2006年 10月 09日

屈斜路湖で・・・・初日

金曜の夜、僕たちは期待と不安を胸に屈斜路湖に向けてクルマを走らせた。
期待は勿論ビッグトラウト、不安は何度聞いても嵐が訪れることを告げる天気予報だ。
でも、9ヶ月ぶりに再会できた東京のterryさん、Yunさん、akaさん、そして僕の4人を乗せたVOLVOの車内は、終始和やかな会話が続く。
d0075843_2072678.jpg

ようやく空が白み始めた頃、僕たちは屈斜路湖へ注ぐ川を湖畔目指して歩き始めた。
さあ、これから始まるのだ!
しかし、なんとか持ちこたえていた曇り空も、ロッドを振りだして30分も経たないうちに雨と強風へと変わってしまった。
黙々とロッドを振り続ける僕たちに、容赦なく雨は降り続ける。
休憩を取った皆の顔に迷いが生じていたのは確かだ。
だけど、僕たちはここで続ける事を選ぶことにした。
湖畔に戻ってみると、風向きは変わり、何か起きそうなそんな予感があった。
間もなく、Yunさんのロッドが弧を描き、ラインの先ではシルバーのレインボーが大きくジャンプした。
d0075843_20355131.jpg
d0075843_20363645.jpg

40弱のそのレインボーの顔にはあどけなさが残っていたが、それはやがてビッグトラウトに成長することを容易に想像できる力強いヒレと筋肉質な胴体を持っていた。
初めて見る屈斜路湖の美しいレインボーに、僕はすっかり心を奪われてしまった。
僕も釣ってみたい!
そんな気持ちと比例するかのように雨も風も強まり、体温がどんどん奪われ濡れた指の感覚が無くなっていく。
肘が下がり、感触の無くなった指がサミングを遅らせ、バックラッシュが続く。
残念だけれど、僕の限界がやってきたようだ。
皆を残して、先にクルマへ戻り休む事にした。
3時間後、あれからYunさん、akaさんがそれぞれ2匹のレインボーを上げた事をずぶ濡れになって戻った2人から聞くと、僕の後に戻ってきたterryさんと僕は、羨望と尊敬の気持ちで握手で迎えた。
d0075843_21124420.jpg

ホテルに着いた僕たちは、冷え切った体を温泉で温め、十分な食事と少々のアルコールで明日に備えた。
ベッドに潜り込むと、閉じた瞳に鮮やかなシルバーに輝くレインボーがジャンプする姿が映った。
[PR]

by abu-z4 | 2006-10-09 21:29 | 釣り | Comments(10)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-10-09 22:05
ABUさん、こんばんは。2日間、お疲れ様でした。お身体の方は大丈夫ですか?
それにしても、凄い悪天候でしたね。2日目の寒さは、レインジャケットの防水機能がまったく働かず、私は寒さで震えておりました(笑)。
でも、皆さんと御一緒出来て、メチャメチャ楽しかったです。
残念なのはABUさんの差し入れを食べることが出来なかった事でしょうか。次の機会の本流ででも楽しみにしております。
まるでサバイバルのような2日目も楽しかったです。
この続きを楽しみにしております。
Commented by flymagic at 2006-10-09 22:20
abuさん、こんばんは。
お体は大丈夫でしょうか?2日間はあまりにも寒すぎましたからね。
でも、楽しい2日間でした!温泉入ってお酒呑んで楽しいお話をして
とても有意義な時間を過ごせました(笑)。
今度は暖かい時期に行きたいですね!
Commented by SHU at 2006-10-10 00:05 x
ABUさんこんばんは!
嵐の中お疲れ様でした。
内容は電話でお聞きしましたが、何やら楽しそうな場所ですね。
次回があれば是非参加したいでーす。

今週末、楽しみにしています!
Commented by tokyo_terry at 2006-10-10 00:44
ABUさん、こんばんわ!!
二日間、生意気な若造にお付き合いくださって、ありがとうございました!!
今回は一月に初めてお会いしたときよりも
一緒に釣りをしたり、食事をしたり、お酒を飲んだりと
多くの時間を共有できて、とても嬉しかったです。
ABUさんの色んなお話を聞いていて、
ますますボクはABUさんのファンになりましたよ。
次回は青空の下でランチが出来るとイイですね。
いつか必ず北の大地には行くつもりです。
そのときもどうぞよろしくお願いします!!
Commented by abu-z4 at 2006-10-10 20:19
Yunさん、こんばんは。
昨夜から喉の痛みがひどく、どうやら風邪をひいたようです。
遠征最中でなくてホント良かった(笑)

最後の日のことをいろいろ考えていたら、試してみたい事が頭に浮かんできて、天気の良い日も良いけれど、また同じような条件でやってみたくなりました。
とにかく屈斜路湖は、イイ所でした。
Commented by abu-z4 at 2006-10-10 20:26
SHUさん、こんばんは。
屈斜路湖は、SHUさんも絶対気に入るフィールドだと思うよ。
なんて言ったって、僕たちの大好きなニジマスが美しい。
どうしてなのか分からないけれど、湖が苦手の僕でも違和感が無かったしね。
今回は残念だったけれど、次回は一緒に行こうね。
Commented by abu-z4 at 2006-10-10 20:36
terryさん、こんばんは。
若造だなんてとんでもない。
僕の友人は、年上年下に関係なく、皆尊敬する人達ばかりです(マジで)
そうゆう人達と共に楽しく時間を過ごせる事が、この上なく好きなのです。
しかも今回は、とても良い釣ができたのだから、喜びも特別です。
次回は、さらに楽しい時間が待っていると思いますよ。
Commented by abu-z4 at 2006-10-10 20:48
akaさん、こんばんは。
風邪をひいてしまいました。
張っていた気が、緩んでしまったんですね。

初日の休憩時、akaさんが同じ所で続ける事にノリ気でないように僕は感じたけれど、午後からの粘りは本当にビックリしました。
Yunさんの力を借りながら、と言ってakaさんは謙遜するけれど、やっぱりakaさんの釣りたい気持ちの表れに尽きるよ。
クルマに戻ってきた時のakaさんの手が、赤紫色になっていたのを僕は見逃さなかったよ。
ずぶ濡れの2人は、とてもカッコよかったです。
Commented by yamame at 2006-10-10 22:47 x
abu殿、最悪の天候の中、お疲れさんでした。
殆ど寝ないで行って雨にうたれれば、それは風邪ぐらい引くでしょう。
でも次回につなげるくらい良フィールドだったと肌で感じ気ごころのしれた仲間と再訪する希望をもてる収穫がありましたね。

お互いウォルトンの初期メンバーとしてこれからもさらに楽しい釣り人生にしたいものです。
Commented by abu-z4 at 2006-10-11 19:36
yamameさん、こんばんは。
体力と気力と根性の無い僕には、とてもきつかったです(笑)
正直なところ、最後には指の感覚が無くなり、リールのハンドルすら握れない状態でした。
でも、夢中になってロッドを振ってしまう、屈斜路湖はそんな所でした。

僕がウォルトンに入会した時、既に皆さんはベテランでしたから、初期メンバーと言われると照れてしまいます。
相変わらずのワンパターンな僕ですが、これが一番自分に合っている様な気がします。


<< 屈斜路湖で・・・・・2日目最終日      神話が崩れた日 >>