2010年 07月 20日

1泊2日十勝川

3連休、土曜日出勤だった僕は、いつもの仲間から1日遅れの日曜未明、小雨の降る札幌から十勝川に向けてクルマを走らせた。
ここのところ訪れる度に雨模様の十勝川、今回も気になるところではある。
最初に入ったポイントは、今までビッグサイズやグッドサイズのレインボーをヒットさせたことはあっても、キャッチまで到ったことがない、僕にとっては鬼門といえるポイントとして印象深い。
先ずはそこから始めてみよう。
d0075843_1041187.jpg

そんな先入観があるからなのか、またしてもやってしまった。
瀬頭に立ち、瀬尻の脇にキャストした10gスプーンが沈み込みながら下に続く小さなプールにスイングして行く。
完全に逆引き状態になった時から少しずつリトリーブを開始する。
根掛りのような感触に、握っていたロッドを川下に伸ばしラインテンションを緩め、水面近くに下げていたティッップを持上げた。
一瞬のガツンというアタリは、その力強さとロッドの撓り具合からグッドサイズ、もしかするとビッグサイズのレインボーを想像させる。
プールの脇に場所を移動し、やりとりを開始。
長く感じていたその時間は、実際には1~2分の事だったと思う。
ロッドを少し立てて魚を浮き上がらせ、その姿を確認しようとしたが。
大きく曲がったロッドは更にグイグイと波動するような振動をグリップに伝え、その不規則なリズムが何度か繰り返された後、突然すべてのテンションが失われ静寂がやって来た。
d0075843_9164169.jpg

最近頻繁にフックアウトを連発していることから、ドラグを少し強めに調整していたのがいけなかったのだろうか。
とうとう魚の姿を確認することがなく終わった僕は、残った日・月の二日間悩み続けることになってしまったのだった。
d0075843_1095451.jpg

d0075843_10101275.jpg

こんな時は、気分転換を図るのが良いかも。
上流域で暫し仲間と一緒にロッドを振る。
街中にホテルを予約した僕は、その後幾つかのポイントに寄りながら徐々に川を下って行った。
しかしその後、レインボーとの出会いは少なく、フックアウトの原因を掴もうとしてもいろいろと試すことは出来なかった。
すっかり意気消沈してしまった僕は、まだ十分に釣りを楽しむ時間を残したままホテルに到着。
ほぼ徹夜のまま札幌を発ってきた疲れ切った身体をゆっくりと休め、明日に備えることにした。
d0075843_10262270.jpg

d0075843_10264092.jpg

月曜日、相変らずお気に入りの中流域は、何処もレインボーの反応が少ない。
徐々に上流に移動し、ここが最後と決めていたポイントに到着。
ここでは、スモールやレギュラーサイズのレインボーが数多くヒットしてきた。
こうなると、たとえグッドサイズではなくても、いろいろと試してみることが出来る。
ドラグの調整、ロッドワーク、魚の重さに適したテンションの掛け方等々。
それはそれで、とても楽しく有意義なものであったと思う。
d0075843_10403596.jpg

だけど、楽しみにしていたグッドサイズレインボーとの出会い、このまま終わってしまうのかと思うと正直なところ残念な気持ちでいっぱいだ。
このポイントも残す所僅かになってしまった。
その中でも1番といえる場所に立つ。
小さな瀬ではあるけれど流れは強く水深もある。
瀬の脇の護岸部分に、それまでここで有効だった11gスピナーを一度当ててから、流れに沈ませ即座にリトりー部を開始した。
何かがルアーに引っ掛ったような気がしたけれど、そのまま下流に向かいスピナーは浮いてきた。
もう一度同じようにキャストしてみる。
今度は明らかに魚のバイトだと感じ、ラインスラッグを取るためにも大きくロッドを合わせたが、ロッドにテンションが伝わってこない。
と思った次の瞬間、想像よりも数メートル下でグッドサイズのレインボーがジャンプした。
と同時にロッドには、フッキングが成功した証の明確なテンションが伝わってくる。
d0075843_10593467.jpg

レインボーの姿を確認しながら一定のテンションを保ち、徐々に下に移動し取り込む場所を確認する。
無理に引き寄せジャンプされては、また今までと同じことになってしまう。
テンションが徐々に弱まり、レインボーの抵抗も弱まってきたのを見計らい、ネットインが困難と判断した河原に一気に引き上げた。
その直後、携帯にYunさんから電話が入った。
一緒にランチを済ませてから帰宅しよう、とのこと。
勿論、今回の釣行の目的を十分に達成した僕に、異論があるはずがない。
d0075843_11101286.jpg

きっとその時の僕は、上ずった声で興奮気味にYunさんと話していたはずだ。
とても辛く迷い悩んだ今回の釣行だったけれど、最後に出会ったこのグッドサイズレインボーが、沈み気味だった僕の心を和ませてくれたのだった。
[PR]

by abu-z4 | 2010-07-20 11:17 | 釣り | Comments(8)
Commented by MORI at 2010-07-21 00:44 x
ABUさん、こんばんは。
お疲れ様でした。
最初にグットサイズをバラシて悩み、間に気分転換に仲間とロッドを振り、終了間際のグッドサイズレインボーのキャッチ!。そして、Yunさんから連絡が入り、韋駄天の豚丼で締めくくる。
このストリー、起承転結がはっきりしていて最高のドラマですね。もしかして誰かに脚本書いてもらいました。(笑)
十勝本流レインボーは楽しいですね。
今回は一緒にロッド振ったのは少しでしたけど、またご一緒できる日を楽しみにしてます。
Commented by abu-z4 at 2010-07-21 20:45
MORIさん、こんばんは。
お疲れさまでした。
帰りは眠くてきつかったですね(笑)途中の昼寝は少々長すぎたようですが・・・・・・
そうですね、まるでドラマのような展開でした。
一人で動く釣りは、ポイントの選択や見切りもすべて自分の判断になりますから、時々自分の総合的な判断力を試すためにも良いんじゃないかと思っています。
特に今回のような良い結末で終わると、ちょっと自信もつきますし。
とは言っても、皆さんと一緒に行動する時の楽しさや感動はありませんが・・・・・
道内は明日からまた雨模様のようですね。
増水や濁りが心配です。
次回ご一緒する時には、ベストコンディションであって欲しいですね。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2010-07-21 20:57
ABUさん、こんばんは。
携帯電話から、十勝川の流れの音の混じってABUさんの興奮した声がこちらにも届いておりました。期待通りのグッドサイズのレインボーとの出合い、おめでとうございました。
でも、朝のビックサイズはちょっと残念でしたね。
Commented by abu-z4 at 2010-07-21 21:06
Yunさん、こんばんは。
あのタイミングでYunさんからの電話、レインボーはフックが刺さったままバタバタ暴れるは、びしょ濡れのパンツのポケットから携帯を取り出さなくてはで、慌ててしまいました(笑)
いつかは、あのお気に入りのポイントで、ビッグサイズに出会ってみたいものです。
また、宜しくお願いします。
Commented by shucraft at 2010-07-21 22:38
ABUさんこんばんは!
良い魚との出会い、おめでとうございます。
十勝に対する思いが強いABUさんのことだからさぞ嬉しかったことでしょう!十勝もまだこれからですよ。きっと。またよろしくお願いします。
Commented by akiranspey at 2010-07-22 01:11
ABUさん、こんばんは。
グッドサイズのレインボーおめでとうございます(笑)
きっとスリリングなやりとりが楽しめたのでしょうね~。
今週末お伺いする予定ですが天候が怪しそうですね。
普段の行いはよいはずなのですが・・・。
Commented by abu-z4 at 2010-07-22 20:15
shuさん、こんばんは。
あまり期待しないで臨んだ最後のポイントでしたが、運良く満足できるレインボーに出会えました。
一人であれこれと悩んだ末の一匹だったので、とても嬉しかったです。
そうですね、昨年の経験からすると、10月まで可能性はあるんじゃないですか。
こちらこそ、また宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2010-07-22 20:22
akiranさん、こんばんは。
ありがとうございます。
サイズの割りに重たいレインボーでした。
今週末ですか?
僕は、土曜日に用事があるので、行けるとしても日曜になると思います。
でも、道内は今日から日曜まで雨まじりの天気予報になっていいますね。
上流のダムからの放水で、まだ水位が落ち着いていない状態に更に雨が降ると、厳しい状態になるかもしれません。
なんとか小雨程度で済んでくれると良いのですが・・・・・・・・


<< それでも僕たちは十勝川へ      土曜の十勝はまたも雨 >>