20:29
ABUさん、こんばんは。金曜日は、お疲れ様でした。
湖は、本流とは違いやはりポイント選びが難しいので、回遊待ち(つまり粘りみたいなもの)が必要なのかもしれません(笑)。
今度はもう少し水位が低い時に丸一日取水崎で過ごしてみましょう。きっと面白いですよ。

P.S.運転席の横にABUさんの帽子がありました。今度お会いするまで預かっておきますね。
Commented by abu-z4 at 2006-11-07 07:59
Yunさん、おはようございます。
帽子、忘れていましたか。どうもすみません。

川ばかりだったせいか、クルマで移動するような大きな移動ではなくても、歩きながらポイントを探す癖が治りません。
まだまだ経験が不足しているようです。
Commented by tokyo_terry at 2006-11-08 18:10
ABUさん、こんばんわ!!
最近は苦手だと言っていた湖の釣行が増えてるようですね。
ゆっくり、じっくりと自分のペースで湖のメソッドが確立できるとイイですね。
ボクも釣り人として、大きなターゲットを狙ってるつもりでも
釣れるのは予想よりも小さなサイズばかり。
でも楽しみ方は千差万別。
風景を楽しんだり、会話を楽しんだりすると
気持ちにも少しだけ余裕が生まれますね。
きっとそんなときに湖の女神さまが微笑みますよ。
Commented by abu-z4 at 2006-11-08 21:36
terryさん、こんばんは。
そうなんです。
こんなに湖に通ったのは初めてです。
川にも行きたいのですが、このまま川に行ってしまうと尻尾を巻いて逃げ出すようだし、川でも釣れなかった時のことを想像すると・・・・・・・
何とか結果を出せると、気持ちよくアメマス狙いに行けるのですが。
でも、湖の釣りも毎回楽しめてはいるんですよ。
なんとなく僕のルアーが魚に近づいているような気がするのです。
気がするだけですけれど(笑)


<< patient      屈斜路湖で・・・・4日目(本年... >>