Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 17日

Unbelievable

会社から有給休暇消化を勧められ、水・木曜の休暇が突然決まった。
勿論、1日ぐらいはフィールドへ足を運びたい。
LLサイズを「横取り?」に、北の本流も考えてはみたけれど、Yunさんに相談すると「濁りも水位も状況は厳しいだろう」とのこと。
性悪な僕でもLLサイズを釣るような技量は持ち合わせていないので、今回は北を諦め十勝川へ再び「独り占め」に向かった。
d0075843_10164935.jpg

勝手気ままな一人釣行、急ぐ事もないので今回も一般道を走った。
日勝峠の頂上は3℃到着した最初のポイントは7℃と、かなりの冷え込みだ。
きっと水温も下がり、コンディションは良いんじゃないかと期待感は高まる。
d0075843_1022115.jpg

しかし、信じられないと言うか不思議な事もあるもので、最初に入った合流ポイントでは、上流側の岩盤・砂利浜・正面岩盤・合流正面の4つのセクション全て1匹だけしかレインボーは姿を現さない。
しかも、バイトはその一回のみでサイズはXSとSばかり。
続いて入ったYunさんポイントも、上・下2つのセクションでそれぞれ1バイト1フィッシュのSサイズ。
更にアミーゴポイントでも、上流の瀬・倒木中州・アミーゴ3つのセクションで同じ事が起こってしまった。
ただ、芽室市街近郊のポイントでは、1バイトはあったもののフッキングは出来なかった。
d0075843_10382474.jpg

体力と時間の許す限り何度も流してみたけれど、結果は同じ。
最近は、少し分かったような気になっていたけれど、そう甘くはないようだ。
1匹だけしかいない、なんてことはありえないし・・・・・・・
ハイシーズンを前に、タックルもメソッドも迷ってしまいそうだ。
d0075843_10471942.jpg

とはいえ、楽しくなかったのか?と問われれば、決してそういうわけではない。
たとえ1匹だけでも、何度も何度も流して出会えた1匹。
バイトの瞬間は、サイズに関わらず興奮する。
d0075843_10522611.jpg

休まずキャストを続けたせいか、左脇腹が痛い。
無理せずゆっくり帰ろう。
日勝峠で道路工事のため手旗信号を待っている間、次にこの大地を訪れるのはいつになるのだろう、とぼんやり考えてしまった。
[PR]

by abu-z4 | 2015-09-17 11:06 | 釣り | Comments(2)
Commented by akiranspey at 2015-09-21 08:47
ABUさん、おはようございます。
十勝晴れの中、楽しまれたようですね~(^^♪
釣れるときにはあっさり釣れて、釣れない時には何やっても釣れない・・・
おっしゃるとおり鱒は流れの中にいるはずなんですけど、スイッチの入る瞬間が難しいですね。
朝もやがもうすぐ始まる初冬のアメマスのフィールドを感じさせますね!!


Commented by abu-z4 at 2015-09-22 10:15
akiranさん、おはようございます。
此処のところ、十勝に通うことが続いています。
同じポイントでも水位・濁り・水温等々条件は毎回異なり、飽きる事がありません。
すごしやすい季節なので、1年中で最も集中力を持続できることもあり、毎回クタクタになるまでキャストを続けています。
次回こそは、akiranさんが仰る「スイッチの入る瞬間」に出くわす事ができれば良いのですが・・・・・・


<< あと2cm      ひとりじめ >>