2010年 08月 29日

傷だらけのレインボー

いつもの仲間のほとんどは、知床へ向った。
仕事の都合が付かず居残り組となったhoriさんと僕は、土曜日の行き先を相談した結果、天塩川を上流部から徐々にポイントを探りながら下ることに決めた。
以前に訪れたことのあるポイントもあれば、2人にとって全く初めてのポイントもある。
d0075843_17564671.jpg

踏み込んだのは良いけれど、熊の足跡に恐れをなして魅力的なポイントを諦めたり。
特に決まり事もなく、気の向くまま気の向いたポイントでキャストする。
d0075843_1805934.jpg

そんな気楽さがとても心地良い。
小型ではあるけれど、どのポイントからも何らかの反応があり、僕たちを退屈させない流れが続く。
d0075843_184999.jpg

d0075843_1842650.jpg

橋の下で一休みしているうちに、ちょっと眠ってしまったようだ。
気が付くと、到着した午前5時に15℃前後だった気温は、お昼頃には25℃を超えるほどに上昇し、川に立ち込んでキャストをするだけでも気持ち良い。
ランチの前にhoriさんお勧めのポイントに入った。
d0075843_18204096.jpg

次から次へとレインボーを掛けてhoriさんのロッドは大忙し。
そんな姿を横目で見ながらキャストを続ける僕は、全く反応を得られないことに少し焦りを感じていた。
気分を変えて、いつもは使うことの少ないグリーン系のスプーンを繋いでみる。
コロコロと川底を転がりながら、ルアーは僕の真っ直ぐ下流側に流れてきた。
ゆっくりとリトリーブを開始した瞬間、押さえ込むようなアタリがハンドルに伝わってきた。
一気に下流へと魚は走り、リールからはジージージーと心地良い音が鳴り続ける。
弱目に調整したドラグ、しなやかなグラスのロッドティップ、そしてロッドを低く寝かせることで水面で暴れジャンプしようとする魚をなんとか鎮めことができた。
十分に時間をかけ慎重にランディング。
d0075843_20452391.jpg

                            original photo by Mr.hori


d0075843_1917460.jpg

ネットに収まったのは、右側のエラと左右の背中に古傷の痕が残るグッドサイズのレインボー。
体高がありヒレは全て綺麗に揃っている。
決して美しいとは言えないその魚体は、百戦錬磨のボクサーのように逞しい輝きを放っている。
痛々しい傷は今や完全に癒え、一切の同情も必要としない真のワイルドレインボー。
傷一つない美しいレインボーは確かに魅力的だが、こんな深い傷痕を残しながらも逞しく生き延びてきたレインボーは、また違った意味の美しさを秘めているように感じた。
[PR]

by abu-z4 | 2010-08-29 19:19 | 釣り | Comments(4)
Commented by hori at 2010-08-29 19:52 x
 ABUさん、こんばんは。
天気も良く、川の水もきれいで、気持ちよかったですね。
堰堤の虹鱒・・・ちょっと悔しいです(笑。
また、よろしくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2010-08-29 20:57
horiさん、こんばんは。
天塩川は、期待以上に楽しめました。
グッドサイズに出会えたのは確かにラッキーでしたが、初めてのポイントはいつもワクワクします。
そして、昼寝も気持ち良かったですし(笑)
堰堤では、かなり粘っていましたものね。
あれだけ姿を見せつけられると、入れ込んでしまうのも仕方がありませんね。
またタイミングが合えば、秋にでも訪れてみましょうか。
Commented by shucraft at 2010-09-03 00:15
ABUさんこんばんは!
手塩で良い釣りをしてこらたようですね。しかもABUさんが好きな、気の向くまま気の向いたポイントでの釣りですからね!次回手塩を案内してくださいね。次回、宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2010-09-03 21:26
Shuさん、こんばんは。
天塩川は、horiさんのお陰で期待以上に楽しめました。
聞くところによると、水位が下がる秋も良いようです。
機会があったらご一緒しましょう。


<< horiさんの日      オホーツク海へもう一度 >>