2006年 10月 11日

屈斜路湖で・・・・・2日目最終日

枕が変わると寝付けない僕にしては、初日の疲れがよほどだったのだろうか、ぐっすりと眠る事が出来た。
外は予想通り、天気は最悪だ。
だけど、昨日も経験したせいなのか、僕にためらいはなかった。
昨日のポイントに着いてはみたものの、あまりのコンディションの悪さに、急遽風裏のポイントを目指し林道に向かった。
林道は、昨日からの風雨のため数箇所が倒木のため道を塞いでいる。
倒木のためUターンしてきたクルマがあったが、僕たちはそれを確認するため前進する。
倒木を避けては前進を3度繰り返し、僕たちはやっと目的のポイントにたどり着く事が出来た。
さあ、今日こそはシルバーに輝く屈斜路湖のニジマスをぜったい釣るぞー。
d0075843_20392835.jpg

何故か分からないけれど、魚の気配はする。
キャストで届く距離ではないが、遠くで大きなニジマスのライズがある。
僕の足元を2匹の魚影が横切る。
僕は昨夜、今回の釣行のお世話をして下さったカメラマンの斉藤さんと、森とさかなの清宮さんとの会話の中で、自分の釣りのスタイルについて話した事を思い出し、それまで使っていたミノーやスプーンをやめてスピナーに絞り込む事にした。
かけ上がりをなめるようにリトリーブすると、コツコツとブレードが底を叩くのが分かる。
少しロッドを煽り気味にすると、グゥンと重いアタリ。
やっと来たー。
と、いきなりシルバーの魚体がジャンプする。
屈斜路湖のニジマスがやっと僕のスピナーを咥えてくれた。
これ以上ジャンプを繰り返されないように、僕は慎重にABUのハンドルをゆっくりと回す。
だけど、ハンドルが上手く握れない。
もう1時間以上前から手はかじかんで、ハンドルは握っていると言うよりも、親指をただ掛けているような状態だった。
それでも、何とか足元まで引き寄せた。
引き寄せたニジマスの向うには、カメラを構えたYunさんが見える。
その瞬間、バシャ!
綺麗な弧を描いていた僕のロッドは、ただの直線になっていた。
落胆しなかった、と言えばウソになるが、自分のスタイルで此処のニジマスを掛けることができたが嬉しかった。
その後も、一度だけヒットしたけれど、結果は全く前と一緒だった。
スピナーを底を這わせるようにリトリーブするうち、とうとう根掛かりしてラインが切れてしまった。
これで僕の屈斜路湖での釣りは終わった。
何故なら、僕の指はもうスイベルのフックを掛ける事もラインを結ぶ事も出来なかったのだ。
d0075843_2183854.jpg

東京から遥々やって来たterryさんは、最後の最後でとうとうニジマスを仕留めた。
しかも、彼なりのやり方で。
東京に暮らす彼には、僕以上に過酷な2日間だったと思う。
その彼が、自分が想像した通り、自分が選んだタックルとメソッドで釣上げた1匹。
本人だけではなく、同行した皆が喜んだのは言うまでもない。
僕は、こんな素晴らしい仲間と過ごせた2日間にとても満足だった。
[PR]

by abu-z4 | 2006-10-11 21:34 | 釣り | Comments(12)
Commented by flymagic at 2006-10-11 22:11
abuさん、こんばんは。
あの過酷な状況で2匹もヒットさせたabuさんはやはりルアーの神様ですね(笑)。 僕も昔、ルアーらしき事をやっていたので手の冷たさが痛いほど分かります。金属のリールに手を添えているルアーは金属に体温を奪われて物凄く冷たくなるんですよね。
今度は柔らかな日差しが射す屈斜路湖で、のほほ~ん♪と釣りをしましょうね(笑)。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-10-11 22:27
ABUさん、こんばんは。
せっかく釣具店で買ったネオプレーンのグローブを忘れたのが痛かったですね。でも、ABUさんなりのスタイルに徹することが出来て良かったように思います。
是非また訪れましょうね。

P.S.火曜日に穏やかな支笏湖に行っていました。少し活性が上がっているようです。帰り際、いつものポイントでルアーマンが60cmオーバーのトロフィーサイズのオスのレインボーをリップレスミノーでキャッチされていましたよ。
Commented by daikyu at 2006-10-11 22:54 x
ABUさんこんばんは。前日エメラルドでお2人とお話ししたコトが二日目の釣りに繋がったんですね・・・きっと2人も喜ぶと思いますよ!斉藤さんは10日の朝、清宮さんは今日のフェリーで北海道を離れました・・・

その昔、本栖湖でスーパーブラウンが全盛だった頃、日本記録になっていたサイズは確かスピナーで釣られたと記憶しています。ABUさんの拘りがどこかでドラマを起こしてくれそうですね・・・・

すっかり僕の心も北海道に首ったけと言う感じです・・・素敵な想い出のスタートも皆さんとのご縁からだと思います。これからもよろしくお願いします!

それにしてもyunさんの支笏湖情報も気になるー!(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 23:17
ABUさん、こんばんわ!!
ABUさんが掛けたレインボー、イイ感じにロッドが曲がってましたね。
それだけにちょっと残念でした。
でもスピナーにこだわり、スピナーでヒットさせたときスゴく嬉しそうでしたね。
こちらにABUさんの気持ちがよく伝わってきましたよ。
ボクも自分の自信のある毛鉤をチョイスして
結果が残せたのでその気持ちはスゴくよくわかります。
次回は春の柔らかな日差しや、初夏の心地良い風を浴びながら
一緒に釣りが出来るとイイですね。
Commented by masuonoyakata at 2006-10-12 02:03
ABUさん、はじめまして鱒夫と申します。
僕もルアーを転がしていた時アブのリールが大好きでした。
そんな事を思い出しながら拝見させてもらいました。
また拝見させていただきますね^^。
よろしければリンクお願い致します。
Commented by abu-z4 at 2006-10-12 12:15
akaさん、こんにちは。
僕は平凡なただのルアーマンです(笑)
好き嫌いのはっきりしている僕は、一度気に入ると、なかなか他のものに心が奪われることがありません。
きっと頑固者なんだとおもいます。(以前は頑固者で通っていました)

もちろん天気の良い日は気持ちがイイですが、先日のような過酷な条件でも、何とか結果を残せるようにしたいです。
Commented by abu-z4 at 2006-10-12 12:19
Yunさん、こんにちは。
まさか、グローブが必要になるほどの天気になるとは、思ってもみませんでした。
これも、良い経験になりました。
出来れば早い内にもう一度訪れてみたいですが、支笏湖の話も気になるし・・・・・・
ホント、僕たちにはオフというものが無いですね(笑)
Commented by abu-z4 at 2006-10-12 12:25
daikyuさん、こんにちは。
先日は、本当にありがとうございました。
おかげさまで貴重な体験をすることが出来ました。
また、斉藤さんや清宮さんとの出会いや、blog仲間とのより一層の交流を深めることが出来ました。
心より感謝します。
次回は是非、daikyuさんと並んでロッドを振りたいです。

Commented by abu-z4 at 2006-10-12 12:31
terryさん、こんにちは。
最後に、決めれると一瞬思ったんですが、やっぱりだめでした。
でも、本当にスピナーに来たことが嬉しかったです。
まだまだ使いこなすのには、経験が必要なようです。
また当分、スピナーから離れられそうにありません。
次回terryさんが来られる時まで、少しは上達できるよう頑張ってみます。
Commented by abu-z4 at 2006-10-12 12:38
鱒夫さん、はじめまして!こんにちは。
お名前は、以前から存じておりました。

今では、仲間内でルアーを続けているのが珍しくなってしまいました。
長くやっている割には、頑固な性格と不器用さが災いして、さっぱり変わり映えのしない釣りを続けています。

こちらこそ、リンクお願いします。
今後とも、宜しくお願いします。

Commented by freehands at 2006-10-13 11:31 x
abu さん、写真の齋藤です。ドラマティック屈斜路湖。凄いですねえ。
同行できずにスミマセン・・・風邪が悪化して部屋でダウンしておりました。皆さんの気力と体力には驚異を覚えます、さすが釣りバカ4人衆(笑)。
感服いたしました。
最初に北海道を訪れたのが、いまから35年ほど前ですが、憧れの北海道も随分変わりました。しかし、紺碧の屈斜路湖は今もあのときのまま、自分の眼前に豊かな水を湛えて広がっておりました。
次回は、晴天の湖水でブルーバックレインボウを撮影したいものです。
また、支笏湖など札幌至近のフィールドもぜひ取材してみたいものです。ところで、自分もルアーマンやってみようと思います。本栖湖で粘っていた頃の昔を思い出して、ダブルハンドと高性能スピニングを手に入れようと思います。来年の北海道では、撮影を離れて少し釣りをしたいものです。
一緒にやりましょう!
追伸:たまには東京へ夜遊びに来てくださいね(笑)。
Commented by abu-z4 at 2006-10-13 12:49
斉藤さん、こんにちは。
先日は、本当にありがとうございました。
こんな経験を出来るなんて、思ってもみませんでした。
と言うのも、僕は川が中心で、湖がとても苦手なのです。
今回、キャッチには至りませんでしたが、チョッとだけ湖の苦手意識が払拭されました。
嵐のようなタフコンディションも、今となっては良い思い出になります。

ルアーを再び始められるようですが、今度は是非、一緒に僕たちのホームグラウンドでロッドを振ってください。
そちらに行った際は、ご連絡させていただきます。


<< 屈斜路湖で・・・・・3日目      屈斜路湖で・・・・初日 >>