Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 17日

オホーツクのサーモンフィシング

金曜の夜、サーモンキャンプに参加するYunさんがドライブする車を、日帰り組のSHUさんと僕はただひたすら追いかけ北へ向かう。
オホーツク海は穏やかな表情を見せている。
これからどんなドラマが待っているのだろう。
d0075843_22245915.jpg
d0075843_22251263.jpg

もう既にロッドを振っている人達の近くで、サーモンのライズが確認できる。
僕たちもそれぞれの期待を胸にキャストを始めた頃、ようやくオホーツクの海に陽が昇る。
間もなくして3人共にバイトがあったが、うまくフッキングしない。
他の何人かがキャッチしていたが、かなりの数のサーモンが確認される割には反応が悪い。
きっと魚体の色から想像するに、以前から岸寄りしている群れなんだろう。
とても届かないような沖では、銀色の魚体が元気良くライズしているのが見える。
4時間程も振っていただろうか、周りの人達も釣れているようではなかったので、他のポイントに移動することにした。
川の流れ込みが有るここは、左にエサ釣りの人達、右にフライ・ルアーの人達がキレイに分かれている。
こうゆう場所に慣れていない僕は、不思議に思いながらも右端に入ってみた。
すぐにサーモンは確認できたが、ここも岸寄りしている群れはかなり色づいている。
時折ロッドに反応はあるが、おそらくスレなんだろう。
全く食い気の無いサーモンを前に、僕たちはお手上げ状態。
ここでSHUさんと僕は、キャンプに参加のYunと別れ、サーモンを諦めてオホーツク海に流れる川でニジマスを狙うことにした。
d0075843_2344533.jpg
d0075843_23547.jpg

春・夏に何度か訪れたこの川は、ここ数日で減水したらしくポイントは限られているようだ。
放流物が多いここは、春にはヒレの切り取られた固体が数多く見受けられたが、やはり反応が悪い中ようやくキャッチした30cm前後のニジマスは、綺麗に揃ったように見えたヒレが胸ヒレだけ小さかった。
その後も同じようなサイズのニジマスを1匹釣る事ができたが、お目当てのカラフトマスやサーモンの産卵を狙う大型のニジマスに出会うことはできなかった。
一睡もしていない僕たちは、脱力感と睡魔と闘いながら帰路につくこととなった。
[PR]

by abu-z4 | 2006-09-17 23:24 | 釣り | Comments(4)
Commented by yamame at 2006-09-18 08:58 x
ABUさん、おはようございます。そちらはオホーツクでフレッシュ&ソルト
のダブルヘッダーだったんですね。
こちらは近場でF&Sをやりました。
お互い、いまひとつの釣果でしたが、いつもパーフェクトフィッシングだと
釣りには行かなくなるでしょう・・・と自分に言い聞かせてます(笑)

積丹半島のサーモン全線は遅れてます。
今週末に上向くかな~?

Commented by abu-z4 at 2006-09-18 12:03
yamameさん、こんにちは!
今年は時期がずれ込んでいるのか、それとも数が少ないのか、状況は厳しいようですね。
春の川もそうでしたが、良い時期が短いので、その時期を逃すとあっという間にシーズンが終わってしまうのでは・・・・・・
もともと海は経験が少ないので、どうしたら良いのか迷ってしまうのですが、タイミングよく群れに出会えると、きっと何かを掴めると思います。
体力的に自信が無いので、次回は積丹方面に行ってみようと思っています。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-09-18 17:34
ABUさん、こんばんは。あの距離の日帰りは本当に大変だと思います。お疲れ様でした。
初日とは違って、2日目は幾分状況が上向いていたようです。また、来年行きましょう。今度は是非とも宿を予約して(笑)。
Commented by abu-z4 at 2006-09-18 18:54
Yunさん、こんばんは!
そうですねぇ。
来年は、宿をとってslow fishingといきたいですね。
リラックスした雰囲気で出来れば、僕ももう少し頑張れるような気がします。
とりあえず今年は、去年初めて連れて行ってもらった日本海で、去年以上の結果を出せるように頑張りたいと思います。



<< 中洲でお祝い      雨のち雨 >>