Things

abuz4.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 25日

満面の笑み

d0075843_10342689.jpg

きっと誰もがこんな瞬間があるのだろう。
思いが叶ったり、思いがけないことだったり、我慢の末だったり、悩んだ挙句だったり・・・・・・・・・
アングラーは魚をネットに収めた瞬間、喜びと安堵で満面に笑みをたたえる。
d0075843_10354336.jpg

冬に逆戻りした土曜日の十勝川は、大賑わいだった先週とは対照的に釣り人の数もまばら。
プレッシャーは少ない筈なのに、なぜか魚からの反応は薄い。
d0075843_10471683.jpg

そんな中で出会ったグッドサイズ。
土曜日、最も印象に残ったのは、普段あまり表情を表に出さない友人の笑顔だった。
d0075843_10423389.jpg

僕は、1日を通してリズムが悪かった。
なんとかレギュラーサイズのアメマスが反応してくれてノーフィッシュは免れたものの、それまでにロストしたミノーと相変わらずのライントラブルに悩まされた結果だった。
リリースのその時、僕は満面の苦笑いだったに違いない。
d0075843_1131830.jpg

[PR]

by abu-z4 | 2012-03-25 11:04 | 釣り | Comments(6)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2012-03-25 19:36
ABUさん、こんばんは。週末はお疲れ様でした。
それにしても今回は季節外れの湿った雪に吹き降ろしの寒風と、とても寒く感じましたね。
知床番屋のシェフさんは、最後に十勝川らしいアメマスに出会えて、きっとホッとしていると思います。
韋駄天の豚重は残念でしたが、有楽町のジンギスカンにホルモン鍋と最後は身体の芯から温まりました。
また、宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2012-03-26 19:18
Yunさん、こんばんは。
土曜日は、お疲れ様でした。
中途半端な気温と湿った雪に、随分悩まされましたね。
おまけに午後からは風も付いてすっかり気力が失せてしまいました。
そんな中でもシェフの笑顔は、一時の清涼剤のように爽やかな気持ちになりました。
予定外でしたが確かに有楽町のジンギスカンは、三幸とはまた違った旨さがありましたね。
但し、デザートのアイスは明らかに食べ過ぎだと思います(笑)
Commented by naosuke at 2012-03-30 18:36 x
abuさんはじめまして。naosukeと申します。
Blog楽しく拝見させて頂いております。

私も23日に同じ橋下のポイント等を巡りましたが厳しい状況でした。
過去のabuさんの記事にあるようなメタボ虹に出会ってみたく今年は道北の本流に足を運んでみようと考えています。
しかし、記事内のスイベルが伸ばされたりと想像を超えるパワーを持った虹達が生息する川に対しどのようなタックルで挑めばよいのか悩んでいるしだいです。
道北の本流用に新しいロットを新調しようと考えているのでもし良ければタックルのスペック等を教えて頂けないでしょうか?
Commented by abu-z4 at 2012-04-01 14:07
naosukeさん、こんにちは。はじめまして。
ご覧いただき、ありがとうございます。
23日はnaosukeさんも十勝川にいらっしゃっていたんですか。
確かにあの日は厳しい状況でしたね。
これからは雪代の影響で濁りも増し、さらに厳しくなっていくのでしょうね。
ご質問の件ですが、僕のタックル選びは基本的に本流アメマスと変わりがありません。
ロッドはAngloのParagonPRB833とsageのCT286FBを主に使用していますので、8ft以上のものでミディアム或はミディアムライトのアクションのものが使い易い思います。
リールはAbuアンバサダー4500Cを使用しています。
ラインはナイロンラインの12lbを使用し、比較的こまめに交換しています。
ライン強度は鱒とのやり取りに重要な問題ですが、根がかりによるルアーロストを極力減らすためににも大切なポイントだと思っています。
長くなりましたので一旦切ります。
Commented by abu-z4 at 2012-04-01 14:11
naosukeさん、続きです。
スナップスイベルは、スープリームタイプの#12以上の強度のものを使用し、フックはルアーのタイプやサイズに関わらず、シングルの#2が基本になっています。
尚、ショックリーダー等は使用せず、直結びです。
以上が僕のタックルの標準仕様ですが、参考になりましたでしょうか?
但し、もう既にご存知のこととは思いますが、僕のメソッドは仲間のスペイフライマンの釣りを参考にした全くの我流です。
naosuke さんと本流ワイルドレインボーとの出会いの一助となれば良いのですが・・・・・・・
Commented by naosuke at 2012-04-02 14:44 x
abuさん、こんにちは。
ご返事ありがとうございます。
こんなにも細かな情報を頂き悩みも吹き飛びました。
abuさんが長年にわたり積み重ねた経験を元に行き着いたタックルのスペックを公開していただき非常に感謝しています。
この情報を参考に本流のワイルドレインボーに近づけるよう頑張ります。


<< 納得の一日      拾ったルアーが教えてくれた >>