「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 08月 15日

夏休み

6日間の夏休み、いくら身勝手な僕でも全部を釣りに費やすわけにはいかない。
それでも最低2回はフィールドへ出かけたいと思う。
水温が高かったり水位が高かったり、或いは濁りがきつかったりとコンディションのよろしくない道内の本流。
休み初日の11日、そんな中でも比較的条件の良い尻別川へ、およそ1年振りにYunさんと出掛けた。
d0075843_22282028.jpg

久しぶりに訪れたお気に入りのポイントは、水位・水温・濁度いずれも良好だった。
そんな中、YunさんはLLサイズとの束の間のランデブーを楽しんだようだけれど、僕はといえばいつもと変わらずSS~Sサイズ専門。
オッと思ったた相手は、春から居残り組の遡上魚。
一番印象に残ったのは、細身のSサイズアメマスだった。
d0075843_22385058.jpg

午前中だけの短い時間だったけれど、久しぶりに訪れた尻別川はやはり魅力的な流れだった。
僕の本流釣りはここから始まり、Yunさんとの釣りもここから始まった。
ここの流れに立つことは、特別に感慨深いものがある。
d0075843_22463718.jpg

12日夜、土日を十勝川で過ごすことに決め、東へ車を走らせた。
夜の帳を霧雨が包み込む清水の公園駐車場、夜明けを待つために車中で仮眠をとっていた。
1台の車が僕の車に横付けされた。
ライトを握った3人の人影。
その内の1人が車内を照らす、もしや・・・・・
なんのことはない、不審車両と思った3人の警察官だった。
d0075843_2310512.jpg

しっとりとした天気のせいなのか、気分もどんよりとしている。
陽が昇りだしても霧に包み込まれた川面から、その表情をうかがい知る事ができない。
心配した濁りはどうなんだろう。
増水で変わり果てた景色を横目で見ながらポイントへ歩き始めた。
d0075843_1511197.jpg

おそらくこの川は大暴れしたのだろう。
ポイントまでの藪には数々の流木が踏み後を塞ぎ、一部の土手は崩れ落ちて危険な状態だった。
やっとの思いでポイントにたどり着くと、思ったとおりの濁り具合。
気分は落ち込みぎみになるけれど、体力の続く限りロッドを振ってみよう。
d0075843_23204816.jpg

d0075843_23205926.jpg

1時間ほど経っただろうか、流芯にさしかかった僕のルアーに反応があった。
強く合わせたと同時に、大きなジャンプを2度続けた。
十勝らしいレインボーだと思ったけれど、やり取りの感触はなんだか違う気がした。
ネットを左手に握った時、もう一度ジャンプした。
アレッ、ブラウンってこんなにジャンプするんだぁ。
この条件でMサイズのブラウン、素直に嬉しかった。
d0075843_23334681.jpg

d0075843_2334145.jpg

高揚した気分が落ち着き、キャストを再開した。
対岸の緩やかな流れの中でLLサイズが姿を現した。
ドキドキするほどのはやる気持ちを落ち着かせ、姿が見えたやや上流へカラーやウエイトの違う様々なスプーンをキャストしたけれど反応は得られなかった。
それじゃぁと、アピール力はあるものの糸ヨレを嫌って使っていなかったブラックのスピナーに結び替えた。
着水直後、素早くリトリーブを開始しブレードを回転させると・・・・・・・
僕が見たLLではなかったけれど、Mサイズのレインボー。
以後、魚からの反応は、パッタリと途絶えた。
d0075843_23494740.jpg

昼寝と昼食をとりポイントを彷徨うけれど、何故かキャストをする気になれず、ただ車を走らせるだけで時間が過ぎていった。
それほど長い時間キャストをしたわけでもないのに、すっかり疲れてしまった。
明日になっても状況に大きな変化はないだろう。
最初のポイントに戻り夕飯までロッドを振り、車中泊は諦め帰ることに決めた。
期待を込めてロッドを振り続けたけれど、Sサイズのレインボーが1匹顔を見せてくれただけだった。
そして楽しみにしていた僕の夏休みの釣りは、3日を残して終了となった。



中学生になるまで、この曲はヴェンチャーズのオリジナルだと思っていました。
それにしてもこのプリマバレリーナは美しく妖艶ですね。

こちらは僕の小学生の時のお気に入りヴェンチャーズ。

[PR]

# by abu-z4 | 2016-08-15 00:11 | 釣り | Comments(10)
2016年 08月 07日

バラシは僕のルーティン

先日の大雨で荒れてしまった道内の本流。
その中でも影響が少ないだろうと思われる湧別川にYunさんと伴に向かった。
車中泊が続くレインボーシーズンは、会話の機会もめっきり減ってしまったから、久しぶりの日帰り釣行は釣りに限らず話題に事欠かない。
d0075843_18424571.jpg

残念な事に、期待した湧別川は水位に問題はないものの、全く想像していなかった濁り具合だった。
それでもなんとか釣りになるようなポイントを探しキャストしてみた。
小さなレインボーとヤマメが顔を見せてくれたけれど、それ以上は望めないと判断し2年ぶりに山上湖へと舞台を移した。
d0075843_185147100.jpg

真夏の太陽が照りつけ、気温はグングン上昇する。
時折吹き抜ける乾いた風とひんやりとした湖水が、火照った身体を鎮めてくれる。
d0075843_1857187.jpg

キャスト開始直後だった。
根掛かりだと思った。
それがバイトだと分かりロッドを強く合わせたけれど、時すでに遅し。
僅かな手ごたえを感じるのと同時に、推定Lサイズが大きくジャンプ。
やり取りを楽しむ間もなく、此処のところすっかりルーティンとなったアディオス・・・・・・
d0075843_1965657.jpg

Sサイズ1匹だけでもと粘ってみたけれど、開始直後に心地良く感じた水温は徐々に身体全体を冷やし、我慢の限界がやってきた。
こんな事はもうすっかり慣れてしまったとは言え、このパターンはいつまで続くのだろうとも思う。
せめてもの救いは、Yunさんの当日2度目のLサイズレインボーとの出会いを一部始終観ることができたことだろう。




[PR]

# by abu-z4 | 2016-08-07 19:31 | 釣り | Comments(6)
2016年 07月 25日

ドボシバツラノ

なんだかスタートから調子が悪かった。
疲れてはいるものの、どこか体調が悪いわけではなく何かリズムが悪い。
「そういえば先日友人もそんな事言っていたなぁ」と思い出した土曜の早朝だった。
d0075843_19373355.jpg

先週に引き続き訪れた十勝川は、期待したほどではないにせよ、魚の反応は若干良くなったように思えた。
あくまでも反応が良くなったと思うだけで、そのほとんどは、ショートバイトで終わったり、フッキング即ジャンプでBye Bye、やり取りだけを楽しんでジャンプそしてBye Bye、キャッチ寸前でBye Bye。
訳の分からないまま時間が過ぎ、気づいた時にはタイトルの文字が整列していた、「バラシノドツボ」。
d0075843_19513979.jpg

ヒットの数だけで言えば素晴らしい土曜日だった。
そしてワンポイントだけロッドを振った日曜日は、全くのノーバイト。
終わってみれば、僕がフックを外したのはU-30サイズの3匹だけという結果。
d0075843_19594620.jpg

あれはいったいどういう事だったのだろう。
考えてもしょうがない「忘れようとしても思い出せない」なのだ!(古いギャグでスミマセン)


これまた古い僕の夏の定番

[PR]

# by abu-z4 | 2016-07-25 20:11 | 釣り | Comments(6)
2016年 07月 19日

連休を十勝で過ごす。

連休は、どこで過ごそうか?
LINEでは、ひっきりなしに様々な情報とそれぞれの思いが飛び交っていた。
僕は、漠然と「水位が60.15を切ったら十勝にしよう」と考えていた。
同じように考えていたのか、なんとなく仲間の2人と十勝川で合流することになった。
d0075843_21135389.jpg

わがままを言って、僕のお気に入りポイントから始めることにした。
藪コギの最中足を滑らせ、倒木に脛を思い切りぶつけてしまった。
この日、再度藪コギで転倒したけれど、どうやら自分が思っている以上に足腰は弱っているようだ。
擦りむきと打撲で、今も脛が痛む。
d0075843_21213339.jpg

グッドサイズはなかなか顔を見せてくれないけれど、思いつくまま彷徨った、ほぼ全てのポイントでレインボーが遊んでくれた。
d0075843_21244117.jpg

なにか忘れてない?
d0075843_21254898.jpg

十勝川のホウライマスには、久しぶりに出会ったような気がする。
思いがけない場所からもレインボーが顔を見せた。
d0075843_21265619.jpg

だけど、やや低い水温と虫たちの少なさに、夏の十勝を感じられなかった。
7月、辟易するほどの虫たち、日中のうだるような暑さ、それがいつもの十勝だったと思う。
d0075843_21333553.jpg

そんな中でも友人のレインボーは素晴らしかった。
きっと彼にとって思い出に残る一匹になったと思うし、その場に居合わせて喜びを共有できたことは、嬉しい出来事だった。
d0075843_21411430.jpg

そして2日目、最後の最後に僕のルアーに反応してくれたレインボー。
およそ40mのロングキャスト後間もなくのバイトをフッキング出来たこと。
その時ロッドを握った僕の両腕は、ラインコントロールのために真上に伸びきっていたのだから・・・・・・
Sサイズそこそこだったけれど、良い釣りができたと思う。
d0075843_21553856.jpg

陽が傾いても降り続く雨と2日間の疲れが、そろそろ終わりを知らせる。
そのまま帰路に着く事もできるけれど、早めの夕食をとり友人と湿った公園のベンチで語らうのも悪くない。
公園の駐車場でもう一泊し、十分睡眠をとって帰宅することにした。



[PR]

# by abu-z4 | 2016-07-19 22:09 | 釣り | Comments(10)
2016年 07月 04日

さようならLサイズ

馴染みのランからのスタートは、ウグイ攻めに会った。
きっと水温が高いのだろう。
早々に諦め、最も近い支流合流点に移動することにした。
先行者を心配したが、幸運にも僕一人だった。
d0075843_19335368.jpg

本流側へキャストした7gスプーンが、支流との合流部の深みにスイングして行く。
逆引き状態からは、長めのステイと僅かなリトリーブを繰り返した。
クゥンクゥンと小さなバイトを感じ、思い切りロッドを上流側へ寝かせ合わせた。
確かな重量感を感じ、フッキングが成功した事を確信した。
Lサイズの魚体に鮮やかなレッドバンド、鼓動が高まる。
暫しのやり取りに時間を要し、ようやくランディングのタイミングがやってきた。
慎重に頭からネットに入れ、持ち上げた。
どうした事だろう、頭と尾はフレームからはみ出し、胴体がU字になってネットに半分だけ入りかけている。
その瞬間大暴れしたレインボーは、僕の元から去っていってしまった。
d0075843_1956286.jpg

起こった出来事を反芻し、何が悪かったのかを考えてみる。
まずネットが小さかった、取り込み場所が悪かった、もう少し時間をかけるべきだった・・・・・・・・・・
次から次へと後悔の念に駆られる。
何故か一人でいるのが寂しくなり、友人と合流する事にした。
d0075843_205743.jpg

Sサイズのレインボーが時々相手をしてくれた。
いつもだったら嬉しいけれど、先ほどのショックを引きずり素直に喜べない。
瀬尻が終わった鏡面状の流れに5gスプーンをキャストした。
ラインを送り込みスラックを多めにし、軽いルアーがヒラヒラと泳いでくれる事をイメージした。
グゥン、遠くで感じたバイトにロッドを上方向に大きく合わせた。
スラックが多すぎたのかロッドに手ごたえを感じない。
次の瞬間、LLサイズの大ジャンプ。
リトリーブするラインの先には、ヒラヒラと5gスプーンだけが泳いでいた。
d0075843_20231772.jpg

2度のチャンスを掴み取る事が出来なかったのだから、後悔は大きい。
でも、1度目の失敗は次に活かすことが出来るし、2度目は僕のメソッドではどうしようもないと思う。
ネットに納めることは出来なかったけれど、十分楽しませてもらった。
いつ来るのかも分からない次のチャンスに思いを馳せる。
d0075843_20334674.jpg

翌日曜日は、雨の影響で濁った川をキッパリと諦め、早々と帰路に着いた。
札幌に着いた時に車の燃料を確認すると、まだ半分ちょっと残っている。
もう一回行けるなぁ。


久しぶりに見るコリーヌ・ベイリー・レイは、大人の女性になっていた。

[PR]

# by abu-z4 | 2016-07-04 20:54 | 釣り | Comments(14)
2016年 06月 13日

初夏の天塩川

仲間のほとんどは、もう既に出発しているかもしれない。
土曜の未明から車中泊を決め込み、僕も天塩川に向かい車をスタートさせた。
d0075843_2195847.jpg

最初に向かったのはアプローチが容易な入り慣れたポイント。
堤防を走りながら見下ろす川の光景は、護岸工事が進み思い描いたポイントとは大きく様変わりしていた。
おそらくお気に入りのランの最後の100mほどしか釣りにならないだろう。
d0075843_21312960.jpg

駐車場に着くと、そこには見覚えのある車が1台止っていた。
早速連絡を取り、同行させてもらうことにした。
状況は思わしくないらしいが・・・・・・
d0075843_21365747.jpg

結局2日間を通し行動を伴にした2人にとって、苦悩の2日間の幕開けになった。
他の仲間たちが昼寝をしている間にも、僕たちはひたすらキャストを続け、藪をコギ、川を遡り、ポイントを探し求めた。
早朝、仲間の一人がL・LLとたて続けにレインボーを掛けたポイントに入ってみた。
ひょっとしたら嬉しい残り者がいるかもと期待しながら・・・・・
確かに残り者はいた。
でもそれは、そこで釣れたウグイよりもサイズもロッドの曲がりも少ないものだった。
d0075843_2265388.jpg

仲間が集う夜の宴会が始まる頃には、足は攣り、ふくらはぎと股関節が痛み、ヘトヘトの状態になっていた。
何人かの仲間は、いわゆる天塩川ブランドのレインボーに出会えたらしい。
仲間が用意してくれたおいしい焼肉をほお張り、ビールを胃袋に流し込むと一気に眠気が押し寄せる。
徐々に意識が朦朧としていき、会話がおぼつかなくなってきた。
d0075843_21513096.jpg

重い身体を起こし車窓から外を見渡すと、既に仲間たちは片付けや準備に取り掛かっていた。
残り僅かな時間に微かな期待を込めて、天塩川ブランドのレインボーを求め川に立つ。
土曜とは一変して空は青く澄み渡り、森にセミの声が鳴り渡る。
時折ムッとするような草木の香りに、初夏を感じた。
d0075843_22214052.jpg

やれるだけのことはやったと思う。
2日間行動を伴にした仲間も同じだと思う。
別に珍しいことじゃないし・・・・・・
d0075843_2233273.jpg

車の窓を全開にして夏の空気を感じながら帰り道を走った。




[PR]

# by abu-z4 | 2016-06-13 22:40 | 釣り | Comments(12)
2016年 05月 29日

オホーツクの本流でウォームアップ

本流でルアー(主にスプーン)をスイングさせてレインボーを狙う。
それは僕の釣りにおいて最高の楽しみ。
リトリーブやトゥイッチが主流のルアーフィッシングだけれど、最近はTVでも時折見かけるようになった。
d0075843_19521890.jpg

土曜日、仲間3人で本格的なレインボーシーズンに向け、ウォーミングアップのつもりでオホーツク海へ流れる2つの本流へ出掛けた。
フライ、ルアーの違いはあれど、皆本流のスイングを楽しみにしている。
d0075843_2021448.jpg

キャッチ&リリースで有名な最初に訪れた川は、ウォームアップには最適なはずだ。
ところが、いつものスイングメソッドでは全く反応が得られない。
流しきったスプーンを回収する為に高速でリトリーブすると、やっと1匹目が姿を現した。
こんなことはレインボー狙いであまり経験がないことだから、その後もスイングメソッドを続けてみたがやはり反応はない。
フライの仲間達はスイングで釣れているというのに・・・・・・・
d0075843_20101410.jpg

まさかと思いながら高速リトリーブを試してみると、そのまさかが当たってしまった。
時折スイングをさせてみても、結局ここでは高速リトリーブ以外でヒットする事はなかった。
ちょっと残念な気もするが、川での釣りがまだ厳しい状況が続くこの時期に遊んでくれたレインボー達には感謝しなければいけないと思う。
d0075843_20213233.jpg

2本目の本流へと南に移動し、スイングでのレインボーとの出会いに期待は募る。
しかしどうした事だろう、スイングさせてもリトリーブをしても、スプーンにアタックしてくるのは春を知らせる海からの使者ばかり。
姿を確認するまでのやり取りが楽しくないわけはないのだけれど、その後の落胆にキャストをする手も休みがちになる。
d0075843_20385888.jpg

友人のグッドサイズレインボーに刺激を受けてキャストを繰り返してみたけれど、僕の流すルアーにレインボーが興味を示してくれることはなかった。
d0075843_20485957.jpg

これから日に日に水位が落ち着き水温が上がり虫たちは活発に動き出すのだろう。
僕がスイングさせるスプーンにレインボーがアタックしてくる日が待ち遠しい。



[PR]

# by abu-z4 | 2016-05-29 21:02 | 釣り | Comments(10)
2016年 05月 02日

十勝川レインボーシーズン始まる?

連休の前半は、気温も低く生憎の空模様が恨めしい。
それでも1日には気温も上がり天候も回復するようだ。
どうしても本流でレインボーを狙いたい僕たち仲間3人は、無理を承知で十勝川に向かった。
d0075843_20312148.jpg

意外な事に若干水位が高いものの、水質には問題がないようだ。
早速友人にワイルドな顔つきのMサイズレインボーがヒット。
しかし、後が続かない。
水温が低すぎるのだろうか?
d0075843_20341924.jpg

徐々にポイントを下流へと移動する事にした。
僕が最も期待していた3番目のポイントで、ようやく今シーズン初となる、まだあどけない顔つきのSサイズレインボー。
d0075843_20392218.jpg

サイズに不満はないけれど、ヒットパターンが納得行かない。
掛かってきた携帯に左手を伸ばし、右脇でロッドを抱えている最中のヒット。
これでは釣ったのではなく、「釣れた」という感じ。
前回のベカンでのアメマス同様、なんとも情けない釣りをしてる。
d0075843_2041320.jpg

今回もまたヘビーな昼食(たこやのジンギスカン)をとり、重くなった身体で更に下流のポイントへと移動した。
結果的には午後から入った最初のポイントが、最もコンディションが良かったと思う。
早朝とは別の友人に小顔でムッチリボディーのMサイズレインボーがヒット。
なんとも羨ましい。
d0075843_20514493.jpg

夕暮れは間近。
最後のポイントへ向かった。
押しの強い流れは、ディープウェーディングを不可能とし、常にフルキャストを必要とする。
瀬尻の複雑な流れが治まった対岸の鏡状の水面に向かって、思い切り13gのスプーンをキャストする。
ラインを送り込み出来るだけ沈めることを意識した。
d0075843_2105641.jpg

微かなバイトを感じ、流れに負けないように思い切りフッキングをした。
姿を現したのは、20cmほどの可愛らしいレインボーだった。
だけど僕にとっては納得の1匹だった。
d0075843_2143237.jpg

3人それぞれが今シーズン初のレインボーと出会う事ができた。
これは、いよいよレインボーシーズンが始まったということなのだろうか?
そうなのだと思いたい。





[PR]

# by abu-z4 | 2016-05-02 21:07 | 釣り | Comments(14)
2016年 04月 25日

2016別寒辺牛川(釧路っ子のsoul foodを食らう)

別寒辺牛川も帰りに立ち寄った釧路川でも、数匹の小型のアメマスがお相手をしてくれた。
グッドサイズのクチ黒アメマスは残念ながら姿を見せてはくれなかったけれど、事前に得た情報もあまり良い話はなかったのでそれも仕方がないことだと思う。
元々アメマス釣りは下手くそなわけだし・・・・・・
d0075843_18485966.jpg

それにしても釧路で朝食(とは言っても午前4時前だけれど)に食べた「万年青」(おもと)の「ハモ丼」はヘビーだった。
小骨が多いものの一口目は普通に美味しいと思った。
二口目はやや脂っこいな、三口目はちょっと臭うな、四口目はクドイな、てなわけでだんだん胃もたれしてきた。
d0075843_18573460.jpg

汚い話になってしまうけれど、別寒辺牛川に着いてキャストを開始してからも、何度もゲップが出てくる。
これを「ハモゲップ」と名付けることにした。
d0075843_19134059.jpg

いよいよお腹の調子も悪くなり、キャストしたルアーを高速で巻き取り後ずさりする。
ピックアップ寸前でアメマスのバイト。
それまで周りの仲間は着々とキャッチする中、ようやく訪れた僕の初ヒットは、なんとも情けないものだった。
d0075843_1942370.jpg

その後も時々小さなアメマスが顔を見せてくれたけれど、寒さと強風に耐え切れなくなってしまった。
まったく「根性なし」なのである。
d0075843_19135579.jpg

ようやくお腹が落ち着いた頃には潮は止り、アメマスの反応も止ってしまった。
午前中で別寒辺牛川を諦め、釧路に移動する事にした。
d0075843_1914256.jpg

釧路に入ったのは丁度昼時。
やっと落ち着いたお腹に、今度は「泉屋」の「スパカツ」。
仲間の話によると、本店ではなくてイオンモール内のそれは、本来の味と違うと言う。
デミグラス風のソースは、もっと赤みを帯びた甘めの味付けらしい。
本来の味を知らない僕にとっては、このデミグラス風のソースはとても口に合った。
d0075843_19252987.jpg

食後、釧路川で2時間ほどロッドを振ってみると、ポツポツと小型のアメマスが相手をしてくれる。
サケ稚魚も数多く確認出来、生命観は別寒辺牛川よりも多く感じられた。
この調子で夕方まで遊んで夕飯を「塩ザンギ」で締めたいところだけれど、それは次回釧路を訪れる時までおあずけにしておこう。
あぁ、ベルトがキツイ!お腹が苦しい!


汚い話が多かったので、美しい歌声で気分転換。

[PR]

# by abu-z4 | 2016-04-25 19:37 | 釣り | Comments(12)
2016年 03月 21日

小さな願い

今年初の釣行。
d0075843_1855055.jpg

ここ数年、十勝川のアメマス釣りは芳しい状況とは言えない。
毎春恒例の「十勝川アメマスキャンプ」も、誰が言い出したのか今年は「平和園(焼肉)キャンプ」。
半分ジョークのつもりが、まさか現実になるとは・・・・・・・
d0075843_18584841.jpg

ここ数日続いた気温の高さは、急激な水位の上昇と水温の低下、更に濁りを招いてしまったようだ。
それにしても、10名のアングラーが全員アタリすら感じることが出来ないなんて、誰が想像しただろうか。
早くも、今秋以降の十勝川でのアメマス釣りを誰もが心配してしまう。
d0075843_194579.jpg

「小さな願い」、とにかく一匹に出会いたい。
目的の「平和園」を十分堪能した僕たちは、2日目のフィールドを日高方面へ変更する事にした。
d0075843_19105645.jpg

期待した最初の日高本流は、予想に反し水位も高く濁りがキツかった。
ポイントを移動しても状況は変わらず、諦めムードが漂う中さしたる目的地もないまま車を走らせた。
d0075843_19214946.jpg

通りかかった橋から川を覗き込む。
「なんだかイイ感じ」と思いながら一度は通り過ぎたけれど、やっぱり気になる。
仲間の賛同を得て引き返すことにした。
d0075843_19265978.jpg

時計は既にお昼を回っている。
きっとここが最後のポイントになるだろう。
開始早々、友人のルアーに反応があったようだ。
d0075843_1931465.jpg

僕は下手に見える流れに期待を寄せ、釣り下る。
「イイ流れだなぁ」がしかし、期待とは裏腹に僕が選択したルアーの全てが何事もなく戻ってくる。
肩を落とし重い足取りで遡行し、上流の友人たちの元へ戻るしかなかった。
d0075843_1944436.jpg

下流に向かう友人たちと入れ替わり、最初に友人に反応があったポイントを流してみることにした。
時間的にもここが今回のラストチャンスになるかもしれない。
d0075843_1949444.jpg

ラッキーとしか言いようがない。
Mサイズのブラウンは、尾びれが欠けて産卵後のように見えるけれど、サクラ鱒のようにパラパラと鱗が剥がれやすく海からの帰りのようにも見えた。


邦題しか関係ないけれど・・・・・

[PR]

# by abu-z4 | 2016-03-21 19:57 | 釣り | Comments(14)